【港・集落】 ピンジャラ

オーストラリアの南西端にほど近い街。街の名前は付近の低湿地帯を指す先住民の言葉が訛ったものである。
南西オーストラリアの内陸部には、埋蔵量が豊富な鉄鉱石や金の鉱山が存在するため、それらの積み出し港として注目を集めている。

e0020973_15205580.jpg


The name was often shown spelt "Pinjarrup" on early maps, while the accepted spelling for many years was "Pinjarrah".
There are conflicting theories regarding the meaning of the name, and it is usually said to mean "place of a swamp", as a corruption of the Aboriginal word "beenjarrup".
However, Pinjarra is more likely to have been named after the Pindjarup people who frequented the area.
One of the first settlers in the area was Thomas Peel, who established a settlement at the mouth of the Murray River in 1830.
In 1831, land was reserved for a townsite near a ford over the river. By 1834, word had spread about the rich loamy soils and pastures, bringing more Europeans to the area.
Surveys were carried out in 1836 and land allocated to settlers in 1837.

(機械翻訳)
長年のスペルが容認は "Pinjarrah"であった間に名前が頻繁に、早期に地図上にスペルト小麦"Pinjarrup"に示された。
そこに名前の意味については相反する理論があり、それは通常、アボリジニの言葉"beenjarrup"の腐敗として、 "沼の場所"を意味すると言われています。
しかし、ピンジャラ、領域を頻繁にPindjarupの人々にちなんで命名されている可能性が高くなります。
領域の最初の入植者の一つは、1830年にマレー川の河口に定住し、トーマスピールでした。
1831年に、土地は川の浅瀬の近くにニュータウン建設用地のために予約された。 1834年では、言葉が地域に多くのヨーロッパをもたらし、豊かなローム質の土壌と牧草地について広がっていた。
調査は1836年と1837年に入植者に割り当てられた土地で行った。

参考URL:Pinjarra Wiki
[PR]
by cluracan | 2012-03-22 15:29 | Discovery


大航海時代onlineの1プレイヤーの日記


by cluracan

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ

全体
Top
Diary
Company
Link
Travel
Discovery

以前の記事

2012年 12月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2009年 01月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月

フォロー中のブログ

チハ改のDOL雑記@乙鯖

メモ帳

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧