【港・集落】 カルカッタ

ベンガル湾に面する河口の街。東南アジアへ向かう際の重要な拠点で、中国からの商品も扱われる。高級な繊維や、宝石などが流通する。

e0020973_10233610.jpg


コルカタのこと。
1530年頃 ポルトガル人が東西通商の新拠点を求め、ガンジス河の分流、フーグリー河を遡ってきた。
17世紀末 イギリス東インド会社の交易拠点が設けられ、まもなくウィリアム要塞の建設が始められ、スターナティー、ゴーヴィンドプル、カーリカタの三村の徴税権が購入された。この地域がのちのコルカタのもととなった。

The discovery and archaeological study of Chandraketugarh, 35 kilometres (22 mi) north of Kolkata, provide evidence that the region in which the city stands has been inhabited for over two millennia.Kolkata's recorded history began in 1690 with the arrival of the English East India Company, which was consolidating its trade business in Bengal. Job Charnock, an administrator who worked for the Company, is traditionally credited as the founder of the city; in response to a public petition, the Calcutta High Court ruled in 2003 that the city does not have a founder.The area occupied by the present-day city encompassed three villages: Kalikata, Gobindapur, and Sutanuti. Kalikata was a fishing village; Sutanuti was a riverside weavers' village. They were part of an estate belonging to the Mughal emperor; the jagirdari (a land grant bestowed by a king on his noblemen) taxation rights to the villages were held by the Sabarna Roy Choudhury family of landowners, or zamindars. These rights were transferred to the East India Company in 1698.
In 1712, the British completed the construction of Fort William, located on the east bank of the Hooghly River.Facing frequent skirmishes with French forces, the British began to upgrade their fortifications in 1756. The Nawab of Bengal, Siraj ud-Daulah, protested the militarisation. His warning went unheeded, and the Nawab attacked; he captured Fort William and instigated the gruesome killings of British prisoners of war in the Black Hole of Calcutta.A force of Company soldiers (sepoys) and British troops led by Robert Clive recaptured the city the following year.Declared a presidency city, Calcutta became the headquarters of the Bengal Presidency. Calcutta was named the capital of East India Company controlled territories of India in 1772; beginning in 1864, the hill station of Shimla served as administrative capital during summers.In the early 19th century, the marshes surrounding the city were drained; the government area was laid out along the banks of the Hooghly River. Richard Wellesley, Governor-General of India between 1797 and 1805, was largely responsible for the development of the city and its public architecture.Throughout the late 18th and 19th century, the city was a centre of the East India Company's opium trade.

[機械翻訳]
発見とChandraketugarhの考古学研究では、35キロ(22マイル)西ベンガル州の北は、2つ以上millennia.Kolkataの記録された歴史は、イギリス東インドの到着と1690年に始まったために市が立っている領域が生息していることを証拠を提供するベンガルでの貿易事業を統合した会社。仕事ノック、会社で働いていた管理者は、伝統的に街の創始者としてクレジットされています。公共の申立てにより、カルカッタ高等裁判所は、2​​003年に支配した街が存在するが占有founder.The面積を持っていないことKalikata、Gobindapur、とSutanuti:日市は3村を包含する。 Kalikataは漁村であった。Sutanutiは川辺織村であった。彼らは、ムガール帝国皇帝に属する不動産の一部であった。村へjagirdari(彼の貴族で、王を授けた土地の助成金)の課税権はSabarnaロイチョードリーの地主の家族、またはzamindarsで開催されました。これらの権利は、1698年に東インド会社に移した。
1712年に、イギリスはフランス軍とフーグリ川River.Facing頻繁に小競り合いの東岸に位置するフォートウィリアムの建設を完了し、イギリスは1756年に彼らの要塞をアップグレードするようになりました。ベンガルのナワブ、スィラージUD-Daulahは、軍事化に抗議した。奪還街を、彼はフォート·ウィリアムを捕獲し、会社の兵士のCalcutta.A力(sepoys)のブラックホールでの戦争のイギリスの囚人の陰惨な殺害を扇動し、ロバート·クライブ率いるイギリス軍が、彼の警告は見過ごさ行き、ナワブは、攻撃大統領都市をyear.Declared以下、カルカッタはベンガル議長の本部となった。カルカッタは、1772年にインドの東インド会社の制御地域の首都に選ばれました。1864年に始まり、シムラーの丘駅は、19世紀初頭をsummers.In中に行政首都を務め、街を囲む湿地は、排水された、政府の領域であったフーグリ川川の土手に沿ってレイアウト。リチャード·ウェルズリー、1797年と1805年の間にインドの総督は、18世紀後半から19世紀architecture.Throughout市とその公開の開発のための主に担当していました、この都市は東インド会社のアヘン貿易の中心だった。

参考URL:Kolkata wiki
[PR]
by cluracan | 2012-01-29 14:49 | Discovery


大航海時代onlineの1プレイヤーの日記


by cluracan

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
Top
Diary
Company
Link
Travel
Discovery

以前の記事

2012年 12月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2009年 01月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月

フォロー中のブログ

チハ改のDOL雑記@乙鯖

メモ帳

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧