2012年 03月 01日 ( 1 )

【港・集落】 タマタブ

マダガスカル島の東部に位置する街。島は山がちで、耕作の規模は小さい。しかし鉱山資源が豊富で、特に宝石の鉱脈が豊かである。

e0020973_1510644.jpg


トアマシナのこと。
トアマシナ(Toamasina)は、マダガスカル東部の港町。タマタブ(Tamatave)とも呼ばれる。
インド洋に面し、モーリシャスやスリランカへの船が出ている。また、ここから南のマナカラやファラハンガナまで海岸線に沿って700kmに及ぶパンガラン運河が伸びている。街の名前は、内陸部にあったメリナ王国のラダマ1世が19世紀前半にこの地方を征服した際、はじめて見る海の水を舐め「トゥア・マシナ!」(なんと塩辛い!)と叫んだからだと伝えられている。

参考URL:トアマシナWiki

マダカスカル島の歴史

古代・ヨーロッパ人到達以前

1世紀前後 ボルネオ島から航海カヌーでインド洋を横断してマダガスカルに移り住んだ。
その後、アフリカ大陸東部から渡ってきた人々とボルネオ系(マレー・ポリネシア系)の人々は混血。
2世紀 文献にマダガスカルの存在が初めて登場したのは、ギリシャのプトレマイオスによるメヌティアスという島についての記述だといわれている。このメヌティアスがマダガスカルだというのが有力である(異論も存在する)。
13世紀 『東方見聞録』では大きな島の記載があるが、マルコ・ポーロはソマリアのモガディシュ地方と勘違いして、マダガスカルと誤って紹介した。これがマダガスカルの名前の由来となっている。

アラブ世界ではマダガスカルは古くから知られていた。アラブの地図で、マダガスカルは、Gezirat Al-Komor(月の島の意味)の名前がついていた。Komorの名前は、マダガスカル北西にあるコモロ諸島にその名が残っている。
9世紀頃 アラブ人はマダガスカルに進出。さらにアラブ商人達は、東アフリカから連れてきた黒人達を奴隷として、マダガスカルに連れてきた。これにより沿岸部の諸族は交易による富を築いた。
11世紀から12世紀にかけて、マダガスカル島の北部には、インド洋交易とともに東アフリカの沿岸交易で栄えた港湾遺跡があり、沿岸交易の輸出品として緑泥片岩製の容器が生産されていたことがタンザニアのキルワ遺跡からの出土品からも判明している。

ヨーロッパ人の到達

1500年8月10日 ポルトガル人のディエゴ・ディアスがマダガスカルを「発見」した。この日は聖ロレンソの祝日であったため、ディアスは島を聖ロレンソ島と命名した。
マダガスカル「発見」後、ポルトガルは度々、宣教師を送りキリスト教布教を進めるが失敗した。またイギリス、オランダがマダガスカルの沿岸に拠点を築こうと試みたが、しかしこれも原住民の反発を受けたため、100年以上に渡ってヨーロッパ人の征服は失敗が続いた。
1643年 フランスのプロニスが、マダガスカル島南端のフォー・ドーファンに要塞を建設。プロニスの後継であるフラクールが最初の総督に任命された。
1673年 フォー・ドーファンでは、地域部族の反乱により撤退を余儀なくされたが、その後もフランスは統治権を主張しつづけた。

マダガスカル統一

マダガスカルは、高原部に居住する東南アジアから移ってきた民族によって主に支配されていた。また沿岸部はアフリカから連れてこられた奴隷やアラブ系の民族が暮らしていた。各民族はそれぞれ独自の王制を引いていたが、マダガスカル統一の動きが現れたのは、18世紀に入ってからとなる。
17世紀初頭 マダガスカル中央高原にはペツィレゥ諸王国、メリナ王国、東南部のアンテムル王国、などが乱立、互いに狭い領域を支配している小国にすぎなかった。同じ頃、サカラバ族が島の西側半分を支配するに至るが19世紀に入ると衰退してしまった。
18世紀末 メリナ民族を統一したアンドゥリアナムプイニメリナ王が現れる。王はサカラバ族を退け、ベツィレゥ王国を征服し、19世紀のメリナ王国によるマダガスカルの広域支配の基盤を築いた。

参考URL:マダガスカルの歴史Wiki

5世紀頃 ボルネオ島からマレー系の言語を話す人々が到来。今のマダガスカル人の祖先となる。
12世紀頃 イスラム教徒海岸部で交易
1642年 フランス、島東南部にドーファン要塞を建設
参考URL:マダガスカルWiki

微妙にマダガスカルWikiとマダガスカルの歴史Wikiでは年表が違うようだが・・・。


Ce n’est vraisemblablement qu’au cours du XVIème siècle que se constituèrent, sur la partie centrale de la côte Est malgache, les premiers îlots de peuplement. Des navires portugais croisaient déjà au large…
La légende raconte qu’un des premiers villages se serait situé aux alentours de l’actuel VATOMANDRY. Le chef de ce village, dénommé Mandry aimait à contempler la mer sur des rochers granitiques (rocher se dit « vato » en malgache) d’où l’appellation Vatomandry.
Au début du XVIIème siècle, Toamasina n’est encore qu’un petit village de pêcheurs mais, grâce à son emplacement privilégié, déjà très convoité par les grandes puissances de l’époque. Les français y installent un comptoir de la « Compagnie des Indes Orientales ».
Au cours du XVIIème siècle, Foulpointe sera, un temps, le principal lieu d’implantation notamment des aventuriers et hommes d’affaires français. Toamasina reprendra rapidement son rang.
De 1811 à 1816, l’Angleterre s’empare de la ville qu’elle restitue aux français.
En 1817, le roi Radama 1er atteint Toamasina et découvre la mer pour la première fois. « Toa masina » - « C’est salé !» s’écria-t-il en goutant l’eau de la mer. Expression qui donnera vraisemblablement, son nom à la ville.

(フランス語は全く分からないのでGoogle機械翻訳)
それは16世紀中にマダガスカルの東の海岸、島最初の和解の中央部に形成されたその可能性があります。ポルトガル船は、すでにオフ交差...
伝説は、最初の村が現在のVATOMANDRYの周囲に配置する必要があること伝えます。この村の長は、Mandryが故に花崗岩(マダガスカルの"やつ"と呼ばれる岩)、名前Vatomandryに海を熟考するのが大好きと呼ばれる。
、17世紀初頭では、トアマシナだけまだ小さい漁村が、絶好のロケーションのおかげで、時間の列強によって既に切望。フランスはそこのカウンター定住"東インド会社を"
17世紀中に、Foulpointeような冒険とフランスのビジネスの主要な場所、時間になります。トアマシナはすぐに彼のランクを再開。
1811年から1816年まで、イングランドでは、彼女がフランス語に戻り街を押収した
キングRadamaトアマシナ、1817年と初めて海に到達する最初に発見した。"TOAマシーナ"は-都市の名にちなんで名付け表現への可能性があり、海から水を味わいながら"それはしょっぱいです"と彼は叫んだ。

参考URL:トアマシナ旅行 歴史
[PR]
by cluracan | 2012-03-01 15:26 | Discovery


大航海時代onlineの1プレイヤーの日記


by cluracan

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
Top
Diary
Company
Link
Travel
Discovery

以前の記事

2012年 12月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2009年 01月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月

フォロー中のブログ

チハ改のDOL雑記@乙鯖

メモ帳

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧