【港・集落】 ホルムズ

ペルシャ湾のホルムズ海峡に面する街。海上交易の重要地点で、古くから栄えた。その重要性からたびたび支配勢力が変わった。畜産が盛んなほか、高級品のペルシャ絨毯やターコイズなどの宝石が流通している。

e0020973_1427283.jpg


ホルムズ(Hormuz、オルムズ)はペルシャ湾で10世紀から17世紀に存在したホルムズ王国(en:Ormus)の港湾都市。語源はゾロアスター教の神アフラ・マズダである。ホラズム(中央アジア)とは全く異なる地名。
オマーン湾からホルムズ海峡を望むとララク島、ホルムズ島、ケシム島がある。ペルシャ湾とインドや東アフリカを結ぶ交易の拠点で、マルコ・ポーロは東方見聞録(13世紀)で「香料、宝石、真珠、絹、織物、象牙などを取引するインド商人が集まっている」と述べている。
ペルシャ湾からバグダード、さらにコンスタンチノープルや中央アジアへ品物を運んだのはジェノバ商人だが、14世紀以降オスマン帝国が勢力拡大し、やがてビザンチン帝国を滅ぼすとこのルートは廃れた。
1498年ヴァスコ・ダ・ガマがインド洋航路を開拓、1515年ポルトガル船隊がホルムズを攻撃し支配下に置いた。
17世紀にイギリス東インド会社はペルシャの絹を手に入れるためサファヴィー帝国皇帝アッバース1世から貿易許可を得たが、ホルムズのポルトガル要塞攻撃を支援することが条件だった。
1622年ホルムズが降伏するとアッバース1世は港湾機能を対岸のペルシャ本土に移し町の名をバンダレ・アッバースとした。バンダルとはペルシャ語の港である。この後、オランダとフランスも東インド会社商館を置くようになった。

ホルムズを訪れた歴史上の人物
アレクサンドロス大王の臣下ネアルコス(紀元前325年この地はハルモゼイアと呼ばれた、大王死去2年前のこと。)
マルコ・ポーロ(13世紀後半に東方見聞録でポーロは往路ケルマン王国を旅し、ホルムズで船の調達を諦め、帰路インドからの船旅でホルムズに上陸しコカチン姫を送り届けた。当時チンギス・ハーンの孫フビライ・ハーンの弟フラグの孫アルグーン・ハーンが治めるイル・ハーン国が支配していた。)
イブン・バットゥータ(14世紀モロッコの大旅行家で2度訪れた。)
鄭和(明の永楽帝による大遠征で1415年頃、1422年頃、1431年頃の3度訪れた。)

参考URL:ホルムズWiki
[PR]
by cluracan | 2012-04-04 14:30 | Discovery


大航海時代onlineの1プレイヤーの日記


by cluracan

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
Top
Diary
Company
Link
Travel
Discovery

以前の記事

2012年 12月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2009年 01月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月

フォロー中のブログ

チハ改のDOL雑記@乙鯖

メモ帳

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧