【港・集落】 堺

大阪湾に面した、交易の盛んな港街。商人たちの集まる、自由な気風の土地である。この街の優れた経済構造に日本の有力者も注目しているようだ。

e0020973_17471668.jpg


In the Muromachi Period Sakai was one of richest cities in Japan. Sakai is located on the edge of Osaka Bay and at the mouth of the Yamato River, which connected the Yamato Province (now Nara Prefecture) to the sea. Sakai thus helped to connect foreign trade with inland trade.
Sakai was an autonomous city run by merchant citizens. In those days it was said that the richest cities were Umi no Sakai, Riku no Imai (tr. "along the sea, Sakai; inlands, Imai"; The latter is now a part of Kashihara, Nara). The famous Zen Buddhist priest Ikkyu chose to live in Sakai because of its free atmosphere. In the Sengoku Period some Christian priests, including St. Francis Xavier in 1550, visited Sakai and documented its prosperity.
After the coming of Europeans Sakai became a manufacturing base of firearms, and a daimyo, Oda Nobunaga, was one of their important customers. During his ambitious attempt to unify Japan, Nobunaga attempted to take the autonomy privilege from Sakai. Sakai's citizens denied his order and pitched a desperate battle against his army. Most citizens fled; Sakai was burned and seized by Nobunaga. After the death of Nobunaga, one of his men, Toyotomi Hideyoshi, seized power. Sakai became a prosperous city again under his reign.
Sen no Rikyū, known as the greatest master of the tea ceremony, was originally a merchant of Sakai. Because of the close relationship between the tea ceremony and Zen Buddhism, and because of the prosperity of its citizens, Sakai was one of the main centers of the tea ceremony in Japan.
Sakai was still an important trade center during the Edo Period but was involved only in inland trade due to the Sakoku policy of the Tokugawa government. At the end of this era Westerners again landed in Sakai, but it resulted in a tragic incident, because the Japanese citizenry and the foreigners were ignorant of each others' ways. French sailors from the Dupleix and Sakai citizens clashed; some French were killed, and subsequently the Japanese responsible for these deaths were sentenced to death by seppuku. This incident is called the Sakai Incident (堺事件 Sakai-jiken?).

[機械翻訳]
室町時代に堺は、日本で最も裕福な都市の一つであった。堺は、大阪湾の端に海に大和国(現在の奈良県)に接続大和川の河口に位置しています。堺市は、このように内陸貿易と外国貿易を接続することができました。
堺商人の市民によって実行される自律的な都市であった。 。当時はそれが最も豊かな都市はリクない今井(後者は現在橿原市、奈良県の一部であるtr. ";内陸部、今井海に沿って、堺")の場合、堺の海なかったことを言われました有名な禅仏教の僧侶一休は、その自由な雰囲気の堺市に住んでいることを選んだ。戦国時代に1550年に聖フランシスコ·ザビエルを含むいくつかのキリスト教の司祭は、堺市を訪れ、その繁栄を記録した。
ヨーロッパ堺の到来した後は、銃器の製造拠点となり、大名、織田信長は、その重要な顧客の一つであった。日本を統一するために彼の野心的な試みの間に、信長は堺から自治特権を取得しようとしました。堺の市民は彼の命令を否定し、彼の軍隊に対して絶望的な戦いを投げた。ほとんどの市民は逃げた;酒井信長によって焼かれ、押収された。信長の死後、自分の部下の1人、豊臣秀吉は、電源を押収した。坂井は、彼の治世下で再び豊かな都市となった。
茶道の最も偉大なマスターとして知られる千利休は、もともと堺の商人であった。ので、茶道と禅仏教の間に密接な関係から、とするため、市民の繁栄の堺は、日本の茶道の主要拠点の一つであった。
堺は江戸時代にはまだ重要な貿易の中心地であったが、徳川幕府の鎖国政策のために内陸貿易にのみ関与していた。この時代の終わりに再び堺に上陸した西洋人が、日本の市民と外国人が互いの方法の無知だったので、それは悲劇的な事件となりました。デュプレクス、堺市民からフランスの船員が衝突し、いくつかのフランス人が殺され、その後、これらの死亡のために日本の責任は切腹で死刑を宣告された。この事件は、堺事件(堺事件堺事件?)と呼ばれています。

参考URL:Sakai Osaka Wiki
[PR]
by cluracan | 2012-05-16 17:52 | Discovery


大航海時代onlineの1プレイヤーの日記


by cluracan

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
Top
Diary
Company
Link
Travel
Discovery

以前の記事

2012年 12月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2009年 01月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月

フォロー中のブログ

チハ改のDOL雑記@乙鯖

メモ帳

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧