【港・集落】 マルセイユ

古代ギリシャ時代にマッシリアという名で築かれた街。ヴェネツィア商人も出入りし、交易が盛んである。周辺で農業が盛んなため、種々の農作物が豊富に取引される。

e0020973_8552425.jpg


紀元前600年頃 マルセイユの歴史は古く、小アジアから来た古代ギリシアの一民族であるポカイア人が紀元前600年頃に築いた植民市マッサリア(マッシリア)にその端を発する。このためフランスにおいてマルセイユは "cité phocéenne" (ポカイア人の街)とも綽名されている。
都市は交易で栄え、紀元前3世紀から紀元前2世紀にかけてのポエニ戦争ではローマ側につき、カルタゴと敵対した。
カエサルの『ガリア戦記』にもマッシリアへの言及が見られる。
紀元前49年からのカエサルとグナエウス・ポンペイウスの間で起った内戦ではポンペイウスを支持したが敗北し、自治都市としての権限を大きく縮小された(マッシリア包囲戦)。当時のマッシリアはガッリア・トランサルピーナ属州におけるギリシア系住民の拠点であったが、徐々にローマ化が進んでいった。
3世紀ごろ、キリスト教がもたらされた。
10世紀にプロヴァンス伯の支配するところとなり、
1481年にはフランス王国に併合された。中世にはあまり振るわなかったが、
港での交易は18世紀に盛んになった。
1720年には大規模なペストの流行 (en:Great Plague of Marseille) で十万人程度の死者が発生したが、18世紀後半には復興した。

参考URL:マルセイユWiki
[PR]
# by cluracan | 2012-04-14 08:58 | Discovery

【港・集落】 マリンディ

アフリカ東岸に位置する港湾都市。7世紀以降、ムスリム商人が来航し、海上交易で繁栄した。

e0020973_21443593.jpg


ムスリム商人によるインド洋貿易が盛んになると、モンバサ、キルワなどと並ぶアフリカ東岸の港市の一つとして栄えた。
1418年頃、南海遠征を行った明朝鄭和の船団の一部が来訪した。麻林(=マリンディ)から「麒麟」を運び永楽帝に献上したことが記録に遺っている。
15世紀末、この都市にポルトガルのヴァスコ・ダ・ガマが訪れ、ムスリムの水先案内人アフマド=イブン=マージドを雇ってインドのカリカットへ到達した。
ムスリム商人の活動が衰えたこと、ポルトガル商人がアフリカ東岸の活動拠点をモンバサにおいたこと、内乱などによってマリンディの繁栄は失われた。

参考URL:マリンディWiki
[PR]
# by cluracan | 2012-04-13 21:49 | Discovery

【港・集落】 マラッカ

イスラム教を国教とするマレー人の国であるマラッカ王国の首都。マラッカ王国は、シュリーヴィジャヤ王国の王子・パラメスワラがマジャパヒト王国の侵攻から逃れ、この地で建国したことに端を発する。

e0020973_11352428.jpg


ムラカ(マレー語:Melaka、ジャウィ:ملقة)またはマラッカ(英語:Malacca)は、マレーシアの港湾都市。マレー半島西海岸南部に位置し、東西交通の要衝マラッカ海峡に面する港市。

スマトラ島のパレンバンの王子パラメスワラが、1396年頃マラッカ王国を建国した。彼はパレンバンを統治していたシュリーヴィジャヤ王国の内乱に乗じて独立を企てたが失敗、テマセック(シンガポール)に逃亡。王を殺し、王座に着いたがタイに追われ、ジョホールからマラッカへ退避。国を建国する。
名前の由来は、木の下で休んでいたところ小鹿が猟犬を蹴飛ばすところを目撃、休んでいた木の名前を取った、と言う説が一般的。
マラッカ王国は1414年頃イスラム化し、香辛料の東西貿易における重要な中継港として繁栄を極めた。
1405年には明の永楽帝より命を受け、遠くアフリカ大陸まで大遠征を行った海軍大将鄭和の艦隊も、マラッカ(満剌加)に初寄港している。マラッカ王朝は朝貢貿易を通じ明国との同盟を強固し、北の大国シャム、南のアチェからの脅威を牽制していた。
1511年、ポルトガルのインド総督アフォンソ・デ・アルブケルケが征服し、東南アジアにおけるポルトガル海上帝国の拠点とした。ポルトガル時代には要塞(サンチャゴ砦)やキリスト教会(セントポールチャーチ)が建設され、司令官が常駐していた。イエズス会のフランシスコ・ザビエルはここから東アジア布教に出発している。
1641年、オランダ東インド会社がジョホールのスルターンの援助を得て、マラッカを占領した。オランダの東南アジアにおける拠点はジャワ島のバタヴィアであったので、マラッカはマレー半島で産する錫などを輸出する地方港に転落した。
1824年の英蘭協約で、スマトラ島のイギリス植民地と交換にイギリスに譲渡された。その際、マラッカ海峡より西側はオランダ領、東側は英国領と定められた。
1826年、イギリスのトーマス・ラッフルズはペナンやシンガポールとともに英領海峡植民地を成立させたが、近代港シンガポールの台頭が著しく、マラッカの港湾機能は衰退した。

参考URL:マラッカWiki
[PR]
# by cluracan | 2012-04-12 11:39 | Discovery

【港・集落】 マラカイボ

カリブ海・大西洋につながる湾ともいえる塩分を含んだ南米最大の湖、マラカイボ湖に面した街。この湖では時折、音を出さない雷が発生することがある。

e0020973_15265259.jpg


Foundation
The first indigenous settlements were of Arawak and Carib origin. Around the main group were the Añu tribe who built rows of stilt houses all over the northern riviera of the Lake Maracaibo.
The first Europeans arrived in 1499.
The city was founded three times: First in 1529 by the German Ambrosio Alfinger, who named it Villa de Maracaibo. The lack of activity in the zone made Nicolas de Federman evacuate the village in 1535 and move its population to Cabo de la Vela nearby Coro. A second attempt by Captain Alonso Pacheco turned into failure. The third foundation of the city occurs in 1574 when Captain Pedro Maldonado, under Governor Diego de Mazariego's command, establishes the village with the name of Nueva Zamora de Maracaibo. "Nueva Zamora" comes from Mazariego's place of birth, Zamora, in Spain. Since its definite foundation, the town began to develop as a whole. It is based on the western side of Lake Maracaibo, the dominant feature of the oil-rich Maracaibo Basin. Favoured by prevailing winds and a protected harbour, the city is located on the shores of the lake where the narrows, which eventually lead to the Gulf of Venezuela, first become pronounced.

Pirates' Attacks
In 1667, l'Olonnais with a fleet of eight ships and a crew of six hundred pirates sacked Maracaibo and Gibraltar. En route, l'Olonnais crossed paths with a Spanish treasure ship, which he captured, along with its rich cargo of cacao, gemstones and more than 260,000 pieces of eight.
In March 1669, Henry Morgan sacked Maracaibo, which emptied when his fleet was first spied, and moved on to the Spanish settlement of Gibraltar on the inside of Lake Maracaibo in search of more treasure. A few weeks later, when he attempted to sail out of the lake, Morgan found an occupied fort blocking the inlet to the Caribbean, along with three Spanish ships. These were the Magdalena, the San Luis, and the Soledad. He destroyed the Magdalena and burned the San Luis by sending a dummy ship full of gunpowder to explode near them, after which the crew of the Soledad surrendered. By faking a landward attack on the fort, thereby convincing the Spanish governor to shift his cannon, he eluded their guns and escaped.

Independence era
In 1810 the province of Maracaibo did not join the first republic of Venezuela and remained loyal to the Spanish crown. Maracaibo then held the seat of the Captaincy General of Venezuela. In 1821 uprisings in favour of independence began conducting to warfare and hostility. The royalists, led by Francisco Tomás Morales, fought with the patriots, led by Rafael Urdaneta, to take back control over the province in the Juana de Ávila Battle and Morales brought back Spanish rule in 1822 until he was defeated at the Battle of Lake Maracaibo on 24 July 1823 culminating Venezuela's struggle for independence.

(機械翻訳)
基礎
第一先住民族の集落がアラワクとカリブ起源であった。メイングループの周りのすべてのマラカイボ湖の北のリビエラ以上高床式の家の行を構築しアヌ族であった。
最初のヨーロッパ人は1499年に到着しました。
それヴィラデマラカイボというドイツのアンブロAlfingerによって、1529年に最初に:都市は三回に設立されました。ゾーン内の活動の欠如は、ニコラ·ド·Federmanは、1535年に村を避難させるとカボ·デ·ラ·ベラ近くのコロにその人口を移動しました。キャプテン·アロンソパチェコによる2回目の試行は失敗になった。キャプテンペドロマルドナドは、知事ディエゴ·デ·Mazariegoの指揮下、ヌエバサモラ·デ·マラカイボの名前を持つ村を確立したときに市の第三の基礎は、1574年に発生します。 "ヌエバ·サモラは、"スペインの出生のMazariegoの場所、サモラ、から来ています。その明確な創業以来、町は全体として発展し始めた。これは、マラカイボ湖、石油資源の豊富なマラカイボ堆積盆地の支配的な特徴の西側に基づいています。季節風と保護された港で最恵国、市は最終的に第一顕著になる、ベネズエラ湾につながる可能性が狭く、湖のほとりに位置しています。

パイレーツの攻撃
1667年、L'Olonnaisは、8隻の艦隊と600海賊の乗組員とマラカイボ、ジブラルタルを略奪。途中、L'Olonnaisはカカオ、宝石と8つの260,000以上の作品の豊かな貨物と一緒に、彼がキャプチャされたスペインの宝物船を持つパスを交差させた。
1669年3月には、ヘンリー·モーガンは、彼の艦隊が最初に見張られ、多くの宝物を探しにマラカイボ湖の内側にジブラルタルのスペインの決済へ移動したときに空にマラカイボを解雇。数週間後、彼は湖の外航海しようとしたときに、モルガンは3スペインの船と一緒に、カリブ海への入口をブロック占領砦を発見しました。これらは、マグダレナ、サン·ルイス、およびソウルダッドた。彼はマグダレナを破壊し、ソウルダッドの乗組員が降伏した後、それらの近くで爆​​発する火薬の完全なダミー船を送信することにより、サン·ルイスを燃やした。それによって、彼の大砲をシフトするためにスペインの知事を説得し、砦に陸側の攻撃を偽造することによって、彼は自分の銃を逃れて脱出した。

独立の時代
1810年にマラカイボの州では、ベネズエラの最初の共和国に参加し、スペインの王冠に忠節に残っていませんでした。マラカイボは、ベネズエラのキャプテン総長の座を開催しました。 1821年に独立に賛成の蜂起は、戦争と敵意に実施しました。彼はマラカイボ湖の戦いで敗北したまで、フアナ·デ·アビラの戦いとモラレスに州の制御を取り戻すためにラファエルウルダネタ率いる愛国者と戦ったサンフランシスコトマス·モラレス、、、率いる王党派は、戻って1822年にスペインの支配をもたらした1823年7月24日に独立のためのベネズエラの闘争を最高潮に達する。

参考URL: Maracaibo Wiki
[PR]
# by cluracan | 2012-04-11 15:34 | Discovery

【港・集落】 マラガ

フェニキア人によって築かれ、支配勢力が変わりながら、発展を続けてきた街。イベリアにあるほかの街と同じく、イスラムと欧州の文化が融合した街並みである。農作物のほかに、サフランや辰砂(しんしゃ)、サンゴを産する。

e0020973_15225982.jpg


紀元前1000年頃、フェニキア人が現在のマラガの位置に「マラカ」(Malaka)という都市を建てた。「マラカ」の名はおそらくフェニキア語の「塩」から来ており、港で魚が塩漬けにされたことによる。
その6世紀ほどのち、カルタゴの領土だったイベリア半島のほかの地域とともに、ローマ人により征服された。
5世紀からは西ゴート王国の支配下に入った。
8世紀にイベリア半島はイスラム教徒に征服され、マラガは重要な貿易の中心地となった。
マラガは後ウマイヤ朝に領有されたのち、タイファ時代にはグラナダとは独立した王国の首都となった。この時期、マラガは「マラカー」(アラビア語:مالقة)と呼ばれていた。
レコンキスタの最終期になってから1487年にスペイン王国に征服された。

参考URL:マラガWiki
[PR]
# by cluracan | 2012-04-11 15:25 | Discovery

【港・集落】 マニラ

ルソン島の南部に位置する港町。マレー人の集落が存在し、交易が盛んに行われた。16世紀後半、イスパニア人レガスピにより占領される。

e0020973_10412071.jpg


レガスピの到来
16世紀のスペイン人到来以前から、パシグ川の流域にあって、マニラ湾に臨む交通の要衝にあった現代のマニラ地域には、マレー人の集落が存在しており、中国人などがさかんに来航して交易をおこなっていた。
東洋におけるスペインの拠点を築くべく初代総督としてフィリピンへやってきたミゲル・ロペス・デ・レガスピらはマニラの地理的な重要性に着目し、ここを占領して拠点化しようと考えた。
レガスピは1570年に先遣隊を派遣してマニラを占領しようとしたがうまくいかなかったため、1571年に自ら赴いてマニラを占領した。レガスピは占領した5月19日が聖ポテンシアナという聖人の祝い日であったことから、ポテンシアナをフィリピンの守護聖人とした。
レガスピが築いた最初のマニラ市は、サン・アントニオ、サン・カルロス、サン・ガブリエル、サン・ルイスの四つの地域からなり、政庁と大聖堂および中央広場、アウグスティノ会の修道院や軍事施設、宿舎などがつくられた。(イントラムロス)
中国人たちはスペイン人の占拠によって交易に支障をきたしたため、その排除を狙った。初期のマニラは中国南岸部の海賊の領袖であったと考えられるリム・アホンなる人物の襲来を受け、火事などによっても破壊されることが多かった。
16世紀の終わりにこの地をおとずれたイエズス会員アントニオ・セデーニョは建築学の知識があったため、その指揮によってマニラの再建と要塞化がすすめられ、「イントラムロス」と呼ばれるマニラの城壁内地域が整備された。イントラムロスの内部には一般の建築物と共にマニラ大聖堂、サント・ドミンゴ教会など多くの壮麗な教会が建設されたが、多くは第二次大戦中に破壊された。唯一建設当時の姿を残しているサン・アウグスチン教会はフィリピンのバロック様式教会群として世界遺産に登録されている。
中国人たちは依然としてアジア経済を握っていたため、マニラにおいても大きな影響力を持ち、イントラムロスの外に中国人街を築いて暮らしながら、スペイン人たちと取引をおこなっていた。スペイン人と中国人は時に敵対しながらも、共存するという関係を続けていった。こうしてマニラはフィリピン人、スペイン人、中国人の混合する街という独自の性格を形成していくことになる。

スペイン時代からアメリカ時代へ
1762年には一時的にマニラがイギリス軍によって占領されたが、1764年には協定が結ばれてふたたびスペインの管轄化に入った。このころにはイントラムロスは完成しており、強固な要塞、東洋の拠点都市となっていた。交易が盛んになり、マニラを多くの人が訪れるようになると、マニラはいっそう発展し、イントラムロスの外の区域も発達していった。

参考URL:マニラWiki
[PR]
# by cluracan | 2012-04-09 10:44 | Discovery

【港・集落】 マディラ

イベリア半島から南西の島にある街。近年発見され、農業を中心に発展を始めている。緯度が低くて高温多湿なので、サトウキビが栽培されている。また、ワインの製造にも向いた気候である。

e0020973_1033431.jpg


最初に発見したのはフェニキア人とされ、古代ローマ時代からその存在を知られていた。
1419年、ポルトガル船がポルト・サントに漂着し、翌年ポルトガルから植民が行われた。一時期サトウキビ栽培が黒人奴隷の移入によって行われた。
また、アントニオ・サラザール政権下をはじめ、ポルトガル政府の流刑地でもあった。

15世紀以来、ブドウ栽培が盛んで、このブドウを使ったワインの生産が島の大きな産業のひとつである。マデイラ・ワインは特に有名で、マデイラ諸島最大の輸出品目である。また漁業も同時に盛んである。

参考URL:マディラWiki
[PR]
# by cluracan | 2012-04-09 10:38 | Discovery

【港・集落】 マッサワ

アフリカ北東部の街。紅海に面しており、「紅海の真珠」とも呼ばれる。非常に歴史の古い地域で、初期のキリスト教の名残が多くある。豆や穀類を中心とした農作物のほか、この地方が原産のコーヒーが流通している。

e0020973_1027157.jpg


マッサワが初めて文献に現れるのは、エチオピア皇帝イシャク1世 (Yeshaq I) の時である。エチオピア皇帝が総督を送り統治を始めたことが記されている。
当初はマッサワ島に町が造られていたが、後にアフリカ大陸側にまで都市が拡大した。
長らくエチオピア領であったが、1557年にオスマン帝国が占領している。エチオピア皇帝サルツァ・デンゲル (Sarsa Dengel) はオスマン帝国に敗れ、町とその周辺はオスマン帝国から派遣されたベジャ族によって統治された。
19世紀にはオスマン帝国の後見のもとにエジプト(ムハンマド・アリー朝)が統治するが、その後、1885年にイタリアに占領され1890年にウッチャリ条約の締結をもって正式に植民地となった。

参考URL:マッサワWiki
[PR]
# by cluracan | 2012-04-09 10:29 | Discovery

【港・集落】 マスリパタム

インド東岸に位置する街。交易の中継点として開発された。熱帯性の農作物のほか、インド特有の織物や繊維が豊富に流通している。

e0020973_12442850.jpg


マチリパトナムのこと
The town has existed since the 3rd century BCE (Satavahana period) when, according to Ptolemy, it was known as Maisolos. The Periplus of the Erythraean Sea calls it Masalia in the 1st century BCE.
The port is located on the southeastern, or Coromandel Coast, of India. Situated in the mouth of the River Krishna on the Bay of Bengal, the Masula port saw flourishing sea trade. The naming of the eastern gate of Charminar as Machili-Kaman(literally meaning fish, in this case specifically meaning a gate to the fishing town of Machilipatnam) testifies the symbiotic relationship between port and the capital.The East India Company built its first factory in India in Masulipatnam. It was a 17th-century port for French, British and Dutch trade. The port has a medium-size fishing harbour which can accommodate 350 fishing vessels and an active carpet-weaving industry. The other products from the town include rice, oilseeds and scientific instruments.

(機械翻訳)
プトレマイオスによるとき、町は3世紀BCE(Satavahana期間)から存在していました、それはMaisolosとして知られていました。
Erythraean海航海記 は、1世紀BCEでMasaliaを呼び出します。
ポートは、インド南東部、またはコロマンデル海岸に位置しています。ベンガル湾のクリシュナ川の河口に位置し、Masulaポートは、繁栄の海の貿易を見ました。
Machili-カマン(文字通り特にマスリパタムの漁業の町へのゲートを意味するこのケースでは、魚を意味する)としてルミの東ゲートの命名は、ポートとcapital.The東インド会社との間の共生関係は、年に最初の工場を建設証言マスリパタムでインド。これは、フランス、英国とオランダの貿易のための17世紀の港であった。ポートは、350隻の漁船とアクティブな絨毯織り業界を収容できる中規模の漁港があります。町から他のプロダクトは米、油糧種子と科学機器が含まれています。

参考URL:Machilipatnam wiki
[PR]
# by cluracan | 2012-04-08 12:50 | Discovery

【港・集落】 マスカット

ペルシャ湾とアラビア海の間に位置する街。古代から重要な港で、交易の中心地として栄え続けてきた。この地方独特の農産物のほかに、鉱石や武器も流通している。

e0020973_10562359.jpg


マスカットは中東でも最も古い都市の一つである。
その存在は西暦2世紀に知られており、アラビアとギリシャやローマを繋ぐ貿易都市であった。マスカットとは「谷間の美しい物」という意味である。
オマーンに上陸した初期の外国人としては、ポルトガルの探検家ヴァスコ・ダ・ガマがいる。
1507年にポルトガルはオマーンを征服した。
1649年、ヤアーリバ朝のイマーム、スルタン・ビン・サーイフがポルトガル勢を打ち負かし、マスカットを奪回。その後、ヤアーリバ朝はマスカットを拠点に東アフリカをはじめとするインド洋全域に進出し、マスカットはオマーン海上帝国の要として繁栄する。
1786年、ブーサイード朝は内陸部より首都をマスカットへ移転。インド洋交易の中心となるが、サイイド・サイードが首都をザンジバルへと移転し、さらに彼の死後、
1856年にオマーンとザンジバルに国土が分割されるに及んで、マスカットは急速に衰えた。

参考URL:マスカットWiki
[PR]
# by cluracan | 2012-04-07 10:59 | Discovery


大航海時代onlineの1プレイヤーの日記


by cluracan

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
Top
Diary
Company
Link
Travel
Discovery

以前の記事

2012年 12月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2009年 01月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月

フォロー中のブログ

チハ改のDOL雑記@乙鯖

メモ帳

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧