【港・集落】 ベニン

アフリカ西部に位置する港町。西アフリカ全域と大規模な交易を行うなど、商業の中心地として発展した。

e0020973_14205746.jpg


ベニンシティのことと思われる。

12世紀 ベニンは12世紀にベニン王国の首都イビヌ (Ibinu) として建設された。
オバ・エウアレの元でエドと改名され、皇帝(オバ)達の元で14世紀から17世紀に最盛期を迎え、「大ベニン」と呼ばれた面影は現在に残されていない。
1485年にポルトガルが来航し、以降ヨーロッパ勢力との奴隷貿易と象牙、胡椒や布などの熱帯産品の輸出で栄えた。

参考URL:ベニンシティWiki

ベニン王国
12世紀 この地域の住民エド人によって建国された。西のヨルバ人が建国した国家ではないが、オドゥドゥワ王によって建国されたというヨルバ人と同じ建国神話を持ち、イフェの聖王(オニ)のもとにベニン王が認証を受けに行くなど、ヨルバ諸国と強いつながりを持っていた。
15世紀 エウアレ王の統治下で、ベニンは黄金時代を迎えた。
1481年 空位時代を迎えていたベニン王に、民会がオゾルア王を選出した。
1485年 オゾルア王統治期にポルトガル人の探検家がベニンに到達し、西欧との交易が始まった。海岸線に近く、西欧との交易に有利だったことで、ベニンは貿易の中心地として発展していく。ヨーロッパには胡椒や奴隷、象牙を売り、代わりに火器を輸入して奴隷狩りを行い、ベニンはさらに勢力を拡大していった。当時のヨーロッパ人によって、ギニア湾岸一の大都市として紹介されたのもこの頃のことである。
16世紀 王がリスボンに遣欧使節を送り、ポルトガル王は返礼として宣教師をベニンに送った。
18世紀 西のヨルバ人のオヨ王国が力を伸ばし、また奴隷貿易の中心も西のダホメ王国やアシャンティ王国方面に移り、ベニンは衰退した。

参考URL:ベニン王国Wiki
[PR]
by cluracan | 2012-03-29 14:27 | Discovery


大航海時代onlineの1プレイヤーの日記


by cluracan

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ

全体
Top
Diary
Company
Link
Travel
Discovery

以前の記事

2012年 12月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2009年 01月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月

フォロー中のブログ

チハ改のDOL雑記@乙鯖

メモ帳

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧