ヴェネツィアイベント7,8章とワタクシ

前回、ハルーンの活躍により届けられたガマ艦隊の航海日誌は、ヴェネツィアを揺るがす報告となった。
今まで、胡椒先進国であったのが、地中海の東奥に位置するため海上での輸入が不利になり胡椒後進国になるのは必須。
で、元老院の皆さんは無い知恵を絞って考えましたが、0+0=0なので、いい考えが浮かびませんでした。
具体的な策は、大規模なパーティを開いて、商人達を招き、協力を呼びかけるというもの。

ヴィットーリアと共に晩餐会に出席することとなったワタクシは、気合をいれて貴婦人のドレスやその他もろもろのアイテムをみにまとい、正装度と社交スキルを最大限に高めていざ出発。
シラクサのジェーム王子は来てないのかしら?
キョロキョロ
ん??
襲われ属性をもつお嬢様、ヴィットーリア嬢が、酔っ払い商人にからまれてる。。
しょうがないなぁ、ワタクシがいないとなにもできないお嬢ちゃんなんだからぁ。今、助け・・・。
と、思ったらフランスNo1ホスト、ジュリアン・クラレンスが、すばやく参上しお嬢様をかっさらっていきました。
そして、

e0020973_18283914.jpg

何故か、踊ってしまう二人。

けっ、つまんねぇ晩餐会だぜ。


結局、壮大な晩餐会を開いたにもかかわらず、ヴェネツィアに協力を申し出た商人は極わずかだったようです。
ま、こりゃしゃあないわな。
で、ジュリアンがヴィットーリアに財宝発掘家としてサロンにいれてくれないかと申してきました。
さすが1流ホスト。女のためならなにがなんでも近づこうとするのね。

ともかく、その申し出に対して、チェニス近郊のカルタゴ遺跡をみつけてくれば、サロンに招きいれてもよいと条件をヴィットーリアお嬢様は、だしました。
お目付け役として、ハルーンと一緒にチェニスに向かうジュリアン・クラレンス。

そして、数日後、あっさりカルタゴを見つけたと単身報告にくるハルーン。
その報告を聞いて喜ぶお嬢様は、サロンの仲間を連れて、私の船でチェニスまで連れて行ってくれと申されました。
断る理由はありませんので、みんなでジュリアンのもとに向かいました。
途中、ハルーンが遺跡までの地図をなくしたとかほざくので、私が遺跡までみなを先導。

まぁ、ぶっちゃけ、すでにワタクシが発見してる遺跡を発見しただけのジュリアンですが、めでたくサロンの仲間入りを果たしましたとさ。

めでたし、めでたし
[PR]
by cluracan | 2005-08-18 18:41 | Diary


大航海時代onlineの1プレイヤーの日記


by cluracan

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
Top
Diary
Company
Link
Travel
Discovery

以前の記事

2012年 12月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2009年 01月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月

フォロー中のブログ

チハ改のDOL雑記@乙鯖

メモ帳

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧