【港・集落】 ランバイェケ

インカ帝国が栄える以前に繁栄していた文化の中心地。一年を通して温和な気候に恵まれているため、過ごしやすい。

e0020973_1422529.jpg


Legend tells that in ancient times, a great float of balsa rafts arrived at the beaches of the existing San José cove. Formed by a brilliant cortege of nine foreign warriors, this float was led by a man of great talent and courage, named Naymlap, the mythical founder of the first northwest civilization.
Among the descendants of Naylmlap were the Moche and the Chimú, the latter builders of a great civilization forged in Lambayeque before being conquered by the later Inca Empire. The Chimú grew to acquire a notable state parallel to the Inca. The Chimú moved their capital to the northern area, establishing great urban centers there. They were great farmers, textile experts and, wonderful goldsmiths, with extraordinary works in gold.
The Inca conquest of what today is Lambayeque, lasted almost four decades. Pachacuti, Tupac Inca Yupanqui and Huayna Cápac, successively, ruled during the process.
In the 16th century, the Spaniard leader Francisco Pizarro took his conquistadors across the region on the way to Cajamarca to conclude the defeat of the Inca empire. He was amazed by the gold exposed in vases and utensils.
During Colonial times, a rivalry started between the people of the towns of Lambayeque and Santiago de Miraflores de Saña. The reason of the conflict was the opulence in which the latter lived, even provoking the greed of pirates. A flood in 1720, however, destroyed Saña and marked the end of a flourishing city.
The people of Lambayeque followed Juan Manuel Iturregui as their leader in the struggles for emancipation and independence from Spain. He spread the libertarian ideas and helped get arms for the cause.

(機械翻訳)
伝説によると、古代では、バルサラフトの大きなフロートは、既存のサン·ホセの入り江のビーチに到着したこと伝えます。 9外国の戦士たちの華麗な葬列によって形成され、このフロートはNaymlapという偉大な才能と勇気の人、最初の北西文明の神話の創始者によって導かれた。
Naylmlapの子孫の間でモチェやチムー族、後にインカ帝国によって征服される前にランバイェケで偽造された偉大な文明の後者のビルダーであった。チムー族はインカに注目すべき状態並列を取得することとなりました。チムー族が大きな都市の中心部を確立し、北部地域への資金を移動しました。彼らは金の異常な作品で大きな農家、繊維の専門家や、素晴らしい細工であった。
何今日のインカ征服は、ランバイェケは、ほぼ四十年続いた。 Pachacuti、トゥパックインカユパンキとワイナ·カパックは、順次、処理中に判決を下した。
16世紀に、スペイン人の指導者フランシスコ·ピサロがインカ帝国の敗北を締結するカハマルカへの道上の領域を越えて彼の征服した。彼は、花瓶や食器で公開されて金に驚きました。
植民地時代に、競争はランバイェケとサンティアゴ·デ·ミラフローレスデラサナの町の人々の間で開始しました。対立の理由はあっても海賊の欲を刺激、後者は住んでいた富裕であった​​。 1720年の洪水は、しかし、サナを破壊し、繁栄街の終わりを迎えました。
ランバイェケの人々は解放とスペインからの独立闘争の指導者としてのフアン·マヌエル·Iturreguiに続いた。彼は、リバータリアン思想を普及し、大義のために武器を取得しました。

参考URL:Lambayeque Region Wiki
[PR]
by cluracan | 2012-04-22 14:40 | Discovery


大航海時代onlineの1プレイヤーの日記


by cluracan

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ

全体
Top
Diary
Company
Link
Travel
Discovery

以前の記事

2012年 12月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2009年 01月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月

フォロー中のブログ

チハ改のDOL雑記@乙鯖

メモ帳

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧