カテゴリ:Discovery( 179 )

【港・集落】 ロッブリー

チャオプラヤ川流域の街。10世紀までラウォーと呼ばれていた。クメール系モン人たちの都市として知られた後に、アユタヤの重要都市として栄えた。

e0020973_21185694.jpg


ロッブリーの歴史はタイ族南下以前に遡ることができる。
ロッブリーは6世紀から11世紀にかけて存在したドヴァーラヴァティ時代にすでに都市が開発され、ラウォと呼ばれていた。
その後クメール王朝がこのロッブリーを領有したが1115年(タイ仏暦1658年)と1155年(タイ仏暦1198年)の二回、中国と交易をするための大使を送るため一時的に独立させた。
その後1289年(タイ仏暦1832年)にも独立したが、すぐにスコータイ王朝の支配下に入った。
17世紀、アユタヤー王朝のナーラーイ王はオランダの侵攻を恐れ、すぐにでも遷都できるよう、ロッブリーを副都に定めた。

参考URL:ロッブリー県Wiki
[PR]
by cluracan | 2012-05-08 21:23 | Discovery

【港・集落】 ルン

バンダ諸島の西部に存在するルン島の街。ナツメグの産地であり、交易の中心として注目されている。

e0020973_18293060.jpg


Run (also known as Pulo Run, Puloroon, or Rhun) is one of the smallest islands of the Banda Islands, which are a part of Indonesia. It is about 3 km long and less than 1 km wide.
In the 17th century, Run was of great economic importance because of the value of the spices nutmeg and mace which are obtained from the nutmeg tree (Myristica fragans), once found exclusively in the Banda Islands. During the history of the spice trade, sailors of the English East India Company of the second expedition of James Lancaster, John Davis and John Middleton who stayed in Bantam on Java, first reached the island in 1603 and developed good contacts with the inhabitants.
On December 25, 1616,[2] Captain Nathaniel Courthope reached Run to defend it against the claims of the Dutch East India Company. A contract with the inhabitants was signed accepting the James I of England as sovereign of the island. As a result, Run is considered to be the first English overseas colony. After four years of siege by the Dutch and the death of Nathaniel Courthope in an attack in 1620, the English and their local allies departed the island.
According to the Treaty of Westminster ending the First Anglo-Dutch War of 1652–1654, Run should have been returned to England. The first attempt in 1660 failed because of formal constraints by the Dutch; after the second attempt in 1665 the English traders were expelled in the same year, and the Dutch destroyed the nutmeg trees.
After the second Anglo-Dutch War of 1665–1667, England and the United Provinces of the Netherlands agreed in the Treaty of Breda to the status quo: The English kept the island of Manhattan, which the Duke of York (the future James II, brother of Charles II), had occupied in 1664, renaming the city on that island from New Amsterdam to New York; while in return Run was formally abandoned to the Dutch. The Dutch monopoly on nutmeg and mace was destroyed by the transfer of nutmeg trees to Ceylon, Grenada, Singapore and other British colonies in 1817, after the capture of the main island, Bandalontor, in 1810 by Captain Cole, leading to the decline of the Dutch supremacy in the spice trade.

[機械翻訳]
(また、Puloラン、Puloroon、またはRhunとして知られている)を実行するには、インドネシアの一部であるバンダ諸島、最小の島の1つである。それは約3キロの長さ未満で1キロ幅です。
17世紀には、Runは大きな経済的重要性のため、一度バンダ諸島でのみ見つかったナツメグの木(ニクズク属fragans)から得られたスパイスナツメグとメースの値であった。スパイス貿易の歴史の中で、Javaでバンタムにとどまったジェームズ·ランカスター、ジョン·デイビス、ジョン·ミドルトンの第二の遠征のイギリス東インド会社の船員は、最初の1603年に島に到達し、住民との良好な接触を開発しました。
1616年12月25日に、キャプテンナサニエルコートープに達した[2]は、オランダ東インド会社の主張に対してそれを守るために実行します。住民との契約は、島の主権としてのイングランドのジェームズ私を受け入れて署名された。結果として、実行は、最初の英語の海外植民地と見なされます。オランダ語による包囲と1620年に攻撃ナサニエルコートープの死の4年後、英語と地元の同盟国は島を出航。
1652-1654の最初の英蘭戦争を終了ウェストミンスター条約によると、Runはイギリスに戻されている必要があります。 1660年の最初の試みがあるため、オランダによる正式な制約のために失敗しました。1665回目の試行後、英語のトレーダーは、同じ年に追放され、オランダでは、ナツメグの木を破壊された。
1665-1667第二の英蘭戦争後、イギリスとオランダの連合州は、現状にブレダ条約で合意された英語は、マンハッタン島、ヨーク公爵(将来のジェームズ2世は、保持チャールズ二世の弟)、名前の変更、1664年にニューアムステルダムからニューヨークへの島の都市を占領した。正式にオランダ語に放棄されたリターンを実行中に。ナツメグとメースオランダの独占は衰退につながる、キャプテンコールによって1810年に本島、Bandalontor、捕獲した後、1817年にセイロン、グレナダ、シンガポール、他の英国の植民地にナツメグの木の移動によって破壊されたスパイス貿易のオランダの覇権。

参考URL:Run_(island) Wiki

インドネシア専科 オランダ支配史
[PR]
by cluracan | 2012-05-07 18:44 | Discovery

【港・集落】 ルアンダ

ごく最近開拓されたばかりの街。十分な水深と、輸送が容易な地形に恵まれた、優れた交易港である。農作物と木材、宝石が豊富に流通する。

e0020973_2254318.jpg


ルアンダは1575年にサン・パウロ・デ・ルアンダ (São Paulo de Luanda) として、パウロ・ディアス・デ・ノヴァイスの率いるポルトガル人によって植民され、アフリカ黒人奴隷の重要な輸出港となった。
1641年オランダの西インド会社軍によって占領されたが、
1648年にはブラジル植民地軍によって奪回されている。奴隷供給源の喪失はブラジル植民地にとって大打撃だったからである。

参考URL:ルアンダWiki
[PR]
by cluracan | 2012-04-25 22:53 | Discovery

【港・集落】 リューベック

かつて、ハンザ同盟の中心都市として、「ハンザの女王」と呼ばれた街。非常に繁栄していたが、近年はアムステルダムなどに押されて、かつての勢いはない。鉱山資源が豊富にあるほか、塩が特産である。

e0020973_22403950.jpg


バルト海に面する北ドイツの代表都市。かつてはハンザ同盟の盟主として繁栄を誇った。正式名称をハンザ都市リューベック(Die Hansestadt Lübeck)という。

1143年、ホルシュタイン伯のアドルフによって建設された。
一旦火事で荒廃したものの、ザクセンのハインリヒ獅子公によって再建された。北海・バルト海交易で一時期独占的な地位を築いたハンザ同盟の盟主でもあった。リューベック商人は、ノルウェーのベルゲンに商館を築き、ノルウェーの鱈を南に売却して大きな利益をあげた。また、リューネブルクの岩塩をおさえたことで、塩漬け鰊(ニシン)でも独占的な地位を誇った。近世にはいると、ハンザ同盟の衰退とともに、リューベックも衰退していった。

参考URL:リューベックWiki
[PR]
by cluracan | 2012-04-24 22:43 | Discovery

【港・集落】 リマ

ヨーロッパ人がインカ帝国調査の足掛かりとして作った開拓地。数多くの航海士がこの街を訪れ、交易の拠点ともなっている。

e0020973_2105654.jpg


インカ帝国の支配が及ぶ前の先コロンブス期には既に現在のリマの場所にはいくつかのアメリカンインディアンのグループが居住していたと考えられており、大地神パチャカマックを信仰するイチマ文化を形成していた。
3世紀から8世紀ごろにかけてルリン河谷のパチャカマを中心に発展したもので、この地にはいくつかの独特な遺構が残されている。
インカ時代に入ると巨大な太陽神殿や月の館が建設され、宗教的な中心地の役割を果たすようになった。
1535年1月18日に、インカ帝国を征服したスペイン人のフランシスコ・ピサロらコンキスタドーレス一行は、リマック川右岸のリマの首長、タウリチェスコの館で、スペイン式の儀式に基づいて「副王たちの都」("La Ciudad de los Reyes")を創設した。場所の選定として最初はアンデス山脈中腹のハウハが候補に上ったが、高度と海路交通の不便さなどから見送られ、太平洋に面したリマク川の畔のリマの地が選定された。
1542年にリマはペルー副王領の首都に指定され、ヌエバ・エスパーニャ副王領のメヒコ市と共に、それまでのイスパニョーラ島のサント・ドミンゴに代わってアメリカ大陸におけるスペイン植民地支配の中心地となった。
16世紀から17世紀を通して、リマはスペインによる南米植民地支配の拠点として、アルト・ペルーのポトシや銀山の銀がヨーロッパに輸出されるための中継地点となったことで栄えた。
1551年には南米最古の大学であるサン・マルコス大学が創設された。
1614年には人口は25,000人を数えており、リマの発達と共に都市文化が栄え、サン・フランシスコ教会やトーレ・タグレ邸などの華やかな建築物が建造された。
1687年と1746年の大地震は多くの建築物を破壊したが、リマの栄華は失われなかった。
1761年に着任した副王アマトは大規模な都市計画や演劇の振興を行い、知識人の文化が栄えた。一方リマにはアフリカから連行された奴隷や、都市に流入した先住民系の住民、メスティーソなどの人々も存在し、白人上流階級の文化とは別に彼等独自のクレオール文化が育まれた。

参考URL:リマWiki
[PR]
by cluracan | 2012-04-23 21:06 | Discovery

【港・集落】 リスボン

フェニキア人によって築かれた、古い街。イスラム勢力に支配された時期に大きく発展して、重要な港として栄えるようになった。西ヨーロッパでもっとも美しい街だとされる。良質の陶磁器が製造されている。

e0020973_2029014.jpg


リスボンは古代からフェニキア人(カルタゴ人)などにより港として利用されてきた。当時はフェニキア語でアリス・ウボと呼ばれた。紀元前のギリシア人の集落跡が出土している。大プリニウスは『博物誌』でリスボンの創健者をオデュッセウスであるとしている。
紀元前205年にローマの支配下に入り、オリピソの名で知られる。
紀元前48年にはガイウス・ユリウス・カエサルによりローマ都市の資格を与えられ、フェリキタス・ユリアと改名。属州ルシタニアの首都となった。
719年にイスラム教徒であるムーア人に占領される。
以後1147年に最初のポルトガル国王アフォンソ1世がイスラム教徒より支配権を奪うまでイスラム教徒に支配された(リスボン攻防戦)。
1260年には、アフォンソ3世がコインブラから遷都し、ポルトガル王国の首都となった。
12世紀にはパドヴァのアントニオがリスボンから出た。この修道士がしばしばリスボンのアントニオとも呼ばれるのはこのためである。パドヴァのアントニオはポルトガルの守護聖人のひとりとみなされている。
15世紀はじめには大航海時代の幕開けとともに、世界貿易の中心都市となって35万人の人口を有し、当時の世界最大級の都市となった。
しかし1531年にはリスボン地震で被害を受け、
また1569年にはペストにより6万人の死者を出した。
1755年、リスボン大地震で市民の3分の2にあたる約6万人の死亡者を出した(地震の被害者総計は約9万人から10万人といわれる)。市内は津波と火災により多くの家屋も損傷し、リスボン市のみならずポルトガルの国内経済にも影響を与える甚大な被害を受けた。市内はのちにポンバル侯爵の設計で再建された計画都市となった。

参考URL:リスボンWiki
[PR]
by cluracan | 2012-04-23 20:33 | Discovery

【港・集落】 リガ

13世紀初めに、ドイツ騎士団によって築かれた街。バルト海に面しており、ロシア地方との重要な交易拠点。重要な産物は多種の鉱物と羽毛である。

e0020973_14505098.jpg


リガの記録は既に2世紀には見られる。長くヴァリャーグによる東ローマ帝国への交易ルートとして、ダウガヴァ川は古来より利用されており、河口から15キロに広がるリガは、天然の良港であった。リガという名称もリヴォニア語の「円」という意味から由来する、とされる。(港の形状が円形だった。)
12世紀までには交易だけでなく漁業や畜産の拠点となり、ドイツ人商人の入植も12世紀半ばから盛んになる。
教皇インノケンティウス3世の命を受けたシトー会のアルベルトが、1200年に北方十字軍を組織しリヴォニアに侵攻、23隻の軍艦と1500人の十字軍兵でリガを制圧し、リーヴ人の服属と改宗を行った。
1202年に、アルベルトは、リヴォニア帯剣騎士団をリガで創立。以降、リガはバルト海とロシアの中継貿易拠点として重きをなしてくる。
1282年にはハンザ同盟に加盟。経済発展の地歩を固めるが、同時にリガの繁栄は侵略者を招くこととなる。1522年には、プロテスタントを受容。1561年のドイツ騎士団の解散で、それ以後の20年間は帝国自由都市となる。
1581年から、リガはポーランド・リトアニア共和国の支配を、1621年からはグスタフ2世アドルフのスウェーデン王国の支配を受ける。リガはスウェーデン王国最大の都市であった。18世紀に大北方戦争が起こると、ロシアのピョートル1世がリガに侵攻、スウェーデン時代は終焉を迎える。

参考URL:リガWiki
[PR]
by cluracan | 2012-04-22 14:52 | Discovery

【港・集落】 リオデジャネイロ

16世紀初頭、探検家ガスパール・デ・レモスによって発見され、大きな湾を河口と間違えて「一月の川」を意味する「リオデジャネイロ」と名づけられた。

e0020973_14432059.jpg


1502年1月にポルトガル人探検家ガスパール・デ・レモスたちがグアナバラ湾の湾口であるこの地に到達。グアナバラ湾は湾口が狭まっているため大きな川であると誤認し、発見した月に因みポルトガル語で「一月の川」と命名した。ポルトガル人たちは海岸に壁を白く塗った家を建てて住んだ。先住民のトゥピ族は彼ら白人を「カリ・オカ」(トゥピー・グゥアラニー語で白い家の意味)と呼んだ。それが現代語のカリオカの起源である。
1555年にフランスの植民地開拓者が南極フランス居留地をつくったが
1567年にこれをポルトガル人は追い出し、18世紀までここに小さなコミュニティをつくっていた。町の名は川(実は湾)の名の転用である。
17世紀までのリオは、砂糖の栽培と製糖工場がある小さな港町にすぎなかった。
しかし18世紀前半に内陸のミナスジェライス州周辺で金鉱が発見された。この金の集散地は、当初は金鉱発見者であるバンデイランテスたちの基地であるサンパウロであったが、
1725年にリオとミナスジェライスを結ぶ新道が開通すると、距離的に近いリオがサンパウロに代わってミナスの金やダイアモンドの積出港となり、ブラジル植民地の交通と富の中心となった。このためそれまで栄えていた北東部から南東部への重心の移動が生じ、
1763年にはブラジル総督がサルヴァドール・ダ・バイーアからリオにうつされブラジル植民地首府となった。
1808年に半島戦争の勃発により、リスボンのポルトガル宮廷はナポレオン軍を逃れてリオに移転した。
翌1809年、リオがポルトガル・ブラジル連合王国の首都となる。これによりリオは人口も増加し、また高い文化を持った移住者たちによって文化も進歩した。
1821年には王の帰還と共に首都もリスボンに再遷都されたが、ポルトガルがブラジルの統治に軍を送り込んだためブラジル側の憤激を買い、独立派はリオに残っていた王太子ドン・ペドロを擁立して
1822年にブラジル帝国の独立を宣言し、リオはブラジル帝国の首都となった。

参考URL:リオデジャネイロWiki
[PR]
by cluracan | 2012-04-22 14:48 | Discovery

【港・集落】 ランバイェケ

インカ帝国が栄える以前に繁栄していた文化の中心地。一年を通して温和な気候に恵まれているため、過ごしやすい。

e0020973_1422529.jpg


Legend tells that in ancient times, a great float of balsa rafts arrived at the beaches of the existing San José cove. Formed by a brilliant cortege of nine foreign warriors, this float was led by a man of great talent and courage, named Naymlap, the mythical founder of the first northwest civilization.
Among the descendants of Naylmlap were the Moche and the Chimú, the latter builders of a great civilization forged in Lambayeque before being conquered by the later Inca Empire. The Chimú grew to acquire a notable state parallel to the Inca. The Chimú moved their capital to the northern area, establishing great urban centers there. They were great farmers, textile experts and, wonderful goldsmiths, with extraordinary works in gold.
The Inca conquest of what today is Lambayeque, lasted almost four decades. Pachacuti, Tupac Inca Yupanqui and Huayna Cápac, successively, ruled during the process.
In the 16th century, the Spaniard leader Francisco Pizarro took his conquistadors across the region on the way to Cajamarca to conclude the defeat of the Inca empire. He was amazed by the gold exposed in vases and utensils.
During Colonial times, a rivalry started between the people of the towns of Lambayeque and Santiago de Miraflores de Saña. The reason of the conflict was the opulence in which the latter lived, even provoking the greed of pirates. A flood in 1720, however, destroyed Saña and marked the end of a flourishing city.
The people of Lambayeque followed Juan Manuel Iturregui as their leader in the struggles for emancipation and independence from Spain. He spread the libertarian ideas and helped get arms for the cause.

(機械翻訳)
伝説によると、古代では、バルサラフトの大きなフロートは、既存のサン·ホセの入り江のビーチに到着したこと伝えます。 9外国の戦士たちの華麗な葬列によって形成され、このフロートはNaymlapという偉大な才能と勇気の人、最初の北西文明の神話の創始者によって導かれた。
Naylmlapの子孫の間でモチェやチムー族、後にインカ帝国によって征服される前にランバイェケで偽造された偉大な文明の後者のビルダーであった。チムー族はインカに注目すべき状態並列を取得することとなりました。チムー族が大きな都市の中心部を確立し、北部地域への資金を移動しました。彼らは金の異常な作品で大きな農家、繊維の専門家や、素晴らしい細工であった。
何今日のインカ征服は、ランバイェケは、ほぼ四十年続いた。 Pachacuti、トゥパックインカユパンキとワイナ·カパックは、順次、処理中に判決を下した。
16世紀に、スペイン人の指導者フランシスコ·ピサロがインカ帝国の敗北を締結するカハマルカへの道上の領域を越えて彼の征服した。彼は、花瓶や食器で公開されて金に驚きました。
植民地時代に、競争はランバイェケとサンティアゴ·デ·ミラフローレスデラサナの町の人々の間で開始しました。対立の理由はあっても海賊の欲を刺激、後者は住んでいた富裕であった​​。 1720年の洪水は、しかし、サナを破壊し、繁栄街の終わりを迎えました。
ランバイェケの人々は解放とスペインからの独立闘争の指導者としてのフアン·マヌエル·Iturreguiに続いた。彼は、リバータリアン思想を普及し、大義のために武器を取得しました。

参考URL:Lambayeque Region Wiki
[PR]
by cluracan | 2012-04-22 14:40 | Discovery

【港・集落】 ラスパルマス

マディラの南方に浮かぶカナリア諸島の街。年中温暖な気候で過ごしやすく、美しい景観に恵まれている。温かい気候はサトウキビの栽培に向いており、近海ではサンゴが採れるようだ。

e0020973_2263876.jpg


この都市の建設は、1478年6月24日、カスティーリャの船長フアン・レホンがグラン・カナリア島の征服を始めたときにさかのぼる。都市は「エル・レアル・デ・ラス・パルマス」(ヤシの陣地)という名前で、ヤシの木があった場所に建てられた。
先住民のグアンチェ族との戦いは5年間続き、双方に大量の死者を出したのち、1483年にグラン・カナリア島はスペイン王国に統合された。
町は成長を続け、島の政治・行政の中心地となった。数世紀間は経済の重要な中心地でもあり、サトウキビの取引とヨーロッパやアメリカへの農産物の輸出に支えられていた。景気のよいこの時代、町は何度も海賊に襲われ、襲撃は18世紀まで続いた。
1595年10月、イギリスの海賊フランシス・ドレークとジョン・ホーキンスの私掠船に襲われ持ちこたえたが、4年後にはオランダ人に町を掠奪され放火された。
1599年のオランダ海賊による襲撃。

参考URL:ラス・パルマス・デ・グラン・カナリアWiki
[PR]
by cluracan | 2012-04-21 22:09 | Discovery


大航海時代onlineの1プレイヤーの日記


by cluracan

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ

全体
Top
Diary
Company
Link
Travel
Discovery

以前の記事

2012年 12月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2009年 01月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月

フォロー中のブログ

チハ改のDOL雑記@乙鯖

メモ帳

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧