【港・集落】 ルン

バンダ諸島の西部に存在するルン島の街。ナツメグの産地であり、交易の中心として注目されている。

e0020973_18293060.jpg


Run (also known as Pulo Run, Puloroon, or Rhun) is one of the smallest islands of the Banda Islands, which are a part of Indonesia. It is about 3 km long and less than 1 km wide.
In the 17th century, Run was of great economic importance because of the value of the spices nutmeg and mace which are obtained from the nutmeg tree (Myristica fragans), once found exclusively in the Banda Islands. During the history of the spice trade, sailors of the English East India Company of the second expedition of James Lancaster, John Davis and John Middleton who stayed in Bantam on Java, first reached the island in 1603 and developed good contacts with the inhabitants.
On December 25, 1616,[2] Captain Nathaniel Courthope reached Run to defend it against the claims of the Dutch East India Company. A contract with the inhabitants was signed accepting the James I of England as sovereign of the island. As a result, Run is considered to be the first English overseas colony. After four years of siege by the Dutch and the death of Nathaniel Courthope in an attack in 1620, the English and their local allies departed the island.
According to the Treaty of Westminster ending the First Anglo-Dutch War of 1652–1654, Run should have been returned to England. The first attempt in 1660 failed because of formal constraints by the Dutch; after the second attempt in 1665 the English traders were expelled in the same year, and the Dutch destroyed the nutmeg trees.
After the second Anglo-Dutch War of 1665–1667, England and the United Provinces of the Netherlands agreed in the Treaty of Breda to the status quo: The English kept the island of Manhattan, which the Duke of York (the future James II, brother of Charles II), had occupied in 1664, renaming the city on that island from New Amsterdam to New York; while in return Run was formally abandoned to the Dutch. The Dutch monopoly on nutmeg and mace was destroyed by the transfer of nutmeg trees to Ceylon, Grenada, Singapore and other British colonies in 1817, after the capture of the main island, Bandalontor, in 1810 by Captain Cole, leading to the decline of the Dutch supremacy in the spice trade.

[機械翻訳]
(また、Puloラン、Puloroon、またはRhunとして知られている)を実行するには、インドネシアの一部であるバンダ諸島、最小の島の1つである。それは約3キロの長さ未満で1キロ幅です。
17世紀には、Runは大きな経済的重要性のため、一度バンダ諸島でのみ見つかったナツメグの木(ニクズク属fragans)から得られたスパイスナツメグとメースの値であった。スパイス貿易の歴史の中で、Javaでバンタムにとどまったジェームズ·ランカスター、ジョン·デイビス、ジョン·ミドルトンの第二の遠征のイギリス東インド会社の船員は、最初の1603年に島に到達し、住民との良好な接触を開発しました。
1616年12月25日に、キャプテンナサニエルコートープに達した[2]は、オランダ東インド会社の主張に対してそれを守るために実行します。住民との契約は、島の主権としてのイングランドのジェームズ私を受け入れて署名された。結果として、実行は、最初の英語の海外植民地と見なされます。オランダ語による包囲と1620年に攻撃ナサニエルコートープの死の4年後、英語と地元の同盟国は島を出航。
1652-1654の最初の英蘭戦争を終了ウェストミンスター条約によると、Runはイギリスに戻されている必要があります。 1660年の最初の試みがあるため、オランダによる正式な制約のために失敗しました。1665回目の試行後、英語のトレーダーは、同じ年に追放され、オランダでは、ナツメグの木を破壊された。
1665-1667第二の英蘭戦争後、イギリスとオランダの連合州は、現状にブレダ条約で合意された英語は、マンハッタン島、ヨーク公爵(将来のジェームズ2世は、保持チャールズ二世の弟)、名前の変更、1664年にニューアムステルダムからニューヨークへの島の都市を占領した。正式にオランダ語に放棄されたリターンを実行中に。ナツメグとメースオランダの独占は衰退につながる、キャプテンコールによって1810年に本島、Bandalontor、捕獲した後、1817年にセイロン、グレナダ、シンガポール、他の英国の植民地にナツメグの木の移動によって破壊されたスパイス貿易のオランダの覇権。

参考URL:Run_(island) Wiki

インドネシア専科 オランダ支配史
[PR]
by cluracan | 2012-05-07 18:44 | Discovery


大航海時代onlineの1プレイヤーの日記


by cluracan

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ

全体
Top
Diary
Company
Link
Travel
Discovery

以前の記事

2012年 12月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2009年 01月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月

フォロー中のブログ

チハ改のDOL雑記@乙鯖

メモ帳

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧