【港・集落】 ベイルート

非常に古い時代から栄えていた街。内陸の都市の港として重要な街である。特に、ダマスカスから運ばれてくるダマスク織とダマスカスソードは、世界的に高く評価されている。

e0020973_2050091.jpg


Beirut's history goes back more than 5000 years.
According to the Encyclopædia Britannica, its antiquity is indicated by its name, derived from the Canaanite be'erot ("wells"), referring to the underground water table that is still tapped by the local inhabitants for general use.
Excavations in the downtown area have unearthed layers of Phoenician, Hellenistic, Roman, Byzantine, Arab, Crusader and Ottoman remains.
The first historical reference to Beirut dates from the 14th century BC, when it is mentioned in the cuneiform tablets of the Amarna letters, three letters that Ammunira of Biruta (Beirut) sent to the pharaoh of Egypt.
Biruta is also referenced in the letters from Rib-Hadda, king of Byblos. The oldest settlement was on an island in the river that progressively silted up. The city was known in antiquity as Berytus.

Hellenistic/Roman period
In 140 BC the city was destroyed by Diodotus Tryphon in his contest with Antiochus VII Sidetes for the throne of the Macedonian Seleucid monarchy. Beirut was soon rebuilt on a more conventional Hellenistic plan and renamed Laodicea in Phoenicia (Greek: Λαοδικεια ή του Φοινίκη) or Laodicea in Canaan in honor of a Seleucid Laodice.
Large sites in the devastated city center have now been opened to archaeological exploration.
Mid first century coins from Berytus bear the head of Tyche, goddess of fortune; on the reverse, the city's symbol appears: a dolphin entwines an anchor. This symbol was taken up by the early printer Aldus Manutius in 15th century Venice. Beirut was conquered by Agrippa in 64 BC. The city was assimilated into the Roman empire, veteran soldiers were sent there, and large building projects were undertaken.
Beirut was considered the most Roman city in the eastern provinces of the Roman Empire.
In 14 BC, during the reign of Herod the Great, Berytus became a colonia and was named Colonia Iulia Augusta Felix Berytus. Its law school was widely known; two of Rome's most famous jurists, Papinian and Ulpian, both natives of Phoenicia, taught there under the Severan emperors. When Justinian assembled his Pandects in the 6th century, a large part of the corpus of laws was derived from these two jurists, and in 533 Justinian recognized the school as one of the three official law schools of the empire. After the 551 Beirut earthquake the students were transferred to Sidon.

Middle Ages
Beirut passed into Arab control in 635 and was ruled by the Arslan family, Arabs from Yemen descended from the Lakhmids,from 635 to 1110.Prince Arslan bin al-Mundhir founded the Principality of Sin-el-Fil in Beirut in 759 AD. From this Principality developed the later Principality of Mount Lebanon, which was the basis for the establishment of Greater Lebanon, today's Lebanon.
As a trading centre of the eastern Mediterranean, Beirut was overshadowed by Acre during the Middle Ages. From 1110 to 1291 it was in the hands of the Crusaders' Kingdom of Jerusalem. John of Ibelin, the Old Lord of Beirut (1179–1236) rebuilt the city after the battles with Saladin and also built the Ibelin family palace in Beirut.

Ottoman rule
Beirut was controlled by local Druze emirs throughout the Ottoman period.
One of them, Fakhr-al-Din II, fortified it early in the 17th century,but the Ottomans reclaimed it in 1763.With the help of Damascus, Beirut successfully broke Acre's monopoly on Syrian maritime trade and for a few years supplanted it as the main trading centre in the region. During the succeeding epoch of rebellion against Ottoman hegemony in Acre under Jezzar Pasha and Abdullah Pasha, Beirut declined to a small town with a population of about 10,000 and was an object of contention between the Ottomans, the local Druze, and the Mamluks. After Ibrahim Pasha of Egypt captured Acre in 1832, Beirut began its revival.

(機械翻訳)
ベイルートの歴史は5000年以上さかのぼります。
ブリタニカ百科事典によると、古代はまだ一般的な使用のために地元の住民によりタップされた地下水の表を参照して、カナンbe'erot( "井戸")から派生し、その名前で示されています。
繁華街の発掘は、フェニキア、ヘレニズム、ローマ、ビザンチン、アラブ、十字軍、オスマンの層が残って発掘した。
それはBirutaのAmmunira(ベイルート)はエジプトのファラオに送信したアマルナ書簡、3文字の楔形文字に記載されている紀元前14世紀からベイルートの日付、最初の歴史的参照。
BirutaもリブHadda、ビブロスの王からの手紙で参照されます。最古の集​​落は徐々にアップふさがている川の島にあった。市はベリツスとして古代に知られていました。

/ローマヘレニズム期
140紀元前に都市がマケドニアのセレウコス朝の君主制の王位のためのアンティオコスVIIのSidetes彼のコンテストにDiodotus Tryphonによって破壊された。ベイルートは、すぐに従来のヘレニズム時代の計画に再建され、フェニキアのラオディケアと改名された(ギリシャ語:ΛαοδικειαήτουΦοινίκη)またはセレウコスLaodiceの名誉のカナンのラオディケア。
荒廃した市内中心部の大規模なサイトでは、現在の考古学探査に開放されています。
ベリツス中旬から一世紀の硬貨はTyche、幸運の女神の頭部を負担し、逆に、街のシンボルが表示されます。イルカがアンカーをentwines。このシンボルは、15世紀ヴェネツィアの早い段階でプリンタアルダスマヌティウスで取り上げられた。ベイルートは、64紀元前にアグリッパによって征服された。都市はローマ帝国に同化された、ベテランの兵士がそこに送られた、大規模な建築プロジェクトが行われました。
ベイルートは、ローマ帝国の東部地方で最もローマ時代の都市と考えられた。
14紀元前に、ヘロデ大王の治世中に、ベリツスは、コロニアとなり、コロニアイウリアオーガスタフェリックスベリツス命名されました。その法科大学院は広く知られていた、ローマの最も有名な法学者の二人は、パピニアヌスとUlpian、フェニキアの両方の原住民は、Severan皇帝の下にそこに教えてくれました。ユスティニアヌスは、6世紀に彼の学説彙纂を組み立てたときは、法律のコーパスの大部分は、これらの2つの法律家から派生したもので、533ユスティニアヌスに帝国の3つの公式の法律学校の一つとして学校を認められた。 551ベイルートの地震後の学生はシドンに移した。

中世
ベイルートは、635のアラブコントロールに渡され、アルスラーン家によって支配された、イエメンからのアラブ人は、Lakhmidsから降りて635から1110.Princeアルスラーンビン·アル·Mundhirに759 ADのベイルートのシン·エル·フィルの公国を​​設立しました。この公国からより多くのレバノンの確立のための基礎となったマウントレバノンの後に公国、今日のレバノンを開発しました。
東地中海の交易の中心地として、ベイルートは、中世の間にアッコの陰に隠れました。 1110から1291年にはエルサレムの十字軍 "王国の手にあった。 Ibelinのジョンは、ベイルートの旧卿(1179-1236)は、ベイルートでサラディンとも組み込まれてIbelin家族の宮殿との戦いの後に街を再建した。

オスマン帝国のルール
ベイルートは、オスマン帝国の時代を通じて地元のドルーズのemirsによって制御されていました。
そのうちの一つ、17世紀の早い段階でそれを強化Fakhr-AL-ディンII、しかし、オスマン帝国は、ダマスカスの助けを借り1763.Withでそれを埋め立て、ベイルートは、正常にシリアの海上貿易のアクレ州の独占を破って、数年のためにそれをのように取って代わら地域の主要な交易の中心地。 Jezzarパシャとアブドラ·パシャの下Acreのオスマン帝国の覇権に対して反乱の後継時代の間、ベイルートは約10,000の人口を小さな町に減少し、オスマン帝国、地元のドルーズと、マムルーク朝の間で競合のオブジェクトでした。エジプトのイブラヒムパシャが1832年にエーカーを捕獲した後、ベイルートはその復活を始めた。

参考URL:Beirut Wiki
[PR]
by cluracan | 2012-03-28 21:09 | Discovery


大航海時代onlineの1プレイヤーの日記


by cluracan

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
Top
Diary
Company
Link
Travel
Discovery

以前の記事

2012年 12月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2009年 01月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月

フォロー中のブログ

チハ改のDOL雑記@乙鯖

メモ帳

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧