【港・集落】 マラカイボ

カリブ海・大西洋につながる湾ともいえる塩分を含んだ南米最大の湖、マラカイボ湖に面した街。この湖では時折、音を出さない雷が発生することがある。

e0020973_15265259.jpg


Foundation
The first indigenous settlements were of Arawak and Carib origin. Around the main group were the Añu tribe who built rows of stilt houses all over the northern riviera of the Lake Maracaibo.
The first Europeans arrived in 1499.
The city was founded three times: First in 1529 by the German Ambrosio Alfinger, who named it Villa de Maracaibo. The lack of activity in the zone made Nicolas de Federman evacuate the village in 1535 and move its population to Cabo de la Vela nearby Coro. A second attempt by Captain Alonso Pacheco turned into failure. The third foundation of the city occurs in 1574 when Captain Pedro Maldonado, under Governor Diego de Mazariego's command, establishes the village with the name of Nueva Zamora de Maracaibo. "Nueva Zamora" comes from Mazariego's place of birth, Zamora, in Spain. Since its definite foundation, the town began to develop as a whole. It is based on the western side of Lake Maracaibo, the dominant feature of the oil-rich Maracaibo Basin. Favoured by prevailing winds and a protected harbour, the city is located on the shores of the lake where the narrows, which eventually lead to the Gulf of Venezuela, first become pronounced.

Pirates' Attacks
In 1667, l'Olonnais with a fleet of eight ships and a crew of six hundred pirates sacked Maracaibo and Gibraltar. En route, l'Olonnais crossed paths with a Spanish treasure ship, which he captured, along with its rich cargo of cacao, gemstones and more than 260,000 pieces of eight.
In March 1669, Henry Morgan sacked Maracaibo, which emptied when his fleet was first spied, and moved on to the Spanish settlement of Gibraltar on the inside of Lake Maracaibo in search of more treasure. A few weeks later, when he attempted to sail out of the lake, Morgan found an occupied fort blocking the inlet to the Caribbean, along with three Spanish ships. These were the Magdalena, the San Luis, and the Soledad. He destroyed the Magdalena and burned the San Luis by sending a dummy ship full of gunpowder to explode near them, after which the crew of the Soledad surrendered. By faking a landward attack on the fort, thereby convincing the Spanish governor to shift his cannon, he eluded their guns and escaped.

Independence era
In 1810 the province of Maracaibo did not join the first republic of Venezuela and remained loyal to the Spanish crown. Maracaibo then held the seat of the Captaincy General of Venezuela. In 1821 uprisings in favour of independence began conducting to warfare and hostility. The royalists, led by Francisco Tomás Morales, fought with the patriots, led by Rafael Urdaneta, to take back control over the province in the Juana de Ávila Battle and Morales brought back Spanish rule in 1822 until he was defeated at the Battle of Lake Maracaibo on 24 July 1823 culminating Venezuela's struggle for independence.

(機械翻訳)
基礎
第一先住民族の集落がアラワクとカリブ起源であった。メイングループの周りのすべてのマラカイボ湖の北のリビエラ以上高床式の家の行を構築しアヌ族であった。
最初のヨーロッパ人は1499年に到着しました。
それヴィラデマラカイボというドイツのアンブロAlfingerによって、1529年に最初に:都市は三回に設立されました。ゾーン内の活動の欠如は、ニコラ·ド·Federmanは、1535年に村を避難させるとカボ·デ·ラ·ベラ近くのコロにその人口を移動しました。キャプテン·アロンソパチェコによる2回目の試行は失敗になった。キャプテンペドロマルドナドは、知事ディエゴ·デ·Mazariegoの指揮下、ヌエバサモラ·デ·マラカイボの名前を持つ村を確立したときに市の第三の基礎は、1574年に発生します。 "ヌエバ·サモラは、"スペインの出生のMazariegoの場所、サモラ、から来ています。その明確な創業以来、町は全体として発展し始めた。これは、マラカイボ湖、石油資源の豊富なマラカイボ堆積盆地の支配的な特徴の西側に基づいています。季節風と保護された港で最恵国、市は最終的に第一顕著になる、ベネズエラ湾につながる可能性が狭く、湖のほとりに位置しています。

パイレーツの攻撃
1667年、L'Olonnaisは、8隻の艦隊と600海賊の乗組員とマラカイボ、ジブラルタルを略奪。途中、L'Olonnaisはカカオ、宝石と8つの260,000以上の作品の豊かな貨物と一緒に、彼がキャプチャされたスペインの宝物船を持つパスを交差させた。
1669年3月には、ヘンリー·モーガンは、彼の艦隊が最初に見張られ、多くの宝物を探しにマラカイボ湖の内側にジブラルタルのスペインの決済へ移動したときに空にマラカイボを解雇。数週間後、彼は湖の外航海しようとしたときに、モルガンは3スペインの船と一緒に、カリブ海への入口をブロック占領砦を発見しました。これらは、マグダレナ、サン·ルイス、およびソウルダッドた。彼はマグダレナを破壊し、ソウルダッドの乗組員が降伏した後、それらの近くで爆​​発する火薬の完全なダミー船を送信することにより、サン·ルイスを燃やした。それによって、彼の大砲をシフトするためにスペインの知事を説得し、砦に陸側の攻撃を偽造することによって、彼は自分の銃を逃れて脱出した。

独立の時代
1810年にマラカイボの州では、ベネズエラの最初の共和国に参加し、スペインの王冠に忠節に残っていませんでした。マラカイボは、ベネズエラのキャプテン総長の座を開催しました。 1821年に独立に賛成の蜂起は、戦争と敵意に実施しました。彼はマラカイボ湖の戦いで敗北したまで、フアナ·デ·アビラの戦いとモラレスに州の制御を取り戻すためにラファエルウルダネタ率いる愛国者と戦ったサンフランシスコトマス·モラレス、、、率いる王党派は、戻って1822年にスペインの支配をもたらした1823年7月24日に独立のためのベネズエラの闘争を最高潮に達する。

参考URL: Maracaibo Wiki
[PR]
by cluracan | 2012-04-11 15:34 | Discovery


大航海時代onlineの1プレイヤーの日記


by cluracan

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
Top
Diary
Company
Link
Travel
Discovery

以前の記事

2012年 12月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2009年 01月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月

フォロー中のブログ

チハ改のDOL雑記@乙鯖

メモ帳

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧