<   2012年 03月 ( 46 )   > この月の画像一覧

【港・集落】 テルナーテ

テルナーテ王国の首都で、モルッカ諸島北部に位置するテルナーテ島にある。近年、同島で産出される高価な香辛料を求め、ヨーロッパ人が進出。街を建造するに至った。

e0020973_16531743.jpg


テルナテのことと思われる。
テルナテ王国はインドネシア東部の広い範囲を統治していた。
16世紀末 スルタン・バブラ(Baabullah)はスラウェシ島の東部から、モルッカ諸島全体、小スンダ列島、パプアの一部にまで影響力を持ち、この時期がテルナテ王国の最盛期。
テルナテ島は丁子(クローブ)の数少ない産地として知られ、ヨーロッパ人が到達する以前から中国人やマレー人の商人が訪れていた。その後イスラム教が交易ルートに乗ってもたらされると、王家や住民の改宗が進んだ。
1512年 初めてテルナテ島を訪れたのはマラッカから来たポルトガルの探検家、フランシスコ・セラン(Francisco Serrão)らだった。彼らはモルッカ諸島探検航海中にセラム島の近くで難破し地元の住民に救助されていた。テルナテのスルタン・Abu Laisは彼らの困窮ぶりを耳にすると、テルナテ島まで連れて来させた。これを機にスルタンはポルトガル人と同盟を結び、島に砦を作ることを許可した。
1575年 ポルトガル人のスルタン廃立への関与や宣教師たちの強引な布教活動などで住民の怒りを買い、島から追放された。
1606年 スペイン人はポルトガル人に対抗してティドレ島に拠点を置いていたが、テルナテ島のポルトガル人が築いた砦を占拠し、スルタンを捕まえてマニラに移送した。
オランダ人は1599年にモルッカ諸島に進出していたが、1607年にはテルナテ島の一部を占領した。
その後1663年にスペインが撤退するまでテルナテ島はオランダ領とスペイン領に二分された。
オランダは丁子(クローブ)の生産拠点をアンボン島など管理しやすい島に移したため、丁子貿易で栄えたテルナテ島はモルッカ諸島の政治経済の中心をアンボンに譲り渡した。
イエズス会のフランシスコ・ザビエルは日本を訪れる3年前の1546年にアンボン島、テルナテ島、モロタイ島を訪れ布教活動をしている。

参考URL:テルナテ島Wiki
[PR]
by cluracan | 2012-03-06 17:01 | Discovery

【港・集落】 ディリ

ティモール島の東部北岸に位置する街。ティモール島は古くから白檀の産地として知られ多くの交易船が来航している。近年は、ヨーロッパの交易船の来航が目立つようだ。

e0020973_16333229.jpg


1520年頃 ディリはポルトガル人によって植民された。
1769年 ポルトガル領ティモールの首都とした。

参考URL:ディリWiki
[PR]
by cluracan | 2012-03-05 16:37 | Discovery

【港・集落】 ディヴ

アラビア海に面したインド西部の街。古代から存在したが、一度廃墟となり近郊に再建された。農業が盛んで各種作物が流通するほかエメラルドや生糸なども扱われている。

e0020973_153210100.jpg


ディーウのことと思われる。
ディーウ(ディウ、દીવ, दीव, Diu)とはインドの西部、グジャラート州のアラビア海に突出するカーティヤワール半島の南端に位置する小島。
14世紀からオスマン帝国の支配下にあった。
1509年ポルトガルの艦隊がマムルーク朝(エジプト)の艦隊とディーウ沖海戦の末、これを打ち破り、インド洋の制海権を手にいれた。
1535年ポルトガルはディーウに要塞(en:Diu Fort)を建設した。
1554年にはポルトガルがグジャラート王国からディーウ島の統治権を手にいれディーウはポルトガル領となった。

参考URL:ディーウWiki
       インド各州別情報地図/ダマン・ディーウ
[PR]
by cluracan | 2012-03-04 15:39 | Discovery

【港・集落】 チュニス

かつて古代都市・カルタゴがあった場所である。7世紀後半にイスラム勢力によって街が築かれた。その後、いくつかの独立王朝の首都とされ、国際色豊かな都市となった。産物は、農作物と麻生地のほか、高級染料が採れる。

e0020973_1611197.jpg


古代地中海世界
チュニスの原型は、古代フェニキア人によって建設された、カルタゴ近郊の町である。古代はチェニェスと呼ばれていたようである。
紀元前146年 チェニェスはカルタゴの衛星都市として栄えたが、カルタゴはローマ共和国との間で戦争を繰り返し、第三次ポエニ戦争で完全に破壊された。その後、ローマの属州アフリカとなり、町は再建された。
376年のローマ帝国の分裂に伴い、東ローマ帝国の属州となった。

イスラーム化
7世紀にはウマイヤ朝(イスラム帝国)は、当時イフリーキヤと呼ばれたチュニジアの占領を目指していた。
670年のオクバの遠征によってイフリーキヤにはカイラワーンが建設され、ウマイヤ帝国のアフリカ支配の拠点として更なる拡大をもくろんだが、ベルベル人の激しい抵抗にあって苦戦した。
その後、ハッサン・イブン・アル=ヌマン率いるウマイヤ朝軍が東ローマ帝国軍を破ってカルタゴを占領。
701年 さらにベルベル人が支配するカヘナも攻略する。これ以降、この街はチュニスとしてアラブ人によって開発されることになった。
750年アラブ世界では主導権がウマイヤ朝が滅んでアッバース朝が興隆し、イフリーキヤではイブラヒム・イブン・アル・アグラブが独立した。
9世紀初頭 アグラブ朝はアッバース朝に認められ、1世紀程独立首長国として君臨した。アグラブ朝時代には、チュニスの地に港やザイトゥーナ・モスクが建設され、カイラワーンに次ぐ聖地として知られるようになった。
909年 アグラブ朝を滅ぼしたファーティマ朝がマフディーヤを中心にイスマーイール派の王国を築いた。969年 首都をカイロに移した。チュニジアに残ったベルベル人のブルッキン・イブン・ズィールは、ズィール朝を築いて繁栄を見せるが、ファーティマ朝を裏切ってスンニ派に改宗したため、アラブ系スライム族とヒラール族の大軍に攻略された。無政府状態に陥ったチュニジアは、一時期シチリア王国を築いたキリスト教徒のノルマン人に占領される。
12世紀には西方から侵攻したモロッコのムワッヒド朝が支配することになった。

ハフス朝
1228年 ムワッヒド朝のイフリーキーヤの総督であったアブー・ザカリーヤー1世が、ムワッヒド朝がキリスト教徒の傭兵に頼らざるを得なくなり、自らの宗教的権威を否定したことに対し同王朝の存立理念であったイスラム復興運動、タウヒード運動の真の教えと精神を守るという名目で、1229年にアミールの称号を名乗って独立した。これがハフス朝である。ハフス朝はチュニスを首都に定め、数々のモスクやマドラサ(学校)を建設する。また外国からも、巡礼者や商人が集まり、大都市として繁栄した。
16世紀に入るとハフス朝は衰退し、さらに東方から侵攻してきたオスマン帝国の脅威に晒されることとなった。
1534年 オスマン帝国軍がチュニスを攻略したため、ハフス朝のスルターンはスペイン王、神聖ローマ皇帝のカルロス1世に援軍を要請。
1535年 チュニスを占領したスペイン軍によってハフス朝は復活し、同時にスペインの保護国となった。

オスマン帝国
1574年 ハフス朝を滅ぼしたオスマン帝国の傘下となるが、オスマン帝国の地方総督であるパシャ(太守)の権力は次々と変わり、実際には地元総督であるベイによる世襲のムラード朝やフサイン朝のような王朝による統治がなされた。
17世紀頃 イベリア半島(スペイン王国)でモリスコが追放され、アンダルシア地方に住んでいたムーア人がチュニジアに移り住んだ。元々、国際都市であったチュニスはますます国際色豊かになっていった。

参考URL:チュニスWiki
[PR]
by cluracan | 2012-03-03 16:18 | Discovery

【港・集落】 ダンツィヒ

10世紀ごろに建設された都市。14世紀には、ハンザ同盟にも加入した。造船業が活発なため、造船都市としての地位を確立する。

e0020973_1641285.jpg


グダニスクのこと。グダンスクと表記されることがあるほか、ドイツ語名のダンツィヒ(Danzig 、古くはダンチヒとも)の名でもよく知られている。

都市としての起源
980年ごろ 考古学者によると、グダニスクの砦はポーランドのミェシュコ1世が原住民との戦いを終えてから建設したものである。
997年 プラハのアダルベルトが、ボレスワフ1世に代わって市民に洗礼をほどこした。
グダニスクはまもなく、ポメレリアとして知られる分裂した公国の中心地となった。ポメレリアとは「海のそばの土地」という意味である。
1235年ごろ ポメレリアのうち最も有名なシフィエントペウク2世は、グダニスクに自治権を与えた。当時のグダニスクの人口は2000人ほどであった。

ドイツ騎士団との確執
1308年までにグダニスクは1万人を超える人口を抱える繁栄した貿易港となっていた。
1308年11月13日 ドイツ騎士団に占領された。この結果ドイツ騎士団とポーランド王国との間で戦争となった。
1343年 カリシュの和約が結ばれ、騎士団がポーランド王国に賃料を支払うことでポーランド王からポメラニア地方がチュートン騎士団に貸与されることとなった。
この地方の帰属問題はまだ残っていたが、カリシュの和約によって1343年にグダニスクが自治体としての基礎を確立し、穀物(特に小麦)、木材、炭酸カリウム、タールその他ポーランドの森から産出されヴィスワ川の運送網を経由してやってくるさまざまな品物の輸出の促進がなされることになった。
1361年 グダニスクはドイツ騎士団の支配下で成長し、ドイツからの移民が増加し、 ハンザ同盟の正式な加盟都市となった。グダニスク市民は徴税権や裁判権を濫用するドイツ騎士団の支配を嫌っており、グダニスクを含むポメラニア地方やリトアニア大公国などに関する一連のトラブルが発端で1409年に勃発したポーランドとドイツ騎士団との戦争では、グダニスク市民はポーランド側に就いた。この戦争は1410年のグルンヴァルトの戦いにおけるポーランド王国の勝利によって終結した。グダニスクは以前からドイツ騎士団の支配を廃してポーランド王国へ帰属することを望んでおり、その望みがかなうことになった。しかし翌年に締結した第一次トルニの和約では、行政上の技術的理由によりポーランド王国は再びドイツ騎士団にグダニスクを賃貸しすることに決め、グダニスクは騎士団の支配下に戻った。

黄金時代
1440年 グダニスクはドイツ騎士団に対抗してポーランド王国の庇護を求めるプロシア連合の設立に参加し、ドイツ騎士団の利権の排除を目指してポーランド王国と同盟し、13年戦争を起こした。
1457年5月25日 13年戦争はにポーランド側の勝利によって終結し、ポーランド王カジミェシュ4世によってグダニスクはポーランド王国の自治都市としての特権を与えられた。
グダニスクはハンザ同盟の他の諸都市との貿易に加えて、ポーランド国内の市場への参加も認められるようになり、以後大いに繁栄することになった。
1466年 ポーランド王国とドイツ騎士団との間で締結された第二次トルニ和約と、ポーランド王領プロシアの確立によって、ポーランド王国とドイツ騎士団との戦争は完全に終結した。これによってグダニスクはチュートン騎士団の利権を完全に排除して大幅な自治権を実質的にも確立することになり、これは1577年に再確認された。
16~17世紀 ポーランド王国の直接の庇護を得、グダニスクの貿易と文化にとってまさに「黄金時代」であった。市民はドイツ人が比較的多かったが、ポーランド人、ユダヤ人、オランダ人、も多数住んでいた。さらにスコットランド人難民もやってきて市民権を得た。有名な天文学者のヨハネス・ヘヴェリウスが業績を残したのもこの時代であるが、彼の父親はチェコ人移民でグダニスクでビール醸造業を営んでいた。これら多民族の住民が混住することにより、街は繁栄を極めた。宗教改革の時代には多くの市民がルーテル派(主にドイツ系やポーランド系の中産階級)やカルヴァン派(主にオランダ系やスコットランド系の中産階級やポーランド人貴族)を受け入れた。しかしカトリック教徒との深刻な対立はみられなかった。これは時代によって程度の違いこそあれ、ポーランド王国には一貫して民族・人種・宗派・宗教の違いを受け入れる寛容な風土があったからである。

参考URL:グダニスクWiki

参考URL:ポメレリアWiki

参考URL:ポーランドWiki
[PR]
by cluracan | 2012-03-02 16:56 | Discovery

【港・集落】 タマタブ

マダガスカル島の東部に位置する街。島は山がちで、耕作の規模は小さい。しかし鉱山資源が豊富で、特に宝石の鉱脈が豊かである。

e0020973_1510644.jpg


トアマシナのこと。
トアマシナ(Toamasina)は、マダガスカル東部の港町。タマタブ(Tamatave)とも呼ばれる。
インド洋に面し、モーリシャスやスリランカへの船が出ている。また、ここから南のマナカラやファラハンガナまで海岸線に沿って700kmに及ぶパンガラン運河が伸びている。街の名前は、内陸部にあったメリナ王国のラダマ1世が19世紀前半にこの地方を征服した際、はじめて見る海の水を舐め「トゥア・マシナ!」(なんと塩辛い!)と叫んだからだと伝えられている。

参考URL:トアマシナWiki

マダカスカル島の歴史

古代・ヨーロッパ人到達以前

1世紀前後 ボルネオ島から航海カヌーでインド洋を横断してマダガスカルに移り住んだ。
その後、アフリカ大陸東部から渡ってきた人々とボルネオ系(マレー・ポリネシア系)の人々は混血。
2世紀 文献にマダガスカルの存在が初めて登場したのは、ギリシャのプトレマイオスによるメヌティアスという島についての記述だといわれている。このメヌティアスがマダガスカルだというのが有力である(異論も存在する)。
13世紀 『東方見聞録』では大きな島の記載があるが、マルコ・ポーロはソマリアのモガディシュ地方と勘違いして、マダガスカルと誤って紹介した。これがマダガスカルの名前の由来となっている。

アラブ世界ではマダガスカルは古くから知られていた。アラブの地図で、マダガスカルは、Gezirat Al-Komor(月の島の意味)の名前がついていた。Komorの名前は、マダガスカル北西にあるコモロ諸島にその名が残っている。
9世紀頃 アラブ人はマダガスカルに進出。さらにアラブ商人達は、東アフリカから連れてきた黒人達を奴隷として、マダガスカルに連れてきた。これにより沿岸部の諸族は交易による富を築いた。
11世紀から12世紀にかけて、マダガスカル島の北部には、インド洋交易とともに東アフリカの沿岸交易で栄えた港湾遺跡があり、沿岸交易の輸出品として緑泥片岩製の容器が生産されていたことがタンザニアのキルワ遺跡からの出土品からも判明している。

ヨーロッパ人の到達

1500年8月10日 ポルトガル人のディエゴ・ディアスがマダガスカルを「発見」した。この日は聖ロレンソの祝日であったため、ディアスは島を聖ロレンソ島と命名した。
マダガスカル「発見」後、ポルトガルは度々、宣教師を送りキリスト教布教を進めるが失敗した。またイギリス、オランダがマダガスカルの沿岸に拠点を築こうと試みたが、しかしこれも原住民の反発を受けたため、100年以上に渡ってヨーロッパ人の征服は失敗が続いた。
1643年 フランスのプロニスが、マダガスカル島南端のフォー・ドーファンに要塞を建設。プロニスの後継であるフラクールが最初の総督に任命された。
1673年 フォー・ドーファンでは、地域部族の反乱により撤退を余儀なくされたが、その後もフランスは統治権を主張しつづけた。

マダガスカル統一

マダガスカルは、高原部に居住する東南アジアから移ってきた民族によって主に支配されていた。また沿岸部はアフリカから連れてこられた奴隷やアラブ系の民族が暮らしていた。各民族はそれぞれ独自の王制を引いていたが、マダガスカル統一の動きが現れたのは、18世紀に入ってからとなる。
17世紀初頭 マダガスカル中央高原にはペツィレゥ諸王国、メリナ王国、東南部のアンテムル王国、などが乱立、互いに狭い領域を支配している小国にすぎなかった。同じ頃、サカラバ族が島の西側半分を支配するに至るが19世紀に入ると衰退してしまった。
18世紀末 メリナ民族を統一したアンドゥリアナムプイニメリナ王が現れる。王はサカラバ族を退け、ベツィレゥ王国を征服し、19世紀のメリナ王国によるマダガスカルの広域支配の基盤を築いた。

参考URL:マダガスカルの歴史Wiki

5世紀頃 ボルネオ島からマレー系の言語を話す人々が到来。今のマダガスカル人の祖先となる。
12世紀頃 イスラム教徒海岸部で交易
1642年 フランス、島東南部にドーファン要塞を建設
参考URL:マダガスカルWiki

微妙にマダガスカルWikiとマダガスカルの歴史Wikiでは年表が違うようだが・・・。


Ce n’est vraisemblablement qu’au cours du XVIème siècle que se constituèrent, sur la partie centrale de la côte Est malgache, les premiers îlots de peuplement. Des navires portugais croisaient déjà au large…
La légende raconte qu’un des premiers villages se serait situé aux alentours de l’actuel VATOMANDRY. Le chef de ce village, dénommé Mandry aimait à contempler la mer sur des rochers granitiques (rocher se dit « vato » en malgache) d’où l’appellation Vatomandry.
Au début du XVIIème siècle, Toamasina n’est encore qu’un petit village de pêcheurs mais, grâce à son emplacement privilégié, déjà très convoité par les grandes puissances de l’époque. Les français y installent un comptoir de la « Compagnie des Indes Orientales ».
Au cours du XVIIème siècle, Foulpointe sera, un temps, le principal lieu d’implantation notamment des aventuriers et hommes d’affaires français. Toamasina reprendra rapidement son rang.
De 1811 à 1816, l’Angleterre s’empare de la ville qu’elle restitue aux français.
En 1817, le roi Radama 1er atteint Toamasina et découvre la mer pour la première fois. « Toa masina » - « C’est salé !» s’écria-t-il en goutant l’eau de la mer. Expression qui donnera vraisemblablement, son nom à la ville.

(フランス語は全く分からないのでGoogle機械翻訳)
それは16世紀中にマダガスカルの東の海岸、島最初の和解の中央部に形成されたその可能性があります。ポルトガル船は、すでにオフ交差...
伝説は、最初の村が現在のVATOMANDRYの周囲に配置する必要があること伝えます。この村の長は、Mandryが故に花崗岩(マダガスカルの"やつ"と呼ばれる岩)、名前Vatomandryに海を熟考するのが大好きと呼ばれる。
、17世紀初頭では、トアマシナだけまだ小さい漁村が、絶好のロケーションのおかげで、時間の列強によって既に切望。フランスはそこのカウンター定住"東インド会社を"
17世紀中に、Foulpointeような冒険とフランスのビジネスの主要な場所、時間になります。トアマシナはすぐに彼のランクを再開。
1811年から1816年まで、イングランドでは、彼女がフランス語に戻り街を押収した
キングRadamaトアマシナ、1817年と初めて海に到達する最初に発見した。"TOAマシーナ"は-都市の名にちなんで名付け表現への可能性があり、海から水を味わいながら"それはしょっぱいです"と彼は叫んだ。

参考URL:トアマシナ旅行 歴史
[PR]
by cluracan | 2012-03-01 15:26 | Discovery


大航海時代onlineの1プレイヤーの日記


by cluracan

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
Top
Diary
Company
Link
Travel
Discovery

以前の記事

2012年 12月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2009年 01月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月

フォロー中のブログ

チハ改のDOL雑記@乙鯖

メモ帳

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧