<   2012年 02月 ( 39 )   > この月の画像一覧

【港・集落】 コペンハーゲン

ヨーロッパ北部のシェラン島東岸にあり急速に発展しつつある街。コペンハーゲンとはデンマークの言葉で「商人の港」を意味する。農作物や加工食品のほか、琥珀(こはく)やぜいたくな調度類が流通する。

e0020973_15172221.jpg


古代ローマ時代 コペンハーゲンの周辺地域は、ハフニア(Hafnia)という名で伝わっていたが、シェラン島が辺境の島ということもあって、さほど重要視されてはいなかった。
1000年頃 スヴェン1世とその息子クヌート大王によって発見されたのが最初である。
1167年 アブサロン司教はコペンハーゲンの要塞化をおこなった。良質の港湾はコペンハーゲンを商業の重要な中心に成長させた。ドイツ人に存在を知られると、ハンザ同盟の度重なる攻撃を受けた。
1254年 ヤーコプ・エルランドセン司教から都市の特許を受けている。
1658年から1659年 カール10世指揮下のスウェーデン軍に包囲され、激しく抵抗した(北方戦争)。この戦役は「氷上侵攻」としても知られている。

参考URL:コペンハーゲンWiki
[PR]
by cluracan | 2012-02-08 16:31 | Discovery

【港・集落】 コピアポ

南北に長く広がる砂漠の南に位置する、オアシスの街。降雨が少なく、水は貴重である。

e0020973_1504386.jpg


Fue fundada oficialmente el 8 de diciembre de 1744 por el gobernador José Manso de Velasco, bajo la designación de San Francisco de la Selva de Copiapó, aunque su origen se remonta antes de la llegada de los españoles, cuando formaba parte del imperio inca.
En ese entonces los nativos llamaban a esta localidad Copayapu, que algunos traducen como «Copa de oro», otros como «valle verde» y también como «Sementera de turquesas». Cuando el conquistador español Diego de Almagro descubrió el Reyno de Chile, el día 21 de marzo de 1536, lo hizo penetrando por la Cordillera de los Andes a través de la quebrada de Paipote, en medio del Valle de Copiapó el cual nombró valle de la posesión.En estas tierras se celebró por primera vez en Chile una misa católica.

El 26 de octubre de 1540, Pedro de Valdivia toma posesión del Reyno de Chile en Copiapó (según las Crónicas de Bibar): "En jueves, xxvi días del mes de octubre de nuestra salud de mil quinientos y cuarenta, ante un escribano del rey que en el real venía, el general (Pedro de Valdivia) tomó posesión en nombre de su majestad. Hizo las diligencias que en tal caso se requerían, que son ciertas ceremonias hechas en esta forma: armado general de todas armas y su adarga embrazada en el brazo siniestro y la espada en su mano derecha y alta, cortando ramas y levantando ciertas piedras, moviéndolas de una parte a otra, diciendo en alta voz que emprendía y emprendió, y tomaba y tomó posesión en aquel valle de Copiapó en nombre de su majestad, ansí de aquel valle e indios de él como de toda la gobernación que de allí en adelante tenían; y que si alguna persona o personas había que se lo contradijese o defendiese, que él se mataría con tal persona o personas y, para efectuarlo, salió a un campo que vecino tenía a esperar al que quisiese salir, diciendo que lo defendería lo que decía con su persona y armas a pie y a caballo como de mandárselo quisieses. Si necesario fuere, perdería la vida en servicio de Dios y de su majestad, y pipiolo por fe y testimonio del escribano, el cual así se lo dio (…)

Entre estas épocas de bonanza, se destaca la que estuvo asociada al descubrimiento y explotación del mineral de plata de Chañarcillo, ubicado algunos kilómetros al sur de la Ciudad, por parte de Juan Godoy en 1832, y al posterior descubrimiento del mineral de Tres Puntas en 1848. Ambos descubrimientos, posibilitaron un rápido desarrollo de la zona, dejando así a la ciudad como una de las más importantes de la región. Muestra de ello es la creación en 1843 de la Provincia de Atacama, separándose así la zona de la Provincia de Coquimbo, y estableciéndose Copiapó como capital provincial. En ese mismo año adquiere el título de ciudad.
Múltiples fueron los adelantos traídos a la ciudad durante esta época, entre estos se destaca el Ferrocarril Copiapó-Caldera, inaugurado en 1851 y que fue el primero del país. Otros adelantos fueron la instalación alumbrado público a gas de hidrógeno sulfurado en 1852, la construcción del hospital, del teatro, de un cuartel policial (en aquellos años aún no existía la policía única y uniformada en el país) la inauguración de la Escuela de Minas de Copiapó en 1857, etc. Todos los avances tecnológicos impulsaron el desarrollo de la ciudad, especialmente en el ámbito industrial, produciéndose así una revolución industrial en la región lo que produjo la llegada de personas provenientes del sur del país y desde los mas lejanos paises convirtiendo asi a Copiapo en una de las ciudades más cosmpolitas del Chile de mediados del siglo XIX. Según Vicente Perez Rosales en su libro «Recuerdos del Pasado» en Copiapo eran notables las colonias de argentinos (la mas numerosa), españoles, italianos, britanicos (lo que incluye a ingleses, escoceses y galeses) alemanes y muchisimas otras nacionalidades. Posteriormente se afinco en Copiapo una importante colonia arabe de origen libanes. Tanto italianos como libaneses alcanzaron una fuerte influencia en todas las actividades locales, influencia que se mantiene hasta el dia de hoy.
La bonanza económica también trajo un desarrollo intelectual y político de una zona que históricamente no había tenido mayor relevancia en este aspecto, emergiendo de la zona personalidades políticas relevantes como Pedro León Gallo y Manuel Antonio Matta. El primero organizó una revolución en 1859, contra el gobierno conservador de Manuel Montt que logró ser sofocada a sangre y fuego siendo enviado Pedro León Gallo Goyenechea al exilio, cabe destacar que él fue la primera y única persona en Chile que ha sido elegida por voto popular como Intendente. Cuando éste volvió del exilio en 1863, fundó en Copiapó el Partido Radical junto a Matta, el cual tendría una gran importancia en el futuro dentro de la política chilena.

[機械翻訳]
それはインカ帝国の一部だったとき、それは正式に、スペイン語が到着する前にもさかのぼり、サンフランシスコ·デ·ラ·セルバ·デ·コピアポの名称の下で、知事ホセ·デ·ベラスコMansoによって1744年12月8日に設立されました。
その時、原住民は "緑の谷"として、などの他、 "黄金の杯"の一部として変換し、この町Copayapuと呼ばれる "ターコイズの播種。"スペインの征服者ディエゴデアルマグロは1536年3月21日に、チリの王国を発見したとき、バレーという名前のコピアポの谷の中で、Paipoteストリームを通してアンデスを貫通したこの土地が最初にチリでカトリックの質量が開催されましたposesión.En。

1540年10月26日に、ペドロ·デ·バルディビア、チリコピアポ(Bibarのクロニクルなど)の王国を占領した: "木曜日に、1500年10月の二十六日、私たちの健康と40代を、王の公証人の前にそれはキャンプに入って来た、[全般](ペドロ·デ·バルディビア)は彼の威厳を占領したそのような場合に必要な手配をしたこの方法で行われた特定の儀式です。これ、必要とされた。すべての武器や妊娠中の彼の盾の一般的なアセンブリ不吉なアームと高右手に剣、彼に代わって引き受けたと設定し、取って、コピアポの谷に所持したことが声に出して言って、ある場所から別の場所にそれらを移動し、枝を切断し、特定の石を引き上げ威厳、ANSIとインディアンその後持っていた知事として彼のその谷と、すべての人や人では矛盾し、またはそれを守ることがあった場合、彼はそのような人や人で自分を殺すと係合すること、必要であれば、彼は彼が彼の人と腕と馬に乗ってあなたがそれを送信すると同じように乗って言ったことを守るだろうと言って、残したかった隣人のために待たなければならなかったフィールドに行った神のサービスで命を失ったと彼威厳など彼に与えた信仰と店員の証言によってpipiolo、(...)

1832年にジョン·ゴドイによって数キロ南市の位置する鉱物銀Chañarcilloの発見と開発に関連付けられていたが目立つこれらの良き時代、、、、3点の鉱物のその後の発見の間で1848年。両方の発見は、この地域で最も重要なものの一つとして街を残して、地域の急速な発展を可能にしました。例はこのように州都として設立されコキンボ、とコピアポの州の領域を分離し、アタカマ州の1843年に作成することです。同じ年に市内のタイトルを獲得しました。
複数の開発は、これらのハイライトコピアポ - カルデラの鉄道との間で、この期間中に市内に持ち込ま1851年にオープンした国で初めてであった。その他の改良点は1852年硫化水素、病院、劇場、警察署(当時はシングルと制服を着た警察が国ではまだそこにあった)の建設鉱山の学校の開口部にガス灯の設置であったコピアポでは1857年、などがあります。すべての技術の進歩は、南から、したがってコピアポの一つになって最も遠い国の人々の到着につながった地域の産業革命を生産し、特に産業分野で、都市の発展に拍車をかけ19世紀半ばにチリのcosmpolitas都市。彼の本でビセンテ·ペレス·ロサレスによると、コピアポでは "過去の記憶"は、ドイツや他の国籍のホスト(英語、スコットランドとウェールズを含む)の注目すべきアルゼンチンの植民地(最も多い)、スペイン、イタリア、イギリスであった。後、彼はレバノンの起源のコピアポアラブで大規模なコロニーを解決した。イタリア語とレバノンのすべてのローカル活動、この日に続けて影響に強い影響力を達成しました。
好況も地域での知的財産権と政治的発展をもたらした歴史的に、この点で多くの関連性を持っていたようなペドロレオンギャロとマヌエル·アントニオ·マッタとして地域に関連する政治家に新興。最初の亡命ペドロレオンギャロGoyenecheaを送信される血と火でフラッシュする管理マヌエルMonttの保守的な政府に対して、1859年に革命を組織し、それは彼が投票によって選ばれたチリで最初で唯一の人だったことは注目に値する市長として人気があります。彼は1863年に亡命から戻ったとき、チリの政治の将来に非常に重要であろうマッタの近くにコピアポのラジカル党は、設立しました。

参考URL:Copiapó wiki
[PR]
by cluracan | 2012-02-07 14:53 | Discovery

【港・集落】 コチン

南インドの街。南国の穏やかな気候に恵まれており、独特の産物が見られる。インドらしい染料や織物のほか、南国系の香料や果物、宝石が産物として扱われる。

e0020973_1458827.jpg


コーチのこと。
1503年、ポルトガルによって占領された。当初はインド支配におけるポルトガルの拠点だったが、のちにゴアへと拠点が移った。その後、オランダ、マイソール王国、イギリスなどの支配を受けた。

参考URL:コーチ(インド)
[PR]
by cluracan | 2012-02-06 20:04 | Discovery

【港・集落】 ゴア

インド西岸にある街。交易で栄えており、高価な香料や染料、宝石が産物として扱われている。また、鉄鉱石が豊富に産出する。

e0020973_12102119.jpg


ゴアはインド西海岸中部のマンドウィー河の河口にある島に位置し、天然の良港を有する。
16世紀初め イスラーム王朝のビジャープル王国の重要都市であった。
1510年2月 ポルトガル王国のインド総督アフォンソ・デ・アルブケルケが1,000人のポルトガル兵を率いて来航し、この都市を降伏させた。
1530年 ポルトガル領インドの首府はコーチンからゴアに移され、アジアの全植民地を統治するポルトガルのインド総督あるいはインド副王が駐在した。
1534年 ローマ教会の大司教座が設置され、ローマ教会において全アジアを管轄する中心となり、これを機にサンタ・カタリナ大聖堂が建設された。
17世紀初頭 ゴアはモザンビークから長崎に広がるポルトガル海上帝国の首府として「東洋のローマ」と呼ばれる黄金時代を迎えた。

参考URL ゴア州Wiki
[PR]
by cluracan | 2012-02-05 17:17 | Discovery

【港・集落】 ケープ

アフリカ南部、喜望峰近辺に作られた街。近辺は暴風域で、危険である。鉱山に恵まれた地帯で、銅や鉄のほかに金、ダイヤモンドが産出する。

e0020973_14483235.jpg


ケープタウンのこと。
ヴァスコ・ダ・ガマが1498年に喜望峰回りの欧印航路を開発して以降、この地方は欧州と東洋とを結ぶ主要航路となっていたが、喜望峰沖は航海上の難所であるにもかかわらず、ポルトガル領のルアンダとソファラ間には補給港がなく、交通の障壁となっていた。このため、オランダの東インド会社がこの地域への補給港建設を計画し、同社に所属していたヤン・ファン・リーベックが1652年にテーブル湾南岸の、現在のケープタウン中心部に入植し、ケープタウン市を建設した。

参考URL ケープタウンWiki
[PR]
by cluracan | 2012-02-04 12:34 | Discovery

【港・集落】 グランドケイマン

西インド諸島西部、ケイマン諸島最大の島にある街。難破船の船員や海賊達も住み着き始めているようだ。

e0020973_14542133.jpg


1503年 クリストファー・コロンブスにより発見され、岩と間違えるほど沢山の海亀がいた事からスペイン語で海亀を意味するラス・トルトゥガス(Las Tortugas)と命名した。
1530年頃 発見当時アメリカワニも多く生息していた事から、先住民のカリブ族の言葉でワニを意味するケイマナス(Caymanas)と言う名で呼ばれるようになり、それが現在の「ケイマン」の名の語源になっている。
1580年 海賊のフランシス・ドレイクも島に来ている。
1655年 イギリス海軍のオリバー・クロムウェルの海兵や難破船の船員が島に住むようになる。
1670年 ジャマイカに属するイギリス植民地となっていた。

参考URL グランドケイマンWiki
[PR]
by cluracan | 2012-02-04 12:28 | Discovery

【港・集落】 クチン

カリマンタン島の中部西岸に位置する街。北東にあるブルネイを本拠地とするブルネイ王国の支配下にある。クチンは現地の言葉でネコを意味する。

e0020973_1452829.jpg


大航海時代は、スルタンが統治してたようだ。
1839年8月5日 - 英国人探検家ジェームス・ブルックがサラワクのクチンに上陸。
1840年 - ジェームズ・ブルックが反乱の鎮圧に協力。
1841年 - ジェームズ・ブルックがサラワクの藩王「ラジャ」に任ぜられる。
1846年 - ブルネイから独立。

参考URL Wikiサラワク王国
[PR]
by cluracan | 2012-02-03 17:39 | Discovery

【港・集落】 クガリ

オーストラリアの東岸に位置する街。先住民の言葉で天国を意味する。南北100kmにも及ぶ砂浜や、森林地帯の内陸部に世界で最も透明度の高い湖を有するなど、天国の名を冠するに相応しい場所である。

e0020973_1592293.jpg


フレーザー島のこと。
クガリはパラダイスを意味する。島内にはバッチュラ族を始めとする600~1000人のアボリジニが住んでいたとされる。

参考URL:フレーザー島Wiki
[PR]
by cluracan | 2012-02-02 17:25 | Discovery

【港・集落】 グアム

マリアナ諸島の最南端に位置するグアム島の街。高温多湿の常夏で年中海水浴ができる。また、マゼランは世界周航の折、この地を訪れている。

e0020973_1511530.jpg


B.C.3000年~2000年頃 グアム島に人類が住み着いた。東南アジア系民族チャモロ人がマレーシアやインドネシア、フィリピンから航海カヌーに乗って移住してきたことに始まると考えられる。
1521年 マゼランがヨーロッパ人として初めてグアム島に到達。
1565年 レガスピが来島してスペインの領有を宣言し植民地となる。
1668年 サン・ビトレスを中心としたイエズス会が布教活動のため訪れるようになった。しかし、宣教師が祖霊崇拝を始めとするチャモロ人の伝統的な習慣や文化を厳しく禁止したため、不満を持つチャモロ人も多く、その不満は1669年のスペイン・チャモロ戦争として現れた。キリスト教に反抗的な村は全て焼き払われ、10万人いたとされるチャモロ人が5000人以下に激減した。そして、以降は目立った反抗は無くキリスト教文化が定着するようになったといわれている。

参考URL Wikiグアム
[PR]
by cluracan | 2012-02-01 17:29 | Discovery


大航海時代onlineの1プレイヤーの日記


by cluracan

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
Top
Diary
Company
Link
Travel
Discovery

以前の記事

2012年 12月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2009年 01月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月

フォロー中のブログ

チハ改のDOL雑記@乙鯖

メモ帳

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧