【港・集落】 サッサリ

サルデーニャ島の北部に位置する街。南部のカリアリと同じく、さまざまな文化が共存する。

e0020973_15205933.jpg


Prehistory and ancient history
Although Sassari was founded in the early Middle Ages, the surrounding area has been inhabited since the Neolithic age, and throughout ancient history, by the Nuragics and the Romans.
Many archaeological sites and ancient ruins are located inside or around the town, as the prehistoric step pyramid of Monte d'Accoddi, a large number of Nuraghes and Domus de Janas (Fairy Houses), the ruins of a Roman aqueduct, the ruins of a Roman villa discovered under San Nicholas Cathedral, and a portion of the ancient road that connected the Latin city of Turrys Lybissonis with Caralis. In the locality of Fiume Santo is also found a fossil site where an Oreopithecus bambolii, a prehistoric anthropomorphic primate, was discovered, dated at 8,5 millions years.

Middle Ages
The origin of the city remains uncertain. Among the thesis, according to folk tradition the first village was founded around the 9th-10th century AD by the inhabitants of the ancient Roman port of Turris Lybisonis (current Porto Torres), who sought refuge in the mainland to escape the Saracen attacks from the sea.
It developed from the merger of a number of separate villages, such as San Pietro di Silki, San Giacomo di Taniga, San Giovanni di Bosove. The oldest mention of a village called Jordi de Sassaro is in an 1131 document in the archive of the Monastery of St.Peter in Silki. Sassari was sacked by the Genoese in 1166. Immigration continued until, in the early 13th century, it was the most populous city in the Giudicato of Torres, and its last capital. After the assassination of Michele Zanche, the latter's last ruler in 1275, Sassari became subject to the Republic of Pisa with a semi-independent status.
In 1284 the Pisans were defeated by the Genoese fleet at the Battle of Meloria, and the city was able to free itself: it became the first and only early independendant renaissance city-state of Sardinia, with statutes of its own, allied to Genoa; the Genoese were pleased to see it thus withdrawn from Pisan control. Its statutes of 1316 are remarkable for the leniency of the penalties imposed when compared with the penal laws of the Middle Ages.
From 1323 the Republic of Sassari decided to side with the King of Aragon, in whose hands it remained for much of the following centuries, though the population revolted at least three times. The revolts ceased when King Alfonso V of Aragon nominated the town as a Royal Burg, directly ruled by the King and free from feudal taxation, in the period in which it was maybe the most populous city of Sardinia. Further attempts made by the Genoa to conquer the city failed. In 1391 it was conquered by Brancaleone Doria and Marianus V of Arborea, of the independent Sardinian Giudicato of Arborea, of which it became the last capital. However, in 1420 the city was sold along with the remaining territory for 100,000 florins to the Crown of Aragon, replaced by Spain after 1479 on the joining of the Aragonese and Castilian thrones. During the period of Aragonese/Catalan and then Spanish domination the city was known as Sàsser in Catalan language and Saçer in old Spanish.

Renaissance
The city alternated years of crisis, featuring economic exploitation, the decrease of the maritime trade, made unsafe by the daily raids of Saracens pirates, political corruption of its rulers, the sacking of Sassari in 1527 by the French, and two plagues in 1528 and 1652, with periods of cultural and economic prosperity. The Jesuits founded the first Sardinian university in Sassari in 1562. In the same year the first printing press was introduced and the ideals of Renaissance humanism became more widely known. Several artists of the Mannerist and Flemish schools practiced their art in the city.

Modern history
After the end of the Spanish period following the European wars of the early 18th century, the brief period of Austrian rule (1708–1717) was succeeded by domination by the Piemontese, who then took over the Title of Kingdom of Sardinia (1720–1861). In 1795 an anti-feudal uprising broke out in the town, led by the Emissary of the Viceroy Giovanni Maria Angioy, a Sardinian civil servant, who later fought unsuccessfully against the house of Savoy. The city was occupied by troops at the time. The dynasty of the Piemontese King of Sardinia went on to the monarchs of Italy. Sassari, along with the rest of Italy, became part of the newly created Kingdom of Italy.
At the end of 18th century the University was restored. In 1836, after six hundred years, the medieval walls were partially demolished, allowing the town to expand. New urban plans were developed, on the model of the capital of the new regime's, (Turin), with geometric streets and squares.

[機械翻訳]
先史時代と古代史
サッサリは、中世初期に設立されましたが、周辺にはNuragicsとローマ人によって、新石器時代から、古代の歴史の中で生息しています。
多くの遺跡や古代の遺跡は、モンテドールAccoddi、Nuraghesとドムス·デ·Janas(フェアリーハウス)、ローマの水道橋の遺跡、遺跡の多数の先史時代のステップピラミッドのように、町の内部または周辺に位置していますローマ時代のヴィラは、サンニコラス大聖堂の下に発見し、CaralisでTurrys Lybissonisのラテン街に接続し、古代の道路の部分。フィウメサントの地域でも8,5百万年で日付Oreopithecus bambolii、先史時代の擬人化された霊長類が発見された化石サイトを発見されています。

中世
街の起源は不明である。論文の中で、民族の伝統に従って、最初の村にはサラセン人からの攻撃を逃れるために本土に避難を求めたTurris Lybisonis(現在のポルト·トレス)、古代ローマの港の住民によって第九〜10世紀頃に設立されました海。
このようなサン·ピエトロ·ディ·Silki、サン·ジャコモ·ディ·Taniga、サン·ジョヴァンニ·ディ·Bosoveとして独立した村の数の合併から開発された。ジョルディ·デ·Sassaroと呼ばれる村の最古の言及はSilkiのSt.Peterの修道院のアーカイブの1131年の文書である。サッサリは、1166年にジェノヴァで解雇されました。移民は13世紀初頭には、まで続いた、それはトレスのGiudicato、その最後の首都で最も人口の多い都市であった。ミシェルZanche、1275年に後者の最後の支配者の暗殺後、サッサリは半独立状態とピサ共和国の対象となった。
1284年PisansはMeloriaの戦いでジェノヴァ艦隊に敗北し、街自体を解放することであった:それは最初で唯一の早期independendantルネッサンスジェノバの同盟独自の法令とのサルデーニャ島の都市国家、になった;ジェノヴァは、それがこうしてPisanのコントロールから撤退見て喜んでいた。 1316年のその法令は、中世の刑罰法令と比較した場合、課せられた罰の寛大さのために顕著である。
人口は少なくとも3回の反乱を起こしても1323年からサッサリの共和国はアラゴン王の側に決定した、その手には、多くの次の世紀のために残った。アラゴン王アルフォンソVそれは多分サルデーニャの中で最も人口の多い都市であった期間において、直接王によって支配し、封建的な課税から自由に、ロイヤルブルグとして町を指名したときに反乱はなくなりました。都市を征服するためにジェノヴァによって行われたさらなる試みが失敗しました。 1391年にそれが最後の首都になったのアルボレアの独立したサルデーニャGiudicatoのBrancaleoneドリアとアルボレアのMarianus V、によって征服された。しかし、1420年に市はアラゴンとカスティーリャの王位の接合に1479年後、スペインに置き換えられ、アラゴンの王冠に10万フロリンの残りの領土とともに販売された。アラゴン/カタロニア語そしてスペインの支配の期間中、街は、古いスペイン語カタルーニャ語とSaçerでSasserワームと呼ばれていました。

ルネッサンス
市は1528年に経済的搾取、海上貿易の減少は、サラセン人の海賊の毎日の空襲で危険なたは、その支配者の政治腐敗、フランス人によって1527年にサッサリの解任、二つの疫病を備え、危機の年を交互にと文化的、経済的繁栄の期間と1652、。イエズス会は1562年にサッサリの最初のサルデーニャの大学を設立しました。同じ年の最初の印刷機が導入され、ルネサンスのヒューマニズムの理想はもっと広く知られるようになった。マニエリスムとフラマン語の学校のいくつかのアーティストが都市に彼らの芸術を練習しました。

近代史
18世紀初頭のヨーロッパの戦争の後にスペインの期間の終了後、オーストリアのルール(1708年から1717年)の短い期間は、その後サルデーニャ王国のタイトル(1720年から1861年を引き継いだピエモンテによって支配によって成功した。) 1795年に反封建的蜂起後にサボイの家に不運にも戦った総督ジョヴァンニ·マリア·Angioy、サルデーニャ公務員の使者が率いる、町で勃発した。市は当時の軍に占領された。サルデーニャのピエモンテ王の王朝は、イタリアの君主に行きました。サッサリ、イタリアの残りの部分と一緒に、イタリアの新しく作成された王国の一部となった。
18世紀の終わりに大学が復元されました。 1836年、600年後、中世の壁は部分的に町が拡大することができ、破壊された。新しい都市計画が幾何学的な通りや広場で、新政権の首都、(トリノ)のモデルに、開発されました。

参考URL:Sassari wiki
[PR]
by cluracan | 2012-02-10 17:33 | Discovery


大航海時代onlineの1プレイヤーの日記


by cluracan

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
Top
Diary
Company
Link
Travel
Discovery

以前の記事

2012年 12月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2009年 01月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月

フォロー中のブログ

チハ改のDOL雑記@乙鯖

メモ帳

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧