<   2012年 04月 ( 35 )   > この月の画像一覧

【港・集落】 マラガ

フェニキア人によって築かれ、支配勢力が変わりながら、発展を続けてきた街。イベリアにあるほかの街と同じく、イスラムと欧州の文化が融合した街並みである。農作物のほかに、サフランや辰砂(しんしゃ)、サンゴを産する。

e0020973_15225982.jpg


紀元前1000年頃、フェニキア人が現在のマラガの位置に「マラカ」(Malaka)という都市を建てた。「マラカ」の名はおそらくフェニキア語の「塩」から来ており、港で魚が塩漬けにされたことによる。
その6世紀ほどのち、カルタゴの領土だったイベリア半島のほかの地域とともに、ローマ人により征服された。
5世紀からは西ゴート王国の支配下に入った。
8世紀にイベリア半島はイスラム教徒に征服され、マラガは重要な貿易の中心地となった。
マラガは後ウマイヤ朝に領有されたのち、タイファ時代にはグラナダとは独立した王国の首都となった。この時期、マラガは「マラカー」(アラビア語:مالقة)と呼ばれていた。
レコンキスタの最終期になってから1487年にスペイン王国に征服された。

参考URL:マラガWiki
[PR]
by cluracan | 2012-04-11 15:25 | Discovery

【港・集落】 マニラ

ルソン島の南部に位置する港町。マレー人の集落が存在し、交易が盛んに行われた。16世紀後半、イスパニア人レガスピにより占領される。

e0020973_10412071.jpg


レガスピの到来
16世紀のスペイン人到来以前から、パシグ川の流域にあって、マニラ湾に臨む交通の要衝にあった現代のマニラ地域には、マレー人の集落が存在しており、中国人などがさかんに来航して交易をおこなっていた。
東洋におけるスペインの拠点を築くべく初代総督としてフィリピンへやってきたミゲル・ロペス・デ・レガスピらはマニラの地理的な重要性に着目し、ここを占領して拠点化しようと考えた。
レガスピは1570年に先遣隊を派遣してマニラを占領しようとしたがうまくいかなかったため、1571年に自ら赴いてマニラを占領した。レガスピは占領した5月19日が聖ポテンシアナという聖人の祝い日であったことから、ポテンシアナをフィリピンの守護聖人とした。
レガスピが築いた最初のマニラ市は、サン・アントニオ、サン・カルロス、サン・ガブリエル、サン・ルイスの四つの地域からなり、政庁と大聖堂および中央広場、アウグスティノ会の修道院や軍事施設、宿舎などがつくられた。(イントラムロス)
中国人たちはスペイン人の占拠によって交易に支障をきたしたため、その排除を狙った。初期のマニラは中国南岸部の海賊の領袖であったと考えられるリム・アホンなる人物の襲来を受け、火事などによっても破壊されることが多かった。
16世紀の終わりにこの地をおとずれたイエズス会員アントニオ・セデーニョは建築学の知識があったため、その指揮によってマニラの再建と要塞化がすすめられ、「イントラムロス」と呼ばれるマニラの城壁内地域が整備された。イントラムロスの内部には一般の建築物と共にマニラ大聖堂、サント・ドミンゴ教会など多くの壮麗な教会が建設されたが、多くは第二次大戦中に破壊された。唯一建設当時の姿を残しているサン・アウグスチン教会はフィリピンのバロック様式教会群として世界遺産に登録されている。
中国人たちは依然としてアジア経済を握っていたため、マニラにおいても大きな影響力を持ち、イントラムロスの外に中国人街を築いて暮らしながら、スペイン人たちと取引をおこなっていた。スペイン人と中国人は時に敵対しながらも、共存するという関係を続けていった。こうしてマニラはフィリピン人、スペイン人、中国人の混合する街という独自の性格を形成していくことになる。

スペイン時代からアメリカ時代へ
1762年には一時的にマニラがイギリス軍によって占領されたが、1764年には協定が結ばれてふたたびスペインの管轄化に入った。このころにはイントラムロスは完成しており、強固な要塞、東洋の拠点都市となっていた。交易が盛んになり、マニラを多くの人が訪れるようになると、マニラはいっそう発展し、イントラムロスの外の区域も発達していった。

参考URL:マニラWiki
[PR]
by cluracan | 2012-04-09 10:44 | Discovery

【港・集落】 マディラ

イベリア半島から南西の島にある街。近年発見され、農業を中心に発展を始めている。緯度が低くて高温多湿なので、サトウキビが栽培されている。また、ワインの製造にも向いた気候である。

e0020973_1033431.jpg


最初に発見したのはフェニキア人とされ、古代ローマ時代からその存在を知られていた。
1419年、ポルトガル船がポルト・サントに漂着し、翌年ポルトガルから植民が行われた。一時期サトウキビ栽培が黒人奴隷の移入によって行われた。
また、アントニオ・サラザール政権下をはじめ、ポルトガル政府の流刑地でもあった。

15世紀以来、ブドウ栽培が盛んで、このブドウを使ったワインの生産が島の大きな産業のひとつである。マデイラ・ワインは特に有名で、マデイラ諸島最大の輸出品目である。また漁業も同時に盛んである。

参考URL:マディラWiki
[PR]
by cluracan | 2012-04-09 10:38 | Discovery

【港・集落】 マッサワ

アフリカ北東部の街。紅海に面しており、「紅海の真珠」とも呼ばれる。非常に歴史の古い地域で、初期のキリスト教の名残が多くある。豆や穀類を中心とした農作物のほか、この地方が原産のコーヒーが流通している。

e0020973_1027157.jpg


マッサワが初めて文献に現れるのは、エチオピア皇帝イシャク1世 (Yeshaq I) の時である。エチオピア皇帝が総督を送り統治を始めたことが記されている。
当初はマッサワ島に町が造られていたが、後にアフリカ大陸側にまで都市が拡大した。
長らくエチオピア領であったが、1557年にオスマン帝国が占領している。エチオピア皇帝サルツァ・デンゲル (Sarsa Dengel) はオスマン帝国に敗れ、町とその周辺はオスマン帝国から派遣されたベジャ族によって統治された。
19世紀にはオスマン帝国の後見のもとにエジプト(ムハンマド・アリー朝)が統治するが、その後、1885年にイタリアに占領され1890年にウッチャリ条約の締結をもって正式に植民地となった。

参考URL:マッサワWiki
[PR]
by cluracan | 2012-04-09 10:29 | Discovery

【港・集落】 マスリパタム

インド東岸に位置する街。交易の中継点として開発された。熱帯性の農作物のほか、インド特有の織物や繊維が豊富に流通している。

e0020973_12442850.jpg


マチリパトナムのこと
The town has existed since the 3rd century BCE (Satavahana period) when, according to Ptolemy, it was known as Maisolos. The Periplus of the Erythraean Sea calls it Masalia in the 1st century BCE.
The port is located on the southeastern, or Coromandel Coast, of India. Situated in the mouth of the River Krishna on the Bay of Bengal, the Masula port saw flourishing sea trade. The naming of the eastern gate of Charminar as Machili-Kaman(literally meaning fish, in this case specifically meaning a gate to the fishing town of Machilipatnam) testifies the symbiotic relationship between port and the capital.The East India Company built its first factory in India in Masulipatnam. It was a 17th-century port for French, British and Dutch trade. The port has a medium-size fishing harbour which can accommodate 350 fishing vessels and an active carpet-weaving industry. The other products from the town include rice, oilseeds and scientific instruments.

(機械翻訳)
プトレマイオスによるとき、町は3世紀BCE(Satavahana期間)から存在していました、それはMaisolosとして知られていました。
Erythraean海航海記 は、1世紀BCEでMasaliaを呼び出します。
ポートは、インド南東部、またはコロマンデル海岸に位置しています。ベンガル湾のクリシュナ川の河口に位置し、Masulaポートは、繁栄の海の貿易を見ました。
Machili-カマン(文字通り特にマスリパタムの漁業の町へのゲートを意味するこのケースでは、魚を意味する)としてルミの東ゲートの命名は、ポートとcapital.The東インド会社との間の共生関係は、年に最初の工場を建設証言マスリパタムでインド。これは、フランス、英国とオランダの貿易のための17世紀の港であった。ポートは、350隻の漁船とアクティブな絨毯織り業界を収容できる中規模の漁港があります。町から他のプロダクトは米、油糧種子と科学機器が含まれています。

参考URL:Machilipatnam wiki
[PR]
by cluracan | 2012-04-08 12:50 | Discovery

【港・集落】 マスカット

ペルシャ湾とアラビア海の間に位置する街。古代から重要な港で、交易の中心地として栄え続けてきた。この地方独特の農産物のほかに、鉱石や武器も流通している。

e0020973_10562359.jpg


マスカットは中東でも最も古い都市の一つである。
その存在は西暦2世紀に知られており、アラビアとギリシャやローマを繋ぐ貿易都市であった。マスカットとは「谷間の美しい物」という意味である。
オマーンに上陸した初期の外国人としては、ポルトガルの探検家ヴァスコ・ダ・ガマがいる。
1507年にポルトガルはオマーンを征服した。
1649年、ヤアーリバ朝のイマーム、スルタン・ビン・サーイフがポルトガル勢を打ち負かし、マスカットを奪回。その後、ヤアーリバ朝はマスカットを拠点に東アフリカをはじめとするインド洋全域に進出し、マスカットはオマーン海上帝国の要として繁栄する。
1786年、ブーサイード朝は内陸部より首都をマスカットへ移転。インド洋交易の中心となるが、サイイド・サイードが首都をザンジバルへと移転し、さらに彼の死後、
1856年にオマーンとザンジバルに国土が分割されるに及んで、マスカットは急速に衰えた。

参考URL:マスカットWiki
[PR]
by cluracan | 2012-04-07 10:59 | Discovery

【港・集落】 マカッサル

セレベス島の南部に位置する街。ゴワ王国、タッロ王国の時代に、交易中継港として栄えた。

e0020973_120833.jpg


最初のヨーロッパ人居住者はポルトガルの船員であった。
16世紀初頭、マカッサルは東インドネシアの貿易の中心であり、東南アジアの島の中で最も大きな都市のひとつであった。 マカッサルの王は、すべての街の訪問者が商売を行う権利を主張し、自由貿易の政策を維持した。
またオランダがこの街において専売会社を設立する試みを阻止した。 その上、宗教的に寛容な姿勢を見せ、イスラム教徒でさえもこの地域における支配的な信奉者となり、キリスト教や他宗教信者も街において貿易を行うことが可能であった。 これらの魅力が、マカッサルが香辛料諸島での貿易において、遠方から来るヨーロッパ人やアラブ人の商人の価値のある拠点として、またマレー人の働き場として重要な中心地となった。
ゴワ=タッロ(マカッサル)王国時代の17世紀前半から後半にかけては、交易中継港として大いに栄えた。

参URL:マカッサルWiki
[PR]
by cluracan | 2012-04-06 12:02 | Discovery

【港・集落】 ポンディシェリ

インド東岸に位置する街。東南アジアへの主要な中継点である。香辛料と香料を中心に、宝石も扱われている。

e0020973_22393281.jpg


1673年 フランス東インド会社が現地の領主から取得。
1693年 大同盟戦争でオランダ東インド会社が占領
1697年 ライスワイク条約でフランスに返還
1761年 七年戦争中イギリス軍が占領
1763年 パリ条約によりフランスに返還
1793年 フランス革命中イギリス軍が再占領
1814年 ウィーン条約によりフランスに返還

参考URL:ポンディシェリWiki
[PR]
by cluracan | 2012-04-05 22:41 | Discovery

【港・集落】 ホロ

15世紀半ば、このホロを中心にスールー王国というイスラム王国が誕生した。近年、イスパニアが同地域に進出しているが、スールー王国の強い抵抗に遭っている。

e0020973_14313375.jpg


Pre-Hispanic period
In the 14th century, Arab traders landed on the island to introduce and convert its inhabitants to Islam. The native inhabitants on the island are the Tausūg people. The Tausugs are part of the larger Moro group which dominates the Sulu Archipelago. The Moro had an independent state known as the Sultanate of Sulu, which was politically and economically centered on Jolo, the residence for Sulu Sultanates. The Seat of the Royal Sultanate of Sulu was in Astana Putih, which is Tausug for ‘White Palace’ in Umbul Duwa in the municipality of Indanan on Jolo Island.

Spanish Colonial Period
In 1521, the explorer Ferdinand Magellan claimed the Philippines for Spain. The Spanish failed to conquer and convert the Muslim areas in the south. After consolidating the northern part of the Philippine islands, they failed to take over the well-organized Muslim Sultanates.

Trading center
Jolo was the regional entrepot and developing city years before the Philippines was even a country. The Sulu economy formed its base around commerce and through the network of nearby trading partners. The Sultanate benefited from importing rice from northern Philippines, as the Sulu region had a chronic rice shortage. The Sultanate was unable to bring agriculture to its full potential because the area was prone to erratic rainfall and drought.

Chinese immigration
Since the 15th century, the Sulu Sultanate traded local produce with neighbors and with countries as far as China by sea. Most of the import and export trade was done with Singapore which was estimated to be worth half a million dollars annually. In 1870, the Tausug lost much of their redistributive trade to the Chinese because of the Spanish cruising system and Chinese immigration from Singapore. Mostly originating from the Fujian province, most of the Chinese in Jolo worked as craftsmen, skilled and unskilled laborers and domestic servants for wealthy Tausugs and Chinese. Singapore served as a training ground from which they learned the Malay language and became experienced in dealing with Southeast Asians. It was these Chinese who eventually dominated trade in Jolo and benefited greatly from Jolo’s status as an entrepot, and exercised profound influence over the Sulu Sultanate. However, the Sultanate was not keen on the Chinese monopoly. By 1875, Sultan Amal ul Azam wanted an English merchant to establish himself in order to break the monopoly at Jolo.
Chinese who lived in Sulu ran guns across a Spanish blockade to supply the Moro Datus and Sultanates with weapons to fight the Spanish, who were engaging in a campaign to subjugate the Moro sultantes on Mindanao. A trade involving the Moros selling slaves and other goods in exchange for guns developed. The Chinese had entered the economy of the sultante, taking control of the Sultanate's economies in Mindanao and dominating the markets. Though the Sultans did not like the fact that the Chinese near exclusvie control over the economy, they did business with them. The Chinese set up a trading network between Singapore, Zamboanga, Jolo and Sulu.
The Chinese sold small arms like Enfield and Spencer Rifles to the Buayan Datu Uto. They were used to battle the Spanish invasion of Buayan. The Datu paid for the weapons in slaves.
The population of Chinese in Mindanao in the 1880s was 1,000. The Chinese ran guns across a Spanish blockade to sell to Mindanao Moros. The purchases of these weapons were paid for by the Moros in slaves in addition to other goods. The main group of people selling guns were the Chinese in Sulu. The Chinese took control of the economy and used steamers to ship goods for exporting and importing. Opium, ivory, textiles, and crockery were among the other goods which the Chinese sold.
The Chinese on Maimbung sent the weapons to the Sulu Sultanate, who used them to battle the Spanish and resist their attacks. A Chinese was one of the Sultan's brother in laws, the Sultan was married to his sister. He and the Sultan both owned shares in the ship (named the Far East) which helped smuggled the wapons.
The Spanish launched a surprise offensive under Colonel Juan Arolas in April 1887 by attacking the Sultanate's capital at Maimbung in an effort to crush resistance. Weapons were captured and the property of the Chinese were destroyed while the Chinese were deported to Jolo.

Spanish control
In 1876, the Spanish attempted to gain control of the Muslims by burning Jolo and were successful.
In March 1877, The Sulu Protocol was signed between Spain, England and Germany which recognized Spain’s rights over Sulu and eased European tensions in the area.

(機械翻訳)
プレヒスパニック期間
14世紀に、アラブ商人はイスラム教にその住民を導入し、変換するために島に上陸した。島の原住民はTausūg人々です。 Tausugsはスールー諸島を支配する大規模なモログループの一部である。モロは政治的にも経済的にホロ、スールーSultanatesための住居を中心にされたスールーのスルタンと呼ばれる独立した状態を持っていた。スールーのスルタンのロイヤルシートには、ホロ島のIndananの市町村にUmbul Duwaの "ホワイトパレス"のためTausugされているアスタナPutih、であった。

スペイン植民地時代
1521年に、探検家フェルディナンド·マゼランはスペインのためにフィリピンを主張した。スペイン南部のイスラム教徒の領域を征服し、変換に失敗しました。フィリピン諸島の北部を統合した後、彼らはよく組織イスラム教徒Sultanatesを引き継ぐことができませんでした。

交易の中心地
フィリピンでも国であった前に、ホロは、地域の中継貿易であり、都市の年間開発しています。スールー経済は商業の周りや近くのトレーディング·パートナーのネットワークを通して、その基本を形成した。スールー領域として、フィリピン北部から米を輸入の恩恵を受けてスルタンは、慢性的なコメ不足がありました。領域が不規則な降雨や干ばつに傾向があったので、スルタンはその能力を最大限に農業をもたらすことができませんでした。

中国の移民
15世紀以来、スールーのスルタンは、近所の人と、海から遠く中国などの国と地元の食材を交換した。輸入と輸出貿易のほとんどは、毎年50万ドルの価値があると推定されたシンガポールで行われました。 1870年に、Tausugためスペインのクルージングシステムとシンガポールから中国入国の中国人に多くの彼らの再分配の貿易を失った。主に福建省から発信され、ホロの中国人のほとんどは職人、熟練と非熟練労働者や裕福なTausugsと中国語の家事使用人として働いていました。シンガポールは、マレー語を学び、東南アジア人に対処する経験になったから、訓練の場として役立った。それは最終的にはホロの貿易を支配し、中継貿易とホロの状態から大きく恩恵を受けて、スールーのスルタン上の深遠な影響力を行使する、これらの中国でした。しかし、スルタンは、中国の独占に熱心ではなかった。 1875年では、スルタン·アマルULアザムはホロでは独占を破るために彼自身を確立するために英語の商人を望んでいた。
スールーに住んでいた中国は、ミンダナオ島にモロsultantesを征服するためのキャンペーンに従事していたスペイン語を、戦うために武器をモロDatusとSultanatesを供給するためにスペインの封鎖を越えて銃を走った。開発した銃と引き換えに奴隷や他の商品を販売Morosを含む貿易。中国はミンダナオのスルタンの経済を制御して、市場を支配し、sultanteの経済に入った。サルタンは、経済上の中国の近くexclusvieコントロールは、彼らが彼らとビジネスを行っているという事実が好きではなかったけど。中国、シンガポール、サンボアンガ、ホロとスールーとの間の取引ネットワークを設定します。
中国はBuayan Datu宇土にエンフィールド、スペンサーライフル銃のような小火器を売却した。彼らはBuayanのスペイン侵略と戦うために使用された。 Datuは奴隷に武器を支払った。
1880年代のミンダナオにおける中国の人口は1,000であった。中国はミンダナオMorosに販売するスペインの封鎖を越えて銃を走った。これらの兵器の購入は、他の物品に加えて奴隷にMorosによって支払われた。銃を売る人々の主要なグループはスールーの中国であった。中国は経済のコントロールを取り、エクスポートおよびインポートのための商品を出荷する汽船を使用していました。アヘン、象牙、繊維、食器類は、中国が売却その他の物品の中にあった。
Maimbungの中国はスペインと戦うと、攻撃に抵抗するためにそれらを使用してスールーのサルタンに武器を送った。中国は、法律でスルタンの弟の一人、スルタンは彼の妹と結婚していた。彼とスルタンwaponsを密輸しました船(極東という名前)の両方の保有株式。
スペインの抵抗を鎮圧するための努力のMaimbungでスルタンの首都を攻撃して1887年4月で大佐ファンArolas下の驚きの攻撃を開始した。武器は捕獲されたと中国がホロに強制送還された一方、中国の財産が破壊されました。

スペインの制御
1876​​年、スペインはホロを燃焼させ、イスラム教徒の制御を取得しようと成功した。
1877年3月には、スーループロトコルはスールーにわたってスペインの権利を認識し、地域にヨーロッパの緊張を緩和し、スペイン、イギリス、ドイツとの間で調印された。

参考URL:Jolo,Sulu Wiki
[PR]
by cluracan | 2012-04-04 14:39 | Discovery

【港・集落】 ホルムズ

ペルシャ湾のホルムズ海峡に面する街。海上交易の重要地点で、古くから栄えた。その重要性からたびたび支配勢力が変わった。畜産が盛んなほか、高級品のペルシャ絨毯やターコイズなどの宝石が流通している。

e0020973_1427283.jpg


ホルムズ(Hormuz、オルムズ)はペルシャ湾で10世紀から17世紀に存在したホルムズ王国(en:Ormus)の港湾都市。語源はゾロアスター教の神アフラ・マズダである。ホラズム(中央アジア)とは全く異なる地名。
オマーン湾からホルムズ海峡を望むとララク島、ホルムズ島、ケシム島がある。ペルシャ湾とインドや東アフリカを結ぶ交易の拠点で、マルコ・ポーロは東方見聞録(13世紀)で「香料、宝石、真珠、絹、織物、象牙などを取引するインド商人が集まっている」と述べている。
ペルシャ湾からバグダード、さらにコンスタンチノープルや中央アジアへ品物を運んだのはジェノバ商人だが、14世紀以降オスマン帝国が勢力拡大し、やがてビザンチン帝国を滅ぼすとこのルートは廃れた。
1498年ヴァスコ・ダ・ガマがインド洋航路を開拓、1515年ポルトガル船隊がホルムズを攻撃し支配下に置いた。
17世紀にイギリス東インド会社はペルシャの絹を手に入れるためサファヴィー帝国皇帝アッバース1世から貿易許可を得たが、ホルムズのポルトガル要塞攻撃を支援することが条件だった。
1622年ホルムズが降伏するとアッバース1世は港湾機能を対岸のペルシャ本土に移し町の名をバンダレ・アッバースとした。バンダルとはペルシャ語の港である。この後、オランダとフランスも東インド会社商館を置くようになった。

ホルムズを訪れた歴史上の人物
アレクサンドロス大王の臣下ネアルコス(紀元前325年この地はハルモゼイアと呼ばれた、大王死去2年前のこと。)
マルコ・ポーロ(13世紀後半に東方見聞録でポーロは往路ケルマン王国を旅し、ホルムズで船の調達を諦め、帰路インドからの船旅でホルムズに上陸しコカチン姫を送り届けた。当時チンギス・ハーンの孫フビライ・ハーンの弟フラグの孫アルグーン・ハーンが治めるイル・ハーン国が支配していた。)
イブン・バットゥータ(14世紀モロッコの大旅行家で2度訪れた。)
鄭和(明の永楽帝による大遠征で1415年頃、1422年頃、1431年頃の3度訪れた。)

参考URL:ホルムズWiki
[PR]
by cluracan | 2012-04-04 14:30 | Discovery


大航海時代onlineの1プレイヤーの日記


by cluracan

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
Top
Diary
Company
Link
Travel
Discovery

以前の記事

2012年 12月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2009年 01月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月

フォロー中のブログ

チハ改のDOL雑記@乙鯖

メモ帳

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧