<   2012年 01月 ( 40 )   > この月の画像一覧

【港・集落】 キルワ

東アフリカのスワヒリ海岸に位置する港町。季節風にのってやってくるアラブやペルシャ商人たちの一時的な居留地として次第に発展した。

e0020973_1618076.jpg


キルワ・キシワニ島は東アフリカ沖に浮かぶ島。
9世紀 この島は商人アリ・ビン・アル=ハサン (Ali bin Al-Hasan) に売り渡され、以降の数世紀にわたり、交易の拠点たる大都市として成長を遂げた。取引されていたのは、ジンバブエからの黄金や鉄、タンザニアからの象牙や奴隷、アジアからの繊維、宝石、陶磁器、香辛料などだった。
13世紀までに、マフダリ家 (Mahdali) の支配の下で、キルワは東アフリカ沿岸部最大の都市となり、その影響力はモザンビークにまで及んだ。イブン=バットゥータは1330年頃にこの島を訪れたことに関連し、統治者 Sultan al-Hasan ibn Sulaiman の謙譲と篤信の精神を高く評価している。この時期よりあとに、フスニ・クブワ宮殿 (Palace of Husuni Kubwa) の建造や、キルワの大モスク (Great Mosque of Kilwa) の拡張が行われた。
16世紀初頭に、ヴァスコ・ダ・ガマがこの優れた国から貢物を受け取ったが、それからほどなくしてポルトガルが支配下に置いた(1505年)。1512年まではポルトガルの手にあったが、その年にアラブ商人たちに奪還された。
[PR]
by cluracan | 2012-01-30 16:19 | Discovery

【港・集落】 カンディア

クレタ島にある街。緯度がかなり低いため、気温が高い。ギリシャ神話に登場するミノス王の宮殿・ラビュリントスがあったという。オリーブ栽培と漁業が盛んなほか、高級な染料も採れる。

e0020973_1557973.jpg


イラクリオンともいう。カンディアは、ヴェネツィア、オスマン帝国占領時の呼び方。
ミノア文明の遺跡である、クノッソス宮殿がある。
9世紀 イスラーム勢力によって街が建てられたとされる。
その後、東ローマ帝国、ジェノヴァなどの支配を経た。
13世紀初頭 第4回十字軍で勢力を伸張させていたヴェネツィアの支配下におかれた。
1669年 オスマン帝国がこの都市を獲得した。

ミノア文明は、エーゲ文明のうち、クレタ島で栄えた青銅器文明のことである。伝説上のミノス王にちなみ、ミノア文明ともよばれるが、クレタ文明と呼ばれる事もある。
参考URL http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9F%E3%83%8E%E3%82%A2%E6%96%87%E6%98%8E
[PR]
by cluracan | 2012-01-30 16:04 | Discovery

【港・集落】 カレー

ドーバー海峡に面する北フランスの街。過去に幾度もイングランドとフランスの争いの種となり、頑強な要塞都市となった。産物は加工食品のほかに香料、高級織物などがある。

e0020973_1136465.jpg


古代ローマ時代から、ブリテン島を結ぶ中継地として栄えてきた。
1347年 百年戦争中、長期間の包囲の末、イングランド軍によりカレーは占領された。サン・ピエールと5人の市民が、イングランド王のエドワード3世の前に出頭し他の市民を救った。この逸話はロダンの彫刻『カレーの市民』の題材となっている。
1453年 百年戦争の敗北で、カレ-は大陸における唯一のイングランド領となり、下院に議員を送っていた。
1558年1月7日、ギーズ公フランソワがイングランドからカレーを奪還した。
16世紀末 一時スペイン領となる。
1598年 ベルバン条約によってフランスに返還された。

古代ローマ時代から、ブリテン島を結ぶ中継地として栄えてきた。百年戦争中の1347年、長期間の包囲の末、イングランド軍によりカレーは占領された。サン・ピエールと5人の市民が、イングランド王のエドワード3世の前に出頭し他の市民を救った。この逸話はロダンの彫刻『カレーの市民』の題材となっている。百年戦争の敗北で、1453年以降カレ-は大陸における唯一のイングランド領となり、下院に議員を送っていた[2]。1558年1月7日、ギーズ公フランソワがイングランドからカレーを奪還した。16世紀末には一時スペイン領となるが、1598年にヴェルヴァン条約によってフランスに返還された。

参考URL:カレー(フランス) wiki
[PR]
by cluracan | 2012-01-29 14:56 | Discovery

【港・集落】 カルカッタ

ベンガル湾に面する河口の街。東南アジアへ向かう際の重要な拠点で、中国からの商品も扱われる。高級な繊維や、宝石などが流通する。

e0020973_10233610.jpg


コルカタのこと。
1530年頃 ポルトガル人が東西通商の新拠点を求め、ガンジス河の分流、フーグリー河を遡ってきた。
17世紀末 イギリス東インド会社の交易拠点が設けられ、まもなくウィリアム要塞の建設が始められ、スターナティー、ゴーヴィンドプル、カーリカタの三村の徴税権が購入された。この地域がのちのコルカタのもととなった。

The discovery and archaeological study of Chandraketugarh, 35 kilometres (22 mi) north of Kolkata, provide evidence that the region in which the city stands has been inhabited for over two millennia.Kolkata's recorded history began in 1690 with the arrival of the English East India Company, which was consolidating its trade business in Bengal. Job Charnock, an administrator who worked for the Company, is traditionally credited as the founder of the city; in response to a public petition, the Calcutta High Court ruled in 2003 that the city does not have a founder.The area occupied by the present-day city encompassed three villages: Kalikata, Gobindapur, and Sutanuti. Kalikata was a fishing village; Sutanuti was a riverside weavers' village. They were part of an estate belonging to the Mughal emperor; the jagirdari (a land grant bestowed by a king on his noblemen) taxation rights to the villages were held by the Sabarna Roy Choudhury family of landowners, or zamindars. These rights were transferred to the East India Company in 1698.
In 1712, the British completed the construction of Fort William, located on the east bank of the Hooghly River.Facing frequent skirmishes with French forces, the British began to upgrade their fortifications in 1756. The Nawab of Bengal, Siraj ud-Daulah, protested the militarisation. His warning went unheeded, and the Nawab attacked; he captured Fort William and instigated the gruesome killings of British prisoners of war in the Black Hole of Calcutta.A force of Company soldiers (sepoys) and British troops led by Robert Clive recaptured the city the following year.Declared a presidency city, Calcutta became the headquarters of the Bengal Presidency. Calcutta was named the capital of East India Company controlled territories of India in 1772; beginning in 1864, the hill station of Shimla served as administrative capital during summers.In the early 19th century, the marshes surrounding the city were drained; the government area was laid out along the banks of the Hooghly River. Richard Wellesley, Governor-General of India between 1797 and 1805, was largely responsible for the development of the city and its public architecture.Throughout the late 18th and 19th century, the city was a centre of the East India Company's opium trade.

[機械翻訳]
発見とChandraketugarhの考古学研究では、35キロ(22マイル)西ベンガル州の北は、2つ以上millennia.Kolkataの記録された歴史は、イギリス東インドの到着と1690年に始まったために市が立っている領域が生息していることを証拠を提供するベンガルでの貿易事業を統合した会社。仕事ノック、会社で働いていた管理者は、伝統的に街の創始者としてクレジットされています。公共の申立てにより、カルカッタ高等裁判所は、2​​003年に支配した街が存在するが占有founder.The面積を持っていないことKalikata、Gobindapur、とSutanuti:日市は3村を包含する。 Kalikataは漁村であった。Sutanutiは川辺織村であった。彼らは、ムガール帝国皇帝に属する不動産の一部であった。村へjagirdari(彼の貴族で、王を授けた土地の助成金)の課税権はSabarnaロイチョードリーの地主の家族、またはzamindarsで開催されました。これらの権利は、1698年に東インド会社に移した。
1712年に、イギリスはフランス軍とフーグリ川River.Facing頻繁に小競り合いの東岸に位置するフォートウィリアムの建設を完了し、イギリスは1756年に彼らの要塞をアップグレードするようになりました。ベンガルのナワブ、スィラージUD-Daulahは、軍事化に抗議した。奪還街を、彼はフォート·ウィリアムを捕獲し、会社の兵士のCalcutta.A力(sepoys)のブラックホールでの戦争のイギリスの囚人の陰惨な殺害を扇動し、ロバート·クライブ率いるイギリス軍が、彼の警告は見過ごさ行き、ナワブは、攻撃大統領都市をyear.Declared以下、カルカッタはベンガル議長の本部となった。カルカッタは、1772年にインドの東インド会社の制御地域の首都に選ばれました。1864年に始まり、シムラーの丘駅は、19世紀初頭をsummers.In中に行政首都を務め、街を囲む湿地は、排水された、政府の領域であったフーグリ川川の土手に沿ってレイアウト。リチャード·ウェルズリー、1797年と1805年の間にインドの総督は、18世紀後半から19世紀architecture.Throughout市とその公開の開発のための主に担当していました、この都市は東インド会社のアヘン貿易の中心だった。

参考URL:Kolkata wiki
[PR]
by cluracan | 2012-01-29 14:49 | Discovery

【港・集落】 カルヴィ

ジェノヴァの南にあるコルシカ島の街。コルシカ島は、古代ローマ時代から、複数の勢力の争いの場となってきた。この街は、ジェノヴァが築いた。

e0020973_9583130.jpg


カルヴィはローマ以前からフォカイア、ギリシャ、エトルリアなどの海洋民族が行き交う海上交通の要所。
1268年 ジェノヴァがこの地を奪い支配。
15世紀 探検家クリストファー・コロンブスがこの地で生まれたという説がある。

Préhistoire
Les fouilles archéologiques, conduites le long du cordon littoral et dans l’arrière-pays, montrent que la baie fut occupée dès l’époque néolithique (5 000 à 2 500 ans avant JC). Les vestiges découverts indiquent les principales localisations : la plage de l’Alga, Raccu, la presqu’île de la Revellata pour le bord de mer, et plus en retrait, le plateau de la Serra et la Grotta Agnellu, les deux sites les plus importants de la préhistoire de la ville.
Dans son ouvrage La Corse dans l'Antiquité et le Haut Moyen Âge, l'historien Xavier Poli s'est penché sur la période des origines de la Corse à l'expulsion des Sarrasins au xiie siècle qu'il dit avoir été particulièrement négligée. De l'auteur : « L'État territorial de la Corse ancienne a été constitué par quatre groupes ethniques : les hommes des monuments mégalithiques, les Libyens ou Ibères, les Ligures et les Colons. ... Les Ligures se sont introduits en Corse par le Nord. Il est à présumer qu'ils ont conquis l'arrondissement de Calvi sur les hommes des dolmens et la partie de la côte orientale, au N. du Fiumorbo, sur les Corsi. »1

Antiquité
Avec l’Empire romain, la paix favorise les échanges entre les cités maritimes. Abri pour les flottes marchandes, Calvi devient aussi une base stratégique. La cité compte alors quatorze centuries, divisions militaires et politiques de cent hommes, commandées par des vétérans. L’urbanisation de la ville s’adapte au développement, nécessitant la nomination d’un praeses, autrement dit un préfet, pour son administration. Dès lors, rien de surprenant qu’au iie siècle de l'ère chrétienne, le géographe alexandrin Ptolémée (90-168) désigne Calvi comme « le port le plus célèbre de l’île ».
Sur ses cartes, le géographe mentionne le nom « Cæsiæ littus », qui est identifié à la plaine du golfe de Calvi par les historiens, et celui de « Cæsiæ » est à identifier avec la plage du golfe de Calvi2. De même, le nom « Palania » (variante « Palanta ») aux coordonnées 30° 20' long. 40° 45' lat. est aujourd'hui la Balagne.

Moyen Âge
Au cours de la deuxième moitié du xiiie siècle, une guerre entre seigneurs amena l'édification de la Haute ville. En 1278, Calvi se confédère avec Gênes. Sa fidélité sera constante. En 1284, par une victoire navale devant l'îlôt de la Meloria, les Génois mettent fin à la puissance navale et politique des Pisans. Les uns après les autres, les seigneurs corses rendent foi et hommage à la République de Gênes mais, en 1297, Boniface VIII met un terme à cet assujettissement en accordant l'investiture de l'île au roi d'Aragon. Après un bref passage sous la domination du roi Alphonse V d'Aragon, Calvi passe en 1453 sous le contrôle de l'Office de Saint Georges qui l'entoure de solides murailles d'une citadelle, notamment pour se protéger d'éventuelles attaques de Pise.
Calvi, l’une des principales places de Corse au début du xvie siècle, a été la résidence du gouverneur génois de 1544 à 1548.

Temps modernes
Au xvie siècle, après la mort de Rinuccio della Rocca, dernier seigneur souverain de la Rocca, toute l'île passe sous le pouvoir direct de Gênes et son administration. La justice est rendue par le gouverneur et par d'autres fonctionnaires, au nombre variable suivant les époques, portant le titre de commissaire ou de lieutenant. Dans une certaine mesure, les Calvais pouvaient concourir à l'administration de la justice : « le commissaire que la République envoyait à Calvi était assisté, en matière civile, de trois « consuls » tirés au sort périodiquement (tous les six mois, puis tous les trois mois) dans une liste — un bussolo — de trente-six membres élus par les Calvais eux-mêmes. Le tribunal n'était composé de la sorte que pour les procès entre Calvais, et même les consuls jugeaient seuls et sans l'assistance du commissaire les procès champêtres ; pour les causes dans lesquelles intervenaient des gens étrangers à Calvi, le commissaire jugeait seul » - Colonna De Cesari-Rocca.

[機械翻訳]
先史時代
沿岸地帯に沿って内陸に行った考古学的発掘、ベイは新石器時代(5000から2紀元前500年)から占領されたことを示している。アルガ、Raccu、海辺にRevellataの半島、さらに戻って、セラとグロッタAgnelluの高原、つのサイトのほとんどのビーチ:残る主な位置を示しました町の先史時代に重要である。
古代と中世の著書のコルシカ島では、歴史家ザビエルPoliさんは、彼が特に無視されてきたと主張する12世紀のサラセン人の追放にコルシカ島の起源の期間を見ました。作者:男性巨石のモニュメント、リビアやイベリア、Liguriansと開拓者: "コルシカ島の元の領土の状態は、次の4つの民族によって形成された。 ... Liguriansは、北米でコルシカ島に導入されました。おそらく彼らはN.で、支石墓と東海岸の一部の男性にカルヴィの街を征服しましたコルシにFiumorbo、。 "

古代
ローマ帝国では、平和は、海上都市間の交流を促進します。商人の艦隊のためのシェルターは、カルヴィにも戦略的な基礎になります。市はその後14世紀に、ベテランによって命じ百男性の軍事的、政治的分裂をしています。都市の都市化がpraesesの任命を必要とする、開発に適応する、すなわち彼の政権のために知事。したがって、紀元2世紀その驚くべき、アレクサンドリアの地理学者プトレマイオス(90から168)カルビとして参照する "島の最も有名なポートに接続します。"
そのマップでは、地理学者は歴史家によってカルヴィ湾の平野で識別される名前 "Cæsiælittus"と、 "Cæsiæ" Calvi2湾のビーチで識別することであるのそれを言及している。同様に、名前の座標30 "Palania"(代替 "Palanta»)°20 '長い。 40°45 '緯度。今日はBalagne。

中世
13世紀の後半​​に、大名間の戦争は、ハイ·シティの建設を主導した。 1278年には、カルヴィはジェノヴァと同盟した。彼の誠実さは一定になります。 1284年に、アイランドボディMeloriaの前に海軍の勝利は、PisansのGenoa海軍力と政治を終了します。相次いで、コルシカ島の領​​主は、ジェノヴァ共和国に忠誠を行いますが、1297年には、宿屋の主人VIIIは、アラゴンの王に島の叙任権を付与することにより、この報道に終止符を打つ。アラゴン王アルフォンソVの支配下に短いスティントの後、カルヴィは、可能性のある攻撃から身を守る含む砦の固体壁を、周囲のセントジョージの事務所の監督の下で1453年に通過しピサ。
カルビ、16世紀初頭のコルシカ島の主要な広場のひとつは、1544年から1548年にジェノヴァ総督の住居であった。

モダン·タイムス
16世紀では、Rinuccioラロッカ、ロッカの最後の君主の死の後、島はジェノヴァとその管理の直接の権限下に来た。正義は、知事や他の当局者によって管理され、時間に応じてさまざまな数の、スタイルのコミッショナーまたは中尉。ある程度、Calvaisは、司法のすべて、定期的に描かれた領事 "(半年ごとに、"カルヴィで送信共和国は、民事事件では、3を助けたことを委員会 "を支援することができリスト内の3ヶ月) - Bussolo - 三〇から六メンバーはCalvais自身で選出した。裁判所は、いわゆる "Calvaisの間で訴訟のように構成され、さらに領事は外国人が関与された例カルビの人々のために、単独で試験委員の田舎の支援なしで感じ、のみ考慮された委員 - コロンナ·チェ​​ザーリ·デ·ロッカ。

参考URL:Calvi wiki
[PR]
by cluracan | 2012-01-29 14:40 | Discovery

【港・集落】 カリビブ

南アフリカ西岸にある街。小さな街で農業・漁業が中心だが、近辺に鉱山があり、銅や亜鉛のほかダイヤモンドが産出する。

e0020973_17143362.jpg


ウォルビスベイのことであろうか。
ウォルビスベイの北東にカリビブという名前の都市が存在している。

もともとウォルビスベイがあるウォルビス湾は、1487年12月8日にバルトロメウ・ディアスが航海中に発見し「O Golfo de Santa Maria da Conceição」と名づけたものである。しかしポルトガルはこの地に対し領有権を主張しなかった。

参考URL:ウォルビスベイ
[PR]
by cluracan | 2012-01-28 21:27 | Discovery

たれぞうです

ペットは、ペットの元になる生物のクエストをクリアした後に、ペットクエをクリアすればOKです。

ゾウガメのペットクエ。
e0020973_225354.jpg


クエストクリア!!
e0020973_22534877.jpg


調教師のところに行って、名前をつける。
e0020973_22541594.jpg


エサを上げれば呼び出せるんだけど、エサがない場合はアパルタメントで待機してます。
e0020973_2255834.jpg


これからも、僕とたれぞうをよろしくね。
[PR]
by cluracan | 2012-01-27 22:56 | Diary

【港・集落】 カリカット

インド西岸にある大都市。中国~南インド~アラビア交易で栄え、富裕な商人が多い。香辛料や茶、染料、宝石など、ヨーロッパで高く売れる商品が流通している。

e0020973_15471398.jpg


ムスリム商人の寄港地となり、旅行家イブン・バットゥータも立ち寄っている。
1407年 明朝の鄭和がカリカット(古裏)に寄航している。
1498年 アフリカ東岸のマリンディを出発したヴァスコ・ダ・ガマが来航し、その後、オランダやイギリスが支配した。インド綿織物の輸出港として知られ、キャラコの語源ともなった。

参考URL:カリカットWiki
[PR]
by cluracan | 2012-01-27 22:28 | Discovery

【港・集落】 カリアリ

サルデーニャ島の南部にある街。地理的に多くの勢力の争いに巻き込まれやすく、支配勢力が次々に変わった。その結果、さまざまな文化が共存する街となった。

e0020973_1529596.jpg


カラリス(Karalis、古代ギリシャ語:Kalares、ラテン語:Càralis)の名。

古代
カリャリは古代より人が定住していた。海と肥沃な平野に挟まれた好ましい状況が占め、周囲を2箇所の湿地に囲まれていた(これは内陸からの敵の攻撃を防御するのに適していることを示す)。そして高く緑の多い山地に近接していた(もし何もかも失っても人々は定住地を立ち退くことが可能だった)。先史時代の住民のいくつかの証拠は、モンテ・クラーロとサンターリア岬で見つかっている。
カラリス(Karalis、古代ギリシャ語:Kalares、ラテン語:Càralis)の名で、紀元前7世紀頃、ティルスをつくったフェニキア人が、サルデーニャ島での貿易植民地の一群の一つとしてカリャリをつくった(その他にはスルキス、ノーラ、タロスがあった)。定住地の基盤は明確にカルタゴ人へあてがわれた(パウサニアス x. 17. § 9; クラウディアヌス, B. Gild. 520)。優れた港であるのと同様に、アフリカ大陸との通信にうってつけの位置であったためである。ローマ人に征服されたのも、同じ重要な条件のもとでローマの政権が行ったと推測されるのは疑いもない。島をローマが征服した時期についての記載は何も見つかっていない。しかし第二次ポエニ戦争の間、プラエトルであったマンリウスの本部が島に置かれていた。彼はハンプシコラとカルタゴ人に対抗する作戦に従事していた(リウィウス xxiii. 40, 41)。その他の機会に現れたのは、島のローマ海軍主要基地としてで、プラエトルの住居があった(Id. xxx. 39)。
歴史家フロルスは、カラリスをウルブス・ウルビヌム(urbs urbinum)またはサルデーニャの首都と呼んだ。彼はウルブス・ウルビヌムがグラックス兄弟によって攻略され厳しく懲罰を加えられたと描いている(ii. 6. § 35)。しかしこの文書はすっかりリウィウスによって与えられた記事と食い違っている。サルデーニャでのグラックスの戦争は、都市がローマへの忠誠を表したもので、反乱は山岳地帯の部族を封じ込めたのである(xli. 6, 12, 17)。ユリウス・カエサルとポンペイウスが争ったローマ内戦では、カラリス市民は初めカエサルに賛同した。その後すぐサルデーニャ諸都市もそれにならった(Caes. B.C. i. 30)。カエサル自身はアフリカ大陸からの帰還の途中、自身の船団をこの地に寄港させた(Hirt. B. Afr. 98.)。わずか数年後、サルデーニャがポンペイウスの部下メナスの手に陥落した後、カラリスはどんな抵抗運動も示す島唯一の都市となった。しかし、短期間の包囲戦で陥落した(カッシウス・ディオ xlviii. 30.)。
ローマ帝国時代に歴史上何が起きたか記載がないが、引き続きカラリスは島の首都であったとみなされる。そしてローマ植民地とならなかったことで、住民はローマ市民の権利を獲得した(大プリニウス iii. 7. s. 13; ストラボン v. p. 224; ポンポニウス・メラ, ii. 7; アントニーニ・イティネラリウム pp. 80, 81, 82, )。西ローマ帝国滅亡後、サルデーニャ島の残りと共に、カラリスはヴァンダル族の手に陥落した。しかし、中世を通じてその重要性は維持されたことがわかっている。
クラウディアヌスは、岬または土地の先端へ向かって都市の長さが伸びたとして古代都市について記述している。都市の突出は、カラリス港を敵から隠すためにあった。大規模艦船のために良い停泊地が好まれた。そのうえ、唯一の良く隠された道路が固定され、スタニョ・ディ・カリャリ(Stagno di Cagliari)と呼ばれる大規模塩湖または潟がカラリスと接続した。塩湖は狭い地峡で湾と行き来ができ、カラリスの内港または係船地として古代から用いられてきたとクラウディアヌスは記述している(クラウディアヌス. B. Gild. 520-24.)。カラリスと接続した岬は明らかに、プトレマイオス(Κάραλις πόλις καὶ ἄκρα)によって注目されていた。しかし、大プリニウスのカラリタヌム・プロモントリウム(Caralitanum Promontorium)は、先端(現在のカルボナーラ岬。カリャリ湾の東の境となっている)以外の土地を記述せず、島全体の南東端にあったとする。現在はカヴォリ島と呼ばれる小さなフィカリア島のことだろう(大プリニウス、 l. c.; Ptol. iii. 3. § 8)。

カリャリのジュディカーティ
ヴァンダル族支配の後に立ち替わって、東ローマ帝国が台頭し、カリャリは判事(giudicato)が支配する独立王国の首都となった。しかし、外部支配からの自治時代に関するいくつかの痕跡があるが、市は荒廃してしまった。海からのムーア人海賊による攻撃にさらされすぎたためであった。明らかに、多くの住民がカリャリを離れ、カリャリ西のサンタ・ジッラ湿地に近接する一帯にサンタ・イジアという名の新たな定住地をつくったが、ここは海から遠かった。カリャリのジュディカーティは、カンピダーノ平野の広域からなり、スルキスとオリアストラ山岳地帯の鉱物資源があった。その他に自治権を持つジュディカーティは、北西のログドーロ、北東のガッルーラ、アルボレアであった。

11世紀
11世紀の間、ピサ共和国が南東のスルキスをあらかじめ攻略し、カリャリのジュディカーティを征服して町そのものを再建した。ピサは中世に地中海の覇権を争った4つある海洋共和国の一つであった。ピサとジェノヴァ共和国はサルデーニャ支配を熱望した。それはイタリア本土と北アフリカ間の通商路を押さえる完璧な軍事的要所であったからだった。
防衛施設のいくつかは、今もカリャリのカステッロ地区を取り巻いている。これらに含まれるのでよく知られているのは、ピサによって建設された白い石灰岩の2本の塔で、ジョヴァンニ・カプラによって設計された(原型は、地区と往来できる3つの門を守る3本の塔だった)。 カステッロ地区と共に、カリャリはマリーナ地区(港湾を含む)、スタンパチェ地区、ヴィッラノーヴァ地区からなる。マリーナ地区とスタンパチェ地区は城壁によって守られていた。ヴィッラノーヴァ地区は主として農民が住んでいたため、城壁はなかった。
1089年、カリャリの判事であったコンスタンティーノ・トルキトーリオは、『カリャリ判事およびカリャリ王』(rex et iudex Caralitanus)を名乗った。

14世紀
14世紀、アラゴン王国がピサとの戦いの後にカリャリを征服した。そしてサルデーニャ全土征服の計画を進めた。サルデーニャがついにアラゴン支配下に入ったとき、カリャリ(スペイン語及びカタルーニャ語ではCàller)はサルデーニャ副王国の行政首都とされ、後にはスペイン帝国支配下に入った。スペイン支配に大勢が同調したことが、カリャリとサルデーニャ島の衰退を招いた。

18世紀
1720年、オーストリア・ハプスブルク家の事実上の支配後、カリャリとサルデーニャはサヴォイア家のものとなった。サルデーニャの支配者として、サヴォイア家はサルデーニャ王の称号を使用した。サルデーニャ王国は、サヴォイアとニース、ピエモンテ、リグーリアが含まれていた。王国の首都は名目上カリャリに置かれたが、サルデーニャという名にもかかわらず、事実上サヴォイア家の本拠地である本土のトリノに置かれた。
18世紀終盤のフランス革命以後、フランスは地中海の要所であるカリャリを征服しようとした。フランス軍はポエットの海岸に上陸し、カリャリへ進軍した。しかしサルデーニャ軍がフランス軍を退け、革命軍に対して王国の防衛を決定づけた。カリャリの人々は、町をフランスから守った見返りとしてサヴォイア家からいくらかの利権をもらおうと期待した。例えば、カリャリの貴族は王国議会のサルデーニャ代表議員の地位を望んだ。王家がサルデーニャ島側への利権全てを拒むと、カリャリ住民はサヴォイア家に対して蜂起し、ピエモンテからやってきた王家を代表する官僚や出身者を追放した。この暴動は、4月最後の週にディエ・デ・サ・サルディーニャ("Die de sa Sardigna"、サルデーニャの日)としてカリャリで祝われてきた。しかし、サヴォイア家は事実上の自治支配後にカリャリ支配を奪還した。

参考URL:カリヤリWiki
[PR]
by cluracan | 2012-01-26 22:34 | Discovery

【港・集落】 カラカス

南米東岸、マラカイボの東に位置する街。街の名前はこの地に住んでいたカリブ人・カラカス人に由来する。

e0020973_15254141.jpg


スペイン人の到達以前のこの地はカリブ系のカラカス族の土地であり、都市は存在しなかった。
スペイン人の征服者がこの地を訪れると先住民は頑強に抵抗し、特にテケス族の指導者の指導者グアイカイプーロに率いられた軍団は頑強に抵抗を続けたが、1567年にスペイン人の征服者ディエゴ・デ・ロサーダが、先住民との戦争の最中にサンティアゴ・デ・レオン・デ・カラカス (Santiago de León de Caracas) という名でこの街を建設した。カラカスの名は、この地に住んでいたカリブ人の一部族、カラカス人からとられた。
17世紀に入り、先住民の抵抗が排除されるとスペイン植民地時代にカラカスはベネズエラの中心になった。植民地時代のカラカスはイギリス海賊に幾度となく襲撃され、1594年には海賊の放った火で全焼した。その後カラカスの再建は進んだが1641年に地震で再び壊滅し、以降18世紀まで停滞が続いた。
スペインの制海権喪失やユトレヒト条約(1713年)により、ベネズエラとオランダ、イギリスの密輸が横行するようになると、1728年にフェリペ5世はこの密輸を取り締まるために、バスク人商人の資本でカラカス王立ギプスコア会社を設立した。会社にはスペインとの貿易特権が認められ、ベネズエラ経済の拡大の一翼を担う存在となった。1777年にカラカスはヌエバ・グラナダ副王領内のベネズエラ総監領の首府となり、1786年にはイスパニョーラ島のサントドミンゴのアウディエンシアから独立する形でカラカスにアウディエンシアが設立された。1800年にアレクサンダー・フンボルトがカラカスを訪れた際の人口は40,000人から45,000人に達し、市民の半数以上が有色人種だった。1808年には初めて印刷機が導入され、同年ベネズエラ初となる新聞が刊行された。

参考URL:カラカスWiki
[PR]
by cluracan | 2012-01-25 18:23 | Discovery


大航海時代onlineの1プレイヤーの日記


by cluracan

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
Top
Diary
Company
Link
Travel
Discovery

以前の記事

2012年 12月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2009年 01月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月

フォロー中のブログ

チハ改のDOL雑記@乙鯖

メモ帳

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧