<   2012年 03月 ( 46 )   > この月の画像一覧

【港・集落】 ペルナンブコ

南米大陸の東部沿岸に位置する港町。大西洋交易の拠点として発展してきた。

e0020973_1132516.jpg


パウ・ブラジルの時代
ブラジルに上陸したポルトガル人が最初に主要貿易品目としたのが、ブラジル東沿岸地域の森林に産するパウ・ブラジル(ブラジルボク)で、レシフェとポルト・セグーロ(ES)にインディオとの交易所が設立された。パウ・ブラジルが輸出された時代は1500年頃から1570年頃まで続き、これがペルナンブーコ発展の基礎となる。
1532年、ポルトガル国王ジョアン3世がブラジル国土に15のカピタニアを創設、ドゥアルテ・コエーリョがペルナンブーコのカピタンとなる。ペルナンブーコは他のカピタニアに先んじて発展し、ブラジル随一の発展地域となる。

サトウキビの時代
1570年頃より、サトウキビの栽培がはじまり、ブラジルの主要対外貿易品目となる。サトウキビ農園の約半数は土壌と気候に恵まれたペルナンブーコの沿岸地域に集中していた。
サトウキビ農園はエンジェーニョと呼ばれ、大規模農園領主が独立的な立場で土地を経営するという体制が採られた。アフリカから奴隷を輸入(奴隷貿易)し使役する一方、ごく少数のヨーロッパ系白人が支配者層として君臨するという封建的制度は、極端な貧富の差となって今尚この地方に遺風を残し、現代この地域が経済発展する上での足枷となっている。
サトウキビ産業が生む利益は1690年頃のサトウキビ不況を期に落ち込み、ブラジルの主要産品が南西部ミナスジェライス州の金、ダイヤモンドへ移行すると同時にペルナンブーコの経済は停滞、凋落することとなる。

オランダ領ブラジル
1581年にオランダ共和国が独立、スペインと同君連合にあったポルトガルとも対立し、オランダの海外領土拡大の矛先がブラジルに向けられ始める。1624年、オランダはバイーア州に侵攻するも、1年で撤退した。次いで1630年にレシフェとオリンダに侵攻し、オランダ領ブラジルが成立する。レシフェ(オリンダ)はオランダ領ブラジルの首都になり、オランダ西インド会社資本の元、商港都市として発展する。ナッサウ=ジーゲン伯ヨハン・マウリッツの統治下、オランダ領ブラジルは、1641年までにマラニョン州まで版図を拡大する。
オランダの侵攻により、各地のエンジェーニョで奴隷として使役されていた黒人が山間部に逃亡し、ベルナンブーコからバイーア州にかけての山間部にはキロンボと呼ばれる黒人自治による防衛村落が築かれた。
1644年、ナッサウ=ジーゲン伯がオランダに帰還すると、西インド会社に従属を余儀なくされていた住民が反乱を起こし、1654年にオランダ人は反乱軍に降伏した。ポルトガル人の力を借りず自力で領土を解放したブラジルの住民が、我々はブラジル人であるとアイデンティティを固めた契機となった。

マスカッテ戦争
1710年、レシフェの商人の勢力が台頭し、農園領主が勢力を持つオリンダからの分離独立を求めて対立し、戦争となる。農園領主が商人を「行商人(マスカッテ)」と侮蔑的に呼んだことから、マスカッテ戦争と呼ばれる。結果、重商主義を採るポルトガル本国政府の後押しを受けたレシフェの商人側が勝利し、レシフェがオリンダから分離して市に昇格した。

参考URL:ペルナンブーコ州Wiki
[PR]
by cluracan | 2012-03-31 11:35 | Discovery

【港・集落】 ヘルデル

アムステルダムの北にある小都市。北海に面しており、漁業が盛んである。

e0020973_16554454.jpg


デン・ヘルダーのことと思われる。
元々はハイスドゥイネンが市街地で、ヘルダーそのものはその近郊に位置する寒村でしかなかった。
北ホラント半島の先端という戦略上重要な地点にあることから、一帯には複数の要塞が築かれた。
敵の艦船がゾイデル海に入港するのを阻止するために築かれた「地獄のような」要塞から、一帯はHelledore(地獄の扉 の意)と呼ばれるようになった。
そのほか、ヘルダーの語源としては丘陵を意味するHelle、Heldeから来た説、砂の稜線という意味のHelreから来た説がある。
デン・ヘルダーはオランダの「船の町」として重要な役割を果たした。
オランダ黄金時代にはデン・ヘルダーの近郊で多くの艦船が建造され、世界の海に出ていった。
1877年に建造されたランゲ・ヤープ灯台は、鋳鉄製のものではヨーロッパで二番目に高い63.45mの高さを誇る。

参考URL:デン・ヘルダーWiki
[PR]
by cluracan | 2012-03-30 17:01 | Discovery

【港・集落】 ベルゲン

スカンジナビア半島の南西部にある街。フィヨルドに近い高緯度地域だが、気候は比較的温暖である。寒冷地でも育つ農作物が栽培されるほか、塩や石材、木材などが豊富に産出する。

e0020973_1646325.jpg


古代はノルウェー・ヴァイキングの拠点が置かれた。
1070年 本格的な都市の建設は1070年にノルウェー王オーラヴ・チッレ Olav Kyrreによって自治都市の設置が認められてからのことである。ベルゲン半島の東側から港が形成され、王が時々滞在する街として飛躍的に発展を遂げた。
1240年 トロンハイム(ニーダロス)に替わってノルウェー王国史上2番目の首都となり
1299年 にオスロへ遷都されるまでホーコン・ホーコンソン Håkon Håkonsson王の王宮が置かれた。1236年 ドイツのハンザ商人によって商館が建てられ、
13世紀末 ハンザ同盟 (Hanseatic League) の四大重要都市として君臨。各地から商人、職工が集まり、現在のブリッゲン (Bryggen) 地区の旧市街(世界遺産)を形成した。ベルゲンの重要性は、ハンザ商人が独占した、ノルウェー海の海産物(特に北部ノルウェーの干しダラ)の交易によるものだった。
1830年代まではノルウェー最大の都市であり、現在も西ノルウェーの経済、文化の中心である。

参考URL:ベルゲンWiki
[PR]
by cluracan | 2012-03-30 16:54 | Discovery

【港・集落】 ベニン

アフリカ西部に位置する港町。西アフリカ全域と大規模な交易を行うなど、商業の中心地として発展した。

e0020973_14205746.jpg


ベニンシティのことと思われる。

12世紀 ベニンは12世紀にベニン王国の首都イビヌ (Ibinu) として建設された。
オバ・エウアレの元でエドと改名され、皇帝(オバ)達の元で14世紀から17世紀に最盛期を迎え、「大ベニン」と呼ばれた面影は現在に残されていない。
1485年にポルトガルが来航し、以降ヨーロッパ勢力との奴隷貿易と象牙、胡椒や布などの熱帯産品の輸出で栄えた。

参考URL:ベニンシティWiki

ベニン王国
12世紀 この地域の住民エド人によって建国された。西のヨルバ人が建国した国家ではないが、オドゥドゥワ王によって建国されたというヨルバ人と同じ建国神話を持ち、イフェの聖王(オニ)のもとにベニン王が認証を受けに行くなど、ヨルバ諸国と強いつながりを持っていた。
15世紀 エウアレ王の統治下で、ベニンは黄金時代を迎えた。
1481年 空位時代を迎えていたベニン王に、民会がオゾルア王を選出した。
1485年 オゾルア王統治期にポルトガル人の探検家がベニンに到達し、西欧との交易が始まった。海岸線に近く、西欧との交易に有利だったことで、ベニンは貿易の中心地として発展していく。ヨーロッパには胡椒や奴隷、象牙を売り、代わりに火器を輸入して奴隷狩りを行い、ベニンはさらに勢力を拡大していった。当時のヨーロッパ人によって、ギニア湾岸一の大都市として紹介されたのもこの頃のことである。
16世紀 王がリスボンに遣欧使節を送り、ポルトガル王は返礼として宣教師をベニンに送った。
18世紀 西のヨルバ人のオヨ王国が力を伸ばし、また奴隷貿易の中心も西のダホメ王国やアシャンティ王国方面に移り、ベニンは衰退した。

参考URL:ベニン王国Wiki
[PR]
by cluracan | 2012-03-29 14:27 | Discovery

【港・集落】 ペグー

ベンガル湾の東岸に位置する街。東南アジアに住む民族のひとつ、モン人により建造された街であり、ペグー朝の首都でもある。

e0020973_141066.jpg


573年 言い伝えによると、西暦573年にタトーンからやってきた二人の王女がバゴーを創設した。年代記に、8年間の説法の後、仏陀が弟子と共に、東南アジア諸国を回ったと記述されていた。その帰路でマルダバン湾を横切る際潮が引き、仏陀は2羽の黄金のツクシガモが、鳥の止まり木としては十分な海より突き出た土地の頂上に、メスがオスの上に乗りとまっているのを見た。不思議な現象を目撃して、仏陀は、彼の説で繁栄国家が広大な海の地域にいつか出現すると弟子に予言した。
仏陀の予言の約1500年後、その海の場所は浅くなり、居住が可能となっており、タトーン王朝よりやって来たモン族によって植民されていた。そして、モン族は歴史上Hongsawatoiとして知られる国の最初の支配者となった。
850年頃 街の歴史上の初期の記述は、西暦850年頃のアラブ人の地理学者Ibn Khudadhbinによるものである。当時、モン族の首都はタトーンに移っていた。
1056年 この地域は、1056年にパガンから来たビルマ人の支配下にあった。
1287年 モンゴル人によってパガン朝が崩壊すると、モン族は再び独立をした(ペグー王朝)。
低地ビルマにおいて、モン王朝は当初マルダバン、その後バゴーで設立した。Rajadhirat王の統治下(在位1383年 – 1421年)で、アヴァ王朝とペグー王朝は、絶え間ない争いに巻き込まれた。平和的な女王Baña Thauの統治下(在位1453年 - 1472年)で、彼女は仏僧のDhammazedi(在位1472年 - 1492年)を後継者に選び、争いに終止符が打たれた。Dhammazediの統治下で、バゴーは商業と上座部仏教の中心地となった。
1369年から1539年の間、Hanthawaddyは、Ramanadesaのモン王国の首都であった。この王朝は現在の低地ビルマをすべて支配していた。
1539年、この地域は再び、タウングー王朝のタビンシュエーティー王により併合され、ビルマ人が支配した。タウングー王朝は、1539年から1599年の間と1613年から1634年の間、バゴーを王都とし、繰り返されたシャムの侵攻に対する基地として使用した。主要な港として、街には頻繁にヨーロッパ人が訪れ、壮大な街であると述べた。
1634年ビルマ人の首都はアヴァに再度移された。
1740年、モン族は反乱を起こし、つかの間の独立を再度勝ち取ったが、
1757年ビルマ王Alaungpayaは、街を略奪し完全に破壊した。
バゴーは、Bodawpaya王(1782-1819)によって再建されたが、その時までに川が進路を変えてしまっていたため、街は海と切り離されていた。そして街が再び以前のような重要拠点になることは無かった。

参考URL:バゴーWiki
[PR]
by cluracan | 2012-03-29 14:19 | Discovery

【港・集落】 ベイルート

非常に古い時代から栄えていた街。内陸の都市の港として重要な街である。特に、ダマスカスから運ばれてくるダマスク織とダマスカスソードは、世界的に高く評価されている。

e0020973_2050091.jpg


Beirut's history goes back more than 5000 years.
According to the Encyclopædia Britannica, its antiquity is indicated by its name, derived from the Canaanite be'erot ("wells"), referring to the underground water table that is still tapped by the local inhabitants for general use.
Excavations in the downtown area have unearthed layers of Phoenician, Hellenistic, Roman, Byzantine, Arab, Crusader and Ottoman remains.
The first historical reference to Beirut dates from the 14th century BC, when it is mentioned in the cuneiform tablets of the Amarna letters, three letters that Ammunira of Biruta (Beirut) sent to the pharaoh of Egypt.
Biruta is also referenced in the letters from Rib-Hadda, king of Byblos. The oldest settlement was on an island in the river that progressively silted up. The city was known in antiquity as Berytus.

Hellenistic/Roman period
In 140 BC the city was destroyed by Diodotus Tryphon in his contest with Antiochus VII Sidetes for the throne of the Macedonian Seleucid monarchy. Beirut was soon rebuilt on a more conventional Hellenistic plan and renamed Laodicea in Phoenicia (Greek: Λαοδικεια ή του Φοινίκη) or Laodicea in Canaan in honor of a Seleucid Laodice.
Large sites in the devastated city center have now been opened to archaeological exploration.
Mid first century coins from Berytus bear the head of Tyche, goddess of fortune; on the reverse, the city's symbol appears: a dolphin entwines an anchor. This symbol was taken up by the early printer Aldus Manutius in 15th century Venice. Beirut was conquered by Agrippa in 64 BC. The city was assimilated into the Roman empire, veteran soldiers were sent there, and large building projects were undertaken.
Beirut was considered the most Roman city in the eastern provinces of the Roman Empire.
In 14 BC, during the reign of Herod the Great, Berytus became a colonia and was named Colonia Iulia Augusta Felix Berytus. Its law school was widely known; two of Rome's most famous jurists, Papinian and Ulpian, both natives of Phoenicia, taught there under the Severan emperors. When Justinian assembled his Pandects in the 6th century, a large part of the corpus of laws was derived from these two jurists, and in 533 Justinian recognized the school as one of the three official law schools of the empire. After the 551 Beirut earthquake the students were transferred to Sidon.

Middle Ages
Beirut passed into Arab control in 635 and was ruled by the Arslan family, Arabs from Yemen descended from the Lakhmids,from 635 to 1110.Prince Arslan bin al-Mundhir founded the Principality of Sin-el-Fil in Beirut in 759 AD. From this Principality developed the later Principality of Mount Lebanon, which was the basis for the establishment of Greater Lebanon, today's Lebanon.
As a trading centre of the eastern Mediterranean, Beirut was overshadowed by Acre during the Middle Ages. From 1110 to 1291 it was in the hands of the Crusaders' Kingdom of Jerusalem. John of Ibelin, the Old Lord of Beirut (1179–1236) rebuilt the city after the battles with Saladin and also built the Ibelin family palace in Beirut.

Ottoman rule
Beirut was controlled by local Druze emirs throughout the Ottoman period.
One of them, Fakhr-al-Din II, fortified it early in the 17th century,but the Ottomans reclaimed it in 1763.With the help of Damascus, Beirut successfully broke Acre's monopoly on Syrian maritime trade and for a few years supplanted it as the main trading centre in the region. During the succeeding epoch of rebellion against Ottoman hegemony in Acre under Jezzar Pasha and Abdullah Pasha, Beirut declined to a small town with a population of about 10,000 and was an object of contention between the Ottomans, the local Druze, and the Mamluks. After Ibrahim Pasha of Egypt captured Acre in 1832, Beirut began its revival.

(機械翻訳)
ベイルートの歴史は5000年以上さかのぼります。
ブリタニカ百科事典によると、古代はまだ一般的な使用のために地元の住民によりタップされた地下水の表を参照して、カナンbe'erot( "井戸")から派生し、その名前で示されています。
繁華街の発掘は、フェニキア、ヘレニズム、ローマ、ビザンチン、アラブ、十字軍、オスマンの層が残って発掘した。
それはBirutaのAmmunira(ベイルート)はエジプトのファラオに送信したアマルナ書簡、3文字の楔形文字に記載されている紀元前14世紀からベイルートの日付、最初の歴史的参照。
BirutaもリブHadda、ビブロスの王からの手紙で参照されます。最古の集​​落は徐々にアップふさがている川の島にあった。市はベリツスとして古代に知られていました。

/ローマヘレニズム期
140紀元前に都市がマケドニアのセレウコス朝の君主制の王位のためのアンティオコスVIIのSidetes彼のコンテストにDiodotus Tryphonによって破壊された。ベイルートは、すぐに従来のヘレニズム時代の計画に再建され、フェニキアのラオディケアと改名された(ギリシャ語:ΛαοδικειαήτουΦοινίκη)またはセレウコスLaodiceの名誉のカナンのラオディケア。
荒廃した市内中心部の大規模なサイトでは、現在の考古学探査に開放されています。
ベリツス中旬から一世紀の硬貨はTyche、幸運の女神の頭部を負担し、逆に、街のシンボルが表示されます。イルカがアンカーをentwines。このシンボルは、15世紀ヴェネツィアの早い段階でプリンタアルダスマヌティウスで取り上げられた。ベイルートは、64紀元前にアグリッパによって征服された。都市はローマ帝国に同化された、ベテランの兵士がそこに送られた、大規模な建築プロジェクトが行われました。
ベイルートは、ローマ帝国の東部地方で最もローマ時代の都市と考えられた。
14紀元前に、ヘロデ大王の治世中に、ベリツスは、コロニアとなり、コロニアイウリアオーガスタフェリックスベリツス命名されました。その法科大学院は広く知られていた、ローマの最も有名な法学者の二人は、パピニアヌスとUlpian、フェニキアの両方の原住民は、Severan皇帝の下にそこに教えてくれました。ユスティニアヌスは、6世紀に彼の学説彙纂を組み立てたときは、法律のコーパスの大部分は、これらの2つの法律家から派生したもので、533ユスティニアヌスに帝国の3つの公式の法律学校の一つとして学校を認められた。 551ベイルートの地震後の学生はシドンに移した。

中世
ベイルートは、635のアラブコントロールに渡され、アルスラーン家によって支配された、イエメンからのアラブ人は、Lakhmidsから降りて635から1110.Princeアルスラーンビン·アル·Mundhirに759 ADのベイルートのシン·エル·フィルの公国を​​設立しました。この公国からより多くのレバノンの確立のための基礎となったマウントレバノンの後に公国、今日のレバノンを開発しました。
東地中海の交易の中心地として、ベイルートは、中世の間にアッコの陰に隠れました。 1110から1291年にはエルサレムの十字軍 "王国の手にあった。 Ibelinのジョンは、ベイルートの旧卿(1179-1236)は、ベイルートでサラディンとも組み込まれてIbelin家族の宮殿との戦いの後に街を再建した。

オスマン帝国のルール
ベイルートは、オスマン帝国の時代を通じて地元のドルーズのemirsによって制御されていました。
そのうちの一つ、17世紀の早い段階でそれを強化Fakhr-AL-ディンII、しかし、オスマン帝国は、ダマスカスの助けを借り1763.Withでそれを埋め立て、ベイルートは、正常にシリアの海上貿易のアクレ州の独占を破って、数年のためにそれをのように取って代わら地域の主要な交易の中心地。 Jezzarパシャとアブドラ·パシャの下Acreのオスマン帝国の覇権に対して反乱の後継時代の間、ベイルートは約10,000の人口を小さな町に減少し、オスマン帝国、地元のドルーズと、マムルーク朝の間で競合のオブジェクトでした。エジプトのイブラヒムパシャが1832年にエーカーを捕獲した後、ベイルートはその復活を始めた。

参考URL:Beirut Wiki
[PR]
by cluracan | 2012-03-28 21:09 | Discovery

【港・集落】 フローニンゲン

ネーデルランド北部に位置する街。ネーデルランド内の数少ないハンザ同盟都市。

e0020973_12362043.jpg


この街はオランダで最も北にある砂丘列(ホンドスラフ、Hondsrug)の上に造られている。
歴史書に初めてこの町が登場するのが1040年のことである。しかしながら、考古学的資料よりこの場所には紀元前3950年から3720年の間の遺構が残されている事から、この頃には既に人が住むようになっていたと考えられる。
紀元前3世紀頃には大規模な集落が存在したことが発掘により分かっている。
13世紀にはフローニンゲンは城壁に囲まれた重要な商業都市であった。
15世紀末にはフリースラント地方を統括する都市として、この地域に大きな影響を与えていた。この頃、旧市街中心にあるマルティニ教会の塔も建てられた。高さ127mのこの塔は当時ヨーロッパで最も高い塔であった。
ネーデルラントがスペインから独立する契機となった1568年から1648年にかけての80年戦争において、ネーデルラント側に加勢したフローニンゲンは、後にネーデルラント連邦共和国に加わり独立都市の地位を失った。
1614年にはフローニンゲン大学が設立され、主に宗教教育を行うようになる。また、ほぼ同時期に市街地拡張のため新しい城壁が築かれた。
1672年の第三次英蘭戦争で、この城壁が敵の攻撃に対して見事に耐えたことを称えて、現在8月28日の花火祭が行われている。

参考URL:フローニンゲンWiki
[PR]
by cluracan | 2012-03-26 12:38 | Discovery

【港・集落】 ブレーメン

ヴェーゼル川河口に位置する港湾都市。9世紀に大司教座の街として興った。14世紀ごろにはハンザ同盟都市となり、商業都市として繁栄した。

e0020973_1435105.jpg


起源は、BremeもしくはBremumと呼ばれる部族が、ヴェーザー川右岸に定住したことに始まるとされる。
紀元150年にはすでにアレクサンドリアの地理学者クラウディオス・プトレマイオスは、この入植地の存在を記録している(Fabiranum、または Phabiranumとも記述している)。
司教座都市および商都としてのブレーメンの歴史は8世紀まで遡る。この地はライン川からエルベ川、または北海から南ドイツに向かう交易の十字路に位置しているため、交易の要衝として重要視されるようになっていた。
ブレーメンは787年にカール大帝によって司教座都市に指定されたが、当初は不安定な宣教地であった。宣教師Willehadは782年に「... ブレーメンから追放され、2人の司祭は殺害された。」と記述している。
845年に大司教区に昇格した後、アーダルベルト・フォン・ブレーメン大司教の下(1043年から1072年)、最初の隆盛を経験した。
神聖ローマ皇帝フリードリヒ1世(バルバロッサ)は1186年にブレーメンを帝国都市(一般には自由帝国都市と呼ばれる)としたが、帝国直轄とはしなかった。
1260年に都市ハンザが形成され、
1358年にハンザ同盟に加盟した。加盟当初は力のない同盟都市に過ぎなかったが、これ以後急速に経済力、政治力をつけ、ブレーメン大司教の世俗支配をはねのけるまでに成長した。その自由な気風の象徴としてローラント像(1404年)や市庁舎(1409年)がマルクト広場沿いに建設された。
1574年から1590年に建設されたヴェーザー港を防衛するため、ヴェーザー川左岸に防衛施設を有する新市街が建設された。また、13世紀に洪水防止用堤防として現在のシュラハテが設けられて以降、ヴェーザー川に砂が堆積するようになり、ブレーメン商人の貿易船は着岸が困難となった。この状況を改善するため、1619年から1623年に下流のフェーゲザックにオランダ人建築家によってドイツ初の人工港が設けられた。
三十年戦争の間、ブレーメンはかつてハンザ同盟の仲間であったハンブルク、リューベックと同盟を結んで独立を守り、フェルディナント3世による1646年のリンツ免許状で帝国直轄の地位が確立された。
しかし、三十年戦争終戦後の17世紀から18世紀にはその帝国直轄の地位が脅かされることとなった。1648年のヴェストファーレン条約でスウェーデンに支配権が移譲され、事実上スウェーデンの宗主下におかれた。
さらに1700年に始まった大北方戦争の結果、フェルデンと共にハノーファー選帝侯の支配下に移された(1720年、ストックホルム条約)。事実、
1741年のシュターデの第2和議における特許状ではハノーファー選帝侯による統治権や軍税の統一を余儀なくされている。
1783年、ブレーメン商人は大西洋を越えてアメリカ合衆国との直接交易を始めた。

参考URL:ブレーメンWiki
[PR]
by cluracan | 2012-03-25 14:38 | Discovery

【港・集落】 ブルネイ

ブルネイ王国の中心地で、イスラム教が布教されている。石油や鉱石などを産出する、資源豊かな国である。

e0020973_12453261.jpg


2世紀には港市が開かれていた。『梁書』の「海南伝」によると、梁書が記された6世紀にはすでに港市が成立して四百余年とある。
971年 ブルネイの朝貢については971年に当時の宋に対して行った記録が残っている。
1405年 ブルネイ王朝、初代スルタン、ムハンマド在位
1521年、ブルネイ湾にマゼラン艦隊が入港。ブルネイは港市都市であるため、マゼラン艦隊とも取引を行う。
1526年、今度はマラッカから東に進むポルトガル人がブルネイに至った。
1888年 イギリスの保護領となる

参考URL:ブルネイの歴史Wiki
[PR]
by cluracan | 2012-03-24 14:53 | Discovery

【港・集落】 プリマス

イングランド南西部にある港町。イングランドにとって重要な位置にあるため、栄えている。産物は各種鉱石が中心で、特に石墨は重要な交易品である。

e0020973_12371134.jpg


古代にはケルト系民族が居住していて、ここから西のペンウィズ半島一帯は後にコーンウォール(Cornwall)地方と呼ばれた。
また現在フランス北西部のブルターニュ地方の住民は、4、5世紀にアングロサクソン民族の来襲によって、この一帯から英仏海峡を渡って移住した民族が先祖とされる。今もケルト系の言語、コーンウォール語が小規模ながら伝承されている。
16世紀になるとゴールデン・ハインド号を旗艦とするフランシス・ドレークなどの探検家達の遠征基地となった。
1588年にはスペインの無敵艦隊と会戦するためイギリス海軍がこの地から出航し、
1620年にはピューリタンらがメイフラワー号に乗船して出航した。

17世紀、ピューリタン(清教徒)を含んだピルグリム・ファーザーズの一団、102名はこの港からメイフラワー号に乗船し、新大陸に向かった。その到着地点となった海岸部が、現在のアメリカ東部マサチューセッツ州の都市プリマスに当たる(彼らが出発地と同じ名を名づけたとよく言われるが、実際は同名の地に偶然到着したのである)。

参考URL:プリマスWiki

プリマス植民地Wiki
[PR]
by cluracan | 2012-03-24 12:35 | Discovery


大航海時代onlineの1プレイヤーの日記


by cluracan

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
Top
Diary
Company
Link
Travel
Discovery

以前の記事

2012年 12月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2009年 01月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月

フォロー中のブログ

チハ改のDOL雑記@乙鯖

メモ帳

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧