2012年 03月 30日 ( 2 )

【港・集落】 ヘルデル

アムステルダムの北にある小都市。北海に面しており、漁業が盛んである。

e0020973_16554454.jpg


デン・ヘルダーのことと思われる。
元々はハイスドゥイネンが市街地で、ヘルダーそのものはその近郊に位置する寒村でしかなかった。
北ホラント半島の先端という戦略上重要な地点にあることから、一帯には複数の要塞が築かれた。
敵の艦船がゾイデル海に入港するのを阻止するために築かれた「地獄のような」要塞から、一帯はHelledore(地獄の扉 の意)と呼ばれるようになった。
そのほか、ヘルダーの語源としては丘陵を意味するHelle、Heldeから来た説、砂の稜線という意味のHelreから来た説がある。
デン・ヘルダーはオランダの「船の町」として重要な役割を果たした。
オランダ黄金時代にはデン・ヘルダーの近郊で多くの艦船が建造され、世界の海に出ていった。
1877年に建造されたランゲ・ヤープ灯台は、鋳鉄製のものではヨーロッパで二番目に高い63.45mの高さを誇る。

参考URL:デン・ヘルダーWiki
[PR]
by cluracan | 2012-03-30 17:01 | Discovery

【港・集落】 ベルゲン

スカンジナビア半島の南西部にある街。フィヨルドに近い高緯度地域だが、気候は比較的温暖である。寒冷地でも育つ農作物が栽培されるほか、塩や石材、木材などが豊富に産出する。

e0020973_1646325.jpg


古代はノルウェー・ヴァイキングの拠点が置かれた。
1070年 本格的な都市の建設は1070年にノルウェー王オーラヴ・チッレ Olav Kyrreによって自治都市の設置が認められてからのことである。ベルゲン半島の東側から港が形成され、王が時々滞在する街として飛躍的に発展を遂げた。
1240年 トロンハイム(ニーダロス)に替わってノルウェー王国史上2番目の首都となり
1299年 にオスロへ遷都されるまでホーコン・ホーコンソン Håkon Håkonsson王の王宮が置かれた。1236年 ドイツのハンザ商人によって商館が建てられ、
13世紀末 ハンザ同盟 (Hanseatic League) の四大重要都市として君臨。各地から商人、職工が集まり、現在のブリッゲン (Bryggen) 地区の旧市街(世界遺産)を形成した。ベルゲンの重要性は、ハンザ商人が独占した、ノルウェー海の海産物(特に北部ノルウェーの干しダラ)の交易によるものだった。
1830年代まではノルウェー最大の都市であり、現在も西ノルウェーの経済、文化の中心である。

参考URL:ベルゲンWiki
[PR]
by cluracan | 2012-03-30 16:54 | Discovery


大航海時代onlineの1プレイヤーの日記


by cluracan

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
Top
Diary
Company
Link
Travel
Discovery

以前の記事

2012年 12月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2009年 01月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月

フォロー中のブログ

チハ改のDOL雑記@乙鯖

メモ帳

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧