【港・集落】 カッファ

黒海北岸にある街。古くより交易都市として栄え、13世紀にはジェノヴァが黒海沿岸の拠点として支配。最近になってオスマントルコが占領した。トルコ絨毯も流通している。

e0020973_15301946.jpg


紀元前6世紀ころ、ギリシャの植民市テオドシア(Θεοδoσία)として建設された。ギリシャの諸ポリスなどへ穀物を輸出する港として重要な役割を果たした。その後、ゲルマン民族の攻撃を受けて一旦荒廃した。
13世紀、第4回十字軍によって東ローマ帝国が一時的に滅亡したこともあり、地中海東部・黒海におけるイタリア商人の影響力が強まった。こうした中、テオドシアはジェノヴァの支配下におかれ、カッファ(Kaffa)と改称した。
オスマン帝国のメフメト2世は、1453年に東ローマ帝国を滅ぼした後、黒海の制海権掌握を図り遠征を行った。この際にカッファもオスマン帝国の支配下におかれた。

参考URL:フェオドシヤWiki
[PR]
by cluracan | 2012-01-23 22:45 | Discovery


大航海時代onlineの1プレイヤーの日記


by cluracan

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
Top
Diary
Company
Link
Travel
Discovery

以前の記事

2012年 12月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2009年 01月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月

フォロー中のブログ

チハ改のDOL雑記@乙鯖

メモ帳

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧