【港・集落】 ロッブリー

チャオプラヤ川流域の街。10世紀までラウォーと呼ばれていた。クメール系モン人たちの都市として知られた後に、アユタヤの重要都市として栄えた。

e0020973_21185694.jpg


ロッブリーの歴史はタイ族南下以前に遡ることができる。
ロッブリーは6世紀から11世紀にかけて存在したドヴァーラヴァティ時代にすでに都市が開発され、ラウォと呼ばれていた。
その後クメール王朝がこのロッブリーを領有したが1115年(タイ仏暦1658年)と1155年(タイ仏暦1198年)の二回、中国と交易をするための大使を送るため一時的に独立させた。
その後1289年(タイ仏暦1832年)にも独立したが、すぐにスコータイ王朝の支配下に入った。
17世紀、アユタヤー王朝のナーラーイ王はオランダの侵攻を恐れ、すぐにでも遷都できるよう、ロッブリーを副都に定めた。

参考URL:ロッブリー県Wiki
[PR]
by cluracan | 2012-05-08 21:23 | Discovery


大航海時代onlineの1プレイヤーの日記


by cluracan

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ

全体
Top
Diary
Company
Link
Travel
Discovery

以前の記事

2012年 12月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2009年 01月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月

フォロー中のブログ

チハ改のDOL雑記@乙鯖

メモ帳

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧